ウチの娘は彼氏が出来ない

うちの娘は彼氏が出来ないドラマ主題歌や挿入歌は誰で発売日はいつ?音楽サントラの担当は

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」水曜ドラマ

2021年1月13日スタート・毎週水曜日夜22:00~/日本テレビ系

主人公を演じるのは、菅野美穂さんに決定!

2016年「砂の塔」(TBS系)以来、日本テレビ系では2010年「曲げられない女」以来の主演作として出演が決まったことも話題になっています。

今回は「うちの娘は彼氏が出来ない」の主題歌や・サントラ・挿入歌について、まとめてみました。

 


うちの娘は彼氏が出来ない(ウチカレ)主題歌は家入レオの【空と青】

 

「うちの娘は彼氏が出来ない(ウチカレ)」の主題歌を歌うするのは家入レオ(いえいり れお)さんで、主題歌のタイトルは「空と青」となっています。

そしてこの曲の作詞を手掛けているのが「ウチカレ」ドラマの脚本を担当している北川悦吏子さん、作曲は橘漱石(たちばな そうせき)役を演じる、[アレキサンドロスAlexandros]ボーカルギター担当・川上洋平さんです。

家入レオさんといえば、ここ数年は「絶対零度」などドラマの主題歌を歌うことが多く、今作で何と11作目を数えるのだとか。

家入レオ 17thシングル『空と青』
2021年1月20日(水)発売
日本テレビ系水曜ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」主題歌

・初回限定盤(CD+DVD)/\1.800+tax
<DVD>「空と青」Music Video & Making Movie収録
・通常版(CD)/\1,200+tax

「空と青」と同楽曲のインスト、カップリング曲等を含む5曲を収録

「空と青」は、碧と空そのもの(母と娘)。

ドラマの主人公である水無瀬碧の“碧(青)”、そして娘の水無瀬空の“空”がタイトルにそのまま表されています。

“母娘のラブストーリー”に寄り添いながら、男女のラブストーリーだけはない、大切な人を想うということをゆったりと爽やかに歌い上げています。

家族の絆の結びつきを改めて感じるような切なくも、心温まるメロディーは誰しもの心に沁み渡っていくことでしょう。

 

ドラマ主題歌・挿入歌に起用されるものは、大抵はドラマ内容に沿った楽曲が書き下ろされます。

アーティストにとって主題歌となれば、印象が浸透するぐらいインパクトを与えます!

オープニングで流れてくるテーマ曲・BGM(サウンドトラック)は、ドラマ内容によって雰囲気が位置付けられるほど、大事な要素があります。

それほど、音楽はドラマにとって、なくてはならない存在ですね。

音楽はその状況によって180度変えてしまう程、重要です。

 

うちの娘は彼氏が出来ないドラマの音楽担当は?

 

「うちの娘は彼氏が出来ない!!」ドラマの音楽の音楽の担当は、得田真裕さんです。

得田真裕さんは、これまでに「アンナチュラル」「グッドドクター」「インハンド」、最近では、「俺の話は長い」や、2020年2月から放送されていた「アリバイ崩し承ります」「MIU404」「リモラブ」などを担当されてきました。

ちなみにドラマで主演をつとめる菅野美穂さんですが、実は過去にシングルを5枚出しているんですよね~♬

  1. 恋をしよう!(1995年3月24日)
  2. 太陽が好き!(1995年6月21日)
  3. 負けないあなたが好き(1996年6月21日)
  4. あの娘じゃない(1996年10月23日)
  5. ZOO 〜愛をください〜(2000年9月7日) – 「蓮井朱夏」名義
    ECHOESのカバー。フジテレビ系ドラマ『愛をください』劇中歌。

 

こちらは「太陽が好き!」という歌になります↓

 

今も可愛い菅野美穂さんですが、若い時もめちゃくちゃカワイイですね^^

主題歌や音楽に関してネット上の反応を見ていますと、こんな意見が出ています(‘ ∇‘ )

 

最近のドラマは男性歌手や、グループが担当していることも多いですね。

又、ジャニーズの方々が出演されると、主題歌を担当することもあります。

いずれにしても、今回のイメージが浮かんでくるような、主題歌に決まってほしいです(=^▽^=)

ウチカレ菅野美穂さんの着用衣装まとめ

ウチカレドラマのロケ地や撮影場所はコチラ

 

おわりに・・・

 

今回は「うちの娘は彼氏が出来ない!!主題歌や挿入歌は誰?音楽サントラの担当や発売日は?」と題してお伝えしました~♬

主演が決まった菅野美穂さん、イグアナの娘のイメージが個人的に強かっただけにお母さん役をすることに時の流れを感じさせられます(笑)

ドラマの魅力が上手く伝わってくるような曲に決まるといいですね~\( ̄ー ̄)/

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!ドラマあらすじ

 

どうしたことだろう、と母(アラフォー)は思っていた。

“恋愛小説の女王”と呼ばれた私の娘に彼氏が出来ないなんて。

でも理由は明らか。

娘はオタクだからだ。しかも筋金入りの。

あ~、あの子が二次元にまみれて、一生家にいたらどうしよう!?

私だって恋してみたい、と娘(二十歳)は思っていた。

でも、漫画は次々に新刊が出るし、コミケに向けてコスプレの準備もしなきゃだし。

オタクの私は結構忙しいのだ。

なんていうか、“ご縁”もなかったしそんなことより心配なのはウチの母!

いい歳して天然、暴走、世間知らずなかーちゃんを放ってはおけない。

そんな時、二人に突如吹きつけた恋の春一番!

娘にとっては人生初の、母にとっては久々の、“恋”!

これは、少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘、トモダチ母娘のエキサイティング・ラブストーリーです。

error: Content is protected !!