まだ結婚できない男

まだ結婚できない男6話ネタバレ感想!ジムの薬丸やっくんはミスリード?

「まだ結婚できない男」火9ドラマ

2019年10月8日スタート・毎週火曜日夜21:00~

6話も、桑野さんの皮肉やウンチクが絶好調~!

ついにまどかさん、怒って女子会途中で帰っちゃいましたが・・・(^∇^)

6話のネタバレ感想をお伝えしますね~!

スポンサーリンク

6話ネタバレ感想

毎回ドラマの冒頭で出てくる、桑野さんが自宅で行う、自身のブログチェックの場面。

今回はついに3位にまで上昇しています~!!

いつになく起こった桑野さんは、まどかの法律事務所にクレームを入れに行くんですよね~。

ところが、申請をしても訴状の審査がおりるのに結構な時間がかかるんだとか(^^;)

桑野さんの予想によると、あと25日で順位が一位(金メダル)になってしまうので、どうしてもそれだけは阻止したいそうです~(笑)

ということで、桑野さんは、CIAの手法(偽の情報を流す)を使ってでも自力で犯人を見つけ出すことにしようとしています。

とりあえず、今一番目星が付いてるのは、桑野が通っているジムに、同じく来ている「薬丸さん=(やっくん)」が怪しいと睨んでるんですね~☆

桑野さんは英治たちにも協力してもらいます。

すると英治の報告により、ブログに腕時計をしているやっくんと思われる人の手が写っているんです~!

桑野さんは、証拠写メを撮ろうと、薬丸さんに近づいて、腕時計のしている方の腕の写真を無事撮りました^^

英治によると、まちがいないんだとか~!

そこで、桑野はサウナにいる薬丸さんに近づいて、問い詰めましたが違ったみたいですね・・・。

そしてようやくまどかさんからの連絡で、犯人は大和貴史という男性でした。

この大和さん、お笑い芸人の三四郎の相田さんが演じていたんですね~w(*゚o゚*)w

高校の時ネットで桑野さんのことを見て、自分も建築家になりたいと思ったんだとか。

ところが、大学受験に落ちてしまい、浪人も出来ずに就職したのですが、楽しくなかった。

そうしてるうちに、今度は桑野さんのことを羨ましくなると同時に、憎くなったんだとか。

彼女が出来た時もあったけど、浮気までされてしまい、その女性の浮気相手が「信介」だったそうです(笑)

5話まで見てたら、どう見てもジムの薬丸さんだと思ってたんですが、やっと犯人の正体が明らかになりましたね~☆☆

一方、疑いの目を桑野から向けられていた、デビット伊藤さん演じる、薬丸さんも、東京でのおひとり生活についてのブログを書いていたんですね。

とりあえず、桑野さん一安心でしたね~♬

▼まだ結婚できない男見逃した動画を無料視聴する方法は?▼

6話のやっくんの件で、こんな声があがっています~!

スポンサーリンク

6話あらすじ

桑野(阿部寛)を悩ませる“やっくんのブログ”が、ついに検索ランキングの3位に浮上。いまだ正体が分からず、このままでは1位になる日も近いと焦る桑野は、まどか(吉田羊)にいら立ちをぶつける。2人がいつものように言い争っていると、そこへまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が現れる。亮介は弁護士を目指して勉強中で、忙しいまどかを手伝うために長野から上京してきたという。しかし実は、同じく弁護士で、娘に自分の事務所を継いでほしいと願うまどかの母から、まどかが地元に戻らない理由を探ってくるよう、密命を受けていた。

そんな母の魂胆を見抜いたまどかは、かつて母親との間に何があったのか、自分の過去を亮介に打ち明けることに。しかし、亮介を連れて有希江(稲森いずみ)の店に向かうと、間が悪いことに、そこには桑野の姿が。案の定、まどかの話を聞いた桑野は黙っていられず、いつものように皮肉を連発してまどかを怒らせてしまう。しかし、そんな2人のやり取りを見ていた亮介は、あることを思いついて……。

一方、以前から、同じジムに通う薬丸(デビット伊東)こそが“やっくん”ではないかとにらんでいた桑野は、英治(塚本高史)の手を借りて証拠集めに奔走する。やがて、疑惑が確信へと変わった桑野は、ジムのサウナで薬丸を追いつめて…。

引用元:公式サイト

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「まだ結婚できない男6話ネタバレ感想」をお伝えしました~♬

5話まで見てたら、どう見てもジムの薬丸さんだと思ってたんですが、三四郎さんでした~。

桑野のブログの件については、犯人はもうちょっと引っ張るのかなあ、と思ってたら、意外と早く終わっちゃいましたね。

やっくんのブログの次には、ついに「金田のブログ」が登場するのでしょうか??

まだ結婚できない男6話見逃した動画を無料でフル視聴する方法は?【11月12日放送】「まだ結婚できない男」火9ドラマ 2019年10月8日スタート・毎週火曜日夜21:00~ 前作「結婚できない男」(2006年...
スポンサーリンク