病室で念仏を唱えないでください

病室で念仏を唱えないでください【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!僧として生きる?

「病室で念仏を唱えないでください」TBS金曜ドラマ

2020年1月スタート・毎週金曜日夜22:00~/TBS系

僧侶でありながら、救急医である、主人公・松本照円(まつもと しょうえん)を演じるのは、伊藤英明さんに決定~♬

伊藤さんは、12年ぶりのTBS連続ドラマ主演になります。

今回は「病室で念仏を唱えないでください」の最終回をネタバレ予想してみました(^∇^)

スポンサーリンク

病室で念仏を唱えないでください【ドラマ】あらすじ

主人公の松本照円(伊藤英明さん)は、あおば台病院救急センターの救急医として勤務
しています。

そんな彼にはもう1つの顔があります。

それは、僧侶として病院内で、お経を唱えることもしているのでした。

ただ、松本の勤務するのは、救急病院。

そのため患者は途切れることはなく、対応に追われます。

僧衣のまま、仕方なく治療する部屋へ走ることも、度々です。

その姿を見た大抵の急患は、ついにあの世に来てしまったのかと誤解してしまうことも。

松本は、人としてはとてもいい人物なのですが、入院患者には、あまりいい顔はされないのです。

そしていつものように急患が運ばれてくるのです・・・。

この物語は、そんな照円の忙しい日々を綴ったお話です。

スポンサーリンク

ドラマの最終回の予想は?


松本照円は、仏法を説きながら、法衣で病院内をうろつく救急医です。

そうなったのは、子供の頃に起こった悲劇の体験が元となったからです。

松本は、全身全霊を懸けて目の前の命を救うことに臨みます。

日々、松本の勤務する病院には、病気や事故で患者が運ばれてきていて、彼は、患者やその家族との関わり合いの中で仏教の言葉を引用して、悩み苦しむ人々に教えを説いていきます。

松本から発せられる言葉の数々は、誰の心にも響きます。

ですが、そんな中でも患者は待ってはくれません。

ときには、治療の甲斐もなく、お亡くなりになってしまう命もあるからです。

緊迫した救命の現場がリアルに描かれていて、ガンに侵された患者や事故で運ばれてきた患者、あるいは、松本が過去に体験した悲劇と重なるような症例も・・・。

その度に松本は全力を尽くし治療を行うのですが、そんな中、衝撃的な症例で運ばれる、患者がいました。

そして、松本はその患者の病状に、気づいてあげられなかったのです。

そのため、患者は亡くなってしまうのです。

そしてその後現れた、患者の家族の態度に松本は逆上してしまい、怪我を負わせることに。

同僚たちは松本に理解を示すのですが、病院側は松本を謹慎と減給処分にするのです。

そのことがキッカケで、松本照円は、医者の道を絶つことに決めると思います。

スポンサーリンク

ドラマ化決定にSNS上の声は?

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「病室で念仏を唱えないでください【ドラマ】主題歌や音楽の担当や発売日は?」と題してお伝えしました~♬

個人的には、海猿の仙崎大輔を演じた、カッコイイ伊藤英明さんが大好きだったので、今度はお坊さんと救急医という、この2つの職業をどう演じるのか楽しみです~。

個人的に一番気になってたのが、伊藤さんは原作通りに頭を丸めるのか??

それともウィッグで対応とか?!が気になっていたんですが、今回ドラマのために剃髪されました~!

肩まであった長い髪をバッサリ切られて、清々しい雰囲気が漂っていますね~。

原作通りのストーリーとなるのか、オリジナルをどこまで加えてくるのかも気になりますが、いずれにしても楽しみです~(⌒-⌒)

スポンサーリンク