シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」新日曜ドラマ

2020年1月スタート・毎週日曜日夜22:30~/日本テレビ系

主人公は、清野菜名さん×横浜流星さんの、W主演に決定しています~♬

「シロクロパンダ」は、完全オリジナルのドラマということですが、横浜流星さんのかっこいいアクションシーンが毎回見れそうですね~ヽ(´▽`)/

清野菜名さんも、高い身体能力をお持ちの女優さんなので、2人そろってのアクションも見れるハズです。

今回は「白でも黒でもない世界でパンダは笑う」のドラマの最終回を予想してみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

白でも黒でもない世界でパンダは笑うあらすじは?

この物語は、
驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと
彼女を操る男・飼育員さんが、
「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、
世の中のグレーな事件にシロクロつける!

警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く
最凶バディが誕生する!

引用元:公式サイト

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の原作はなく、オリジナルドラマとなっています!

監督は、ドラマ「トットちゃん!」などで知られる遠藤光貴さんです。

脚本に関しては、現時点では、まだ正式な発表がありません。

ただ、清野菜名さんが「オリジナルドラマなので枠にとらわれず、皆さんとこれまでにないようなドラマを作っていけたらいいなと思います。」とコメントしています。

誰が脚本を担当するのか、楽しみですね~♬

白でも黒でもない世界でパンダは笑うキャストは?

横浜流星さんは飼育員さん

清野菜名さん演じるミスパンダを操る、飼育員を演じます。

横浜流星さんと言えば、空手の特技をお持ちなので、得意の空手シーンやシックスパックの腹筋が見られるでしょう~!

清野菜名さんはミスパンダ

清野さんはアクションシーンに定評のある女優さんということで、同じ日テレ系のドラマ「今日から俺は!!」でも、迫力のある女子高生の姿が見られましたね~^^

シロクロパンダの最終回ネタバレ予測!

オリジナルドラマということで、正直予測が難しいですが、

清野菜名さんは、驚異的な身体能力を持つ謎の女で、ミスパンダと呼ばれる、女性。

横浜流星さんは、清野さん演じるミスパンダを操る男で、飼育員さんです。

2人は「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受けて、世の中のグレーな事件にシロクロつけていきます。

忖度や圧力にあふれている混沌とした世の中は、闇に隠される事件が、いくつもあります。

警察やマスコミが触れようともしないような事件や、グレーゾーンにまみれた世の中の真実を暴いていくドラマになっていくでしょう。

そして、ミスパンダと飼育員さんの2人にも、シロとクロをつけなくてはいけない、それぞれの闇があります。

徐々に明らかになっていく2人の心の闇が、最終回で暴かれるでしょう!!

この2人の持つ(共有してるかも)闇が解決することで、2人はあっけない結末を迎えるというラストになるのでは?と予想します。

決して、スカッとはしないドラマになったりする可能性もあります!

ノーコンプライアンス男にシロクロつける?

公式サイトの相関図を見てますと、直輝の父(田中圭さん)とMr.ノーコンプライアンスの佐島(佐藤二朗さん)とのあいだに「因縁」の文字があります。

佐島は直輝に世の中のグレーにシロクロ付けるために依頼してますが、佐島には事件になるような罪を犯しており、直輝の父がその真相を知っていて消されたのでは?

そして直輝は佐島に復讐しようとして、あえて知らないそぶりをして佐島の依頼を受けているんです。

ミスターノーコンプライアンスこと佐島は、今後飼育員・直輝によって誕生したミスパンダによって白黒つけられるターゲットになる可能性も考えられますね。

川田レンは実は双子?

川田レンが部屋に飾っている家族写真に第1話から違和感が。。。

3人が、写っているのに右の子が黒く塗りつぶされてるんですよね~。

そして、入院中の川田レンのお母さんも、同じ写真を飾っていて、レンとは違う方の左の子が黒く塗りつぶされていました。

母親はレンの事を溺愛しているので、右の子がおそらくレンなのでしょう。

それで、この塗りつぶされてない子達をよ~く見ると、どちらもよく似てるんです~!!

年齢的にも(笑)

レンの母親は若くしてレンを産んでいて父親はいないという設定です。

兄弟というより双子なら可能性はあるんじゃないかと思いました。

そしてこの双子の子が10年前に亡くなっているんじゃないかと考察してみました。

レンは、夢の中で母親が1人を可愛がり、1人を憎い目で見る場面がありました。

なので、まさかとは思いたくないですが、母親が子供を手に掛けたのでは?

療養施設で生活している理由が、ここから後付け出来ると思います。

そのために、レンは自分を責めてしまって、弱気な性格に変わってしまったということでしょう。

白黒パンダ【ドラマ】にネット上の反応は?

横浜流星さんは、「はじこい」のゆりゆり以来、連ドラの出演が続いていますね~!

2019年10月から放送された「4分間のマリーゴールド」では、花巻家の料理男子・藍くんを演じて、変わらないイケメンぶりが話題となっています。

スポンサーリンク
Sponsored Link

おわりに・・・

今回は「白でも黒でもない世界でパンダは笑う【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!」と題してお伝えしました~♬

今回のドラマには、横浜流星さんが出演されていたドラマ「あなたの番です」反撃編でも共演していた、田中圭さんのサプライズゲスト出演があるのでは?と言われているそうです。

清名菜名さんらとの、激しいアクションシーンに、田中圭さんも加わることに?!

もし田中圭さんが出演となれば、「あな番」で犯人役を演じた、なーちゃんこと西野七瀬さんの共演もアリ?かもですね~!

1月からのドラマ楽しみです~☆

スポンサーリンク
Sponsored Link