シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」新日曜ドラマ

 

2020年1月スタート・毎週日曜日夜22:30~/日本テレビ系

 

主人公は、清野菜名さん×横浜流星さんの、W主演に決定しています~♬

 

「シロクロパンダ」は、完全オリジナルのドラマということで、横浜流星さんや、清野菜名さんのかっこいいアクションシーンも釘付けになりますね~!

 

今回は「白でも黒でもない世界でパンダは笑う」のドラマの最終回を予想してみました。

スポンサーリンク

シロクロパンダの最終回ネタバレ予測!

オリジナルドラマということで、正直予測が難しいですが、

 

清野菜名さんは、驚異的な身体能力を持つ謎の女で、ミスパンダと呼ばれる、女性。

 

横浜流星さんは、清野さん演じるミスパンダを操る男で、飼育員さんです。

 

2人は「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受けて、世の中のグレーな事件にシロクロつけていきます。

 

忖度や圧力にあふれている混沌とした世の中は、闇に隠される事件が、いくつもあります。

 

警察やマスコミが触れようともしないような事件や、グレーゾーンにまみれた世の中の真実を暴いていくドラマになっていくでしょう。

 

そして、ミスパンダと飼育員さんの2人にも、シロとクロをつけなくてはいけない、それぞれの闇があります。

 

徐々に明らかになっていく2人の心の闇が、最終回で暴かれるでしょう!!

 

この2人の持つ(共有してるかも)闇が解決することで、2人はあっけない結末を迎えるというラストになるのでは?と予想します。

 

決して、スカッとはしないドラマになったりする可能性もあります!

 

スポンサーリンク

佐島の息子が犯人?

8話(3月1日放送)までを見ていると、レンを誘拐したコアラ男は一郎ではないかと思いました。

 

ラストの場面の、黄色いコアラは清野菜名さんよりは背が高かったし、コアラマスクの男も9話(3月8日)の予告を見るとあまり大きくない人に見えたからです。

 

あずさの説もあるのかな?と思ったんですけど、ネットの情報を見ていると、あずさは清野菜名さんより背が低いんですよね~。

 

ちなみにレンが連れて行かれた場所は、あずさが誘拐された場所です。

 

あずさの誘拐事件について、詳しいことを知る人物となると、佐島以外に知っていそうな人物はやはり一郎になって来るのでは?

 

それにあずさ自身は、誘拐されたという恐怖を体験していますし、そんな人が誘拐を企てるとは考えられにくいと思います。

 

となってくるとやはり、一郎は、妹にすごく協力的で、妹の幸せを一番に考えている人物なので、妹の不幸を許せないと思っているでしょう。

 

レンが誘拐された先で、コアラマスクの男は恨むなら直輝を恨め!と言っていたのがポイントです。

 

佐島は、息子さんの一郎の行ってきた悪行を隠したかったはずです。

 

佐島は、あずさの誘拐事件で、外部に真相がバレないようにと、部下ではなく、息子の一郎を使ったんです。

 

でも、直輝の父(田中圭さん)が、真相を突き止め為に、佐島は何も知らない娘が悲しむのを恐れて、黙っていて欲しいと直輝の父に頼んだのだと思います。

 

だが、それを知った一郎は、隠すために、結果的に直輝の父の命を奪った。

 

佐島家は、これによって、兄と父両方が悪人になってしまうことになります。

 

佐島には奥さん(お母さん)がいないのでしょう。

 

そうなると、あずさは、家族全員に裏切られてしまった事になってしまいます。

 

そこで、佐島は父として、兄だけでもあずさの味方でこれからも守って欲しいという思いも込めて、自分が全ての罪を被って、自分だけ悪者になろうとしたのではないのでは?

 

父の自己満足を満たすための(社会的地位など名誉欲)が、結果的に家族やその周囲を巻き込んでしまうという、切ない結末になってしまう可能性もありますね。

スポンサーリンク

ノーコンプライアンス男にシロクロつける!

公式サイトの相関図を見てますと、直輝の父(田中圭さん)とMr.ノーコンプライアンスの佐島(佐藤二朗さん)とのあいだに「因縁」の文字があります。

 

佐島は直輝に世の中のグレーにシロクロ付けるために依頼してますが、佐島には事件になるような罪を犯しており、直輝の父がその真相を知っていて消されたのでは?

 

そして直輝は佐島に復讐しようとして、あえて知らないそぶりをして佐島の依頼を受けているんです。

 

ミスターノーコンプライアンスこと佐島は、今後飼育員・直輝によって誕生したミスパンダによって白黒つけられるターゲットになる可能性も考えられますね。

 

これまでレンは直輝のシロップにより、催眠術にかけられパンケーキを食べれていません(笑)

 

シロクロ付いた最終回では、レンと直輝が一緒にパンケーキを食べて二人が付き合う!みたいなハッピーエンドになるでしょう。

川田レンは実は双子?

川田レンが部屋に飾っている家族写真に第1話から違和感が。。。

 

3人が、写っているのに右の子が黒く塗りつぶされてるんですよね~。

 

そして、入院中の川田レンのお母さんも、同じ写真を飾っていて、レンとは違う方の左の子が黒く塗りつぶされていました。

 

母親はレンの事を溺愛しているので、右の子がおそらくレンなのでしょう。

 

それで、この塗りつぶされてない子達をよ~く見ると、どちらもよく似てるんです~!!

 

年齢的にも(笑)

 

レンの母親は若くしてレンを産んでいて父親はいないという設定です。

 

兄弟というより双子なら可能性はあるんじゃないかと思いました。

 

そしてこの双子の子が10年前に亡くなっているんじゃないかと考察してみました。

 

レンは、夢の中で母親が1人を可愛がり、1人を憎い目で見る場面がありました。

 

なので、まさかとは思いたくないですが、母親が子供を手に掛けたのでは?

 

療養施設で生活している理由が、ここから後付け出来ると思います。

 

そのために、レンは自分を責めてしまって、弱気な性格に変わってしまったということでしょう。

スポンサーリンク

白黒パンダ【ドラマ】にネット上の反応は?

横浜流星さんは、「はじこい」のゆりゆり以来、連ドラの出演が続いていますね~!

 

2019年に放送された「4分間のマリーゴールド」では、花巻家の料理男子・藍くんを演じて、変わらないイケメンぶりが話題となっています。

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「白でも黒でもない世界でパンダは笑う【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!」と題してお伝えしました~♬

 

今回のドラマには、横浜流星さんが出演されていたドラマ「あなたの番です」反撃編でも共演していた、田中圭さんのサプライズゲスト出演があるのでは?と言われているそうです。

 

清名菜名さんらとの、激しいアクションシーンに、田中圭さんも加わることに?!

 

もし田中圭さんが出演となれば、「あな番」で犯人役を演じた、なーちゃんこと西野七瀬さんの共演もアリ?かもですね~!

 

1月からのドラマ楽しみです~☆

シロクロ横浜流星ドラマ見逃し動画を無料視聴する方法!公式サイトは安全「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」新日曜ドラマ 2020年1月12日スタート・毎週日曜日夜22:30~/日本テ...
スポンサーリンク

白でも黒でもない世界でパンダは笑うあらすじは?

この物語は、
驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと
彼女を操る男・飼育員さんが、
「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、
世の中のグレーな事件にシロクロつける!

警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く
最凶バディが誕生する!

引用元:公式サイト

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の原作はなく、オリジナルドラマとなっています!

 

監督は、ドラマ「トットちゃん!」などで知られる遠藤光貴さんです。

 

脚本は、佐藤 友治(さとう ともはる)さんと、蛭田直美(ひるた なおみ)さんです。

 

佐藤さんはこれまでに「ブラックスキャンダル」、蛭田さんは「これは経費で落ちません」といったドラマの脚本を手掛けています。

 

清野菜名さんは「オリジナルドラマなので枠にとらわれず、皆さんとこれまでにないようなドラマを作っていけたらいいなと思います。」とコメントしています。

スポンサーリンク

白でも黒でもない世界でパンダは笑うキャストは?

横浜流星さんは飼育員さん

清野菜名さん演じるミスパンダを操る、飼育員を演じます。

 

横浜流星さんと言えば、空手の特技をお持ちなので、得意の空手シーンやシックスパックの腹筋が見られるでしょう~!

清野菜名さんはミスパンダ

清野さんはアクションシーンに定評のある女優さんということで、同じ日テレ系のドラマ「今日から俺は!!」でも、迫力のある女子高生の姿が見られましたね~^^

スポンサーリンク