アリバイ崩し承ります

アリバイ崩し承ります【ドラマ】最終回ネタバレ予想!原作通りの展開に?!

「アリバイ崩し承ります」土曜ナイトドラマ

2020年2月1日スタート・毎週土曜日夜23:15~/テレビ朝日系

主人公で、時計店の若き店主・美谷時乃(みたに・ときの)を演じるのは、浜辺美波さん。

左遷されてきた警察キャリア・察時美幸(さじ・よしゆき)を演じるのは、安田顕さんに決まったことも話題になっています。

原作は、「2019本格ミステリ・ベスト10」では1位に輝いたトリックの名手・大山誠一郎の同名小説がもとになっています~!!

今回は「アリバイ崩し承ります」の最終回をネタバレ予想していきたいと思います~!

スポンサーリンク

アリバイ崩し承ります【ドラマ】の原作は?


「アリバイ崩し承ります」のドラマは、漫画や小説の原作設定があるのでしょうか?

「アリバイ崩し承ります」のドラマは、大山誠一郎さんの小説が原作となっています。

大山誠一郎さんは、京都大学推理小説研究会の出身です。

こちらのサークルでは「犯人当て」の名手として、有名だったんだとか。

今回ドラマの脚本を担当されるのは、いずみ吉紘さん他、となっています。

いずみ吉紘さんが、過去に手がけたドラマや映画の作品をご紹介しますね~。

【テレビドラマ】

  • ドラマ『ROOKIES』(2008年)シリーズ
  • 仰げば尊し(2016年、TBS)
  • 『トドメの接吻』(2018年)
  • 集団左遷(2019年)

【映画】

  • 『帝一の國』(2017年)
スポンサーリンク

アリバイ崩し承ります【ドラマ】のあらすじは?

都心から遠く離れた街で祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする好奇心旺盛な美谷時乃(みたに ときの)。

彼女は、時計修理の傍ら、一回5000円で、時計や時間に関わる“アリバイ崩しを承る”隠れた名探偵です。

「時計修理承ります」という貼り紙と「アリバイ崩し承ります」という貼り紙が並んだちょっと不思議な時計店を拠点に、刑事たちが知恵を絞り、靴を減らして捜査しても解決の糸口すら見つからないアリバイを、鮮やか過ぎるほどあっさり崩してしまう…。

「時を戻すことができました。アリバイは、崩れました」を決めゼリフに、鉄壁のアリバイを瞬時に崩す名探偵の物語が始まります。

引用元:公式サイト

スポンサーリンク

ドラマの最終回を予測

それでは、ドラマ「アリバイ崩し承ります」の最終回の結末を予想してみたいと思います。

難事件に頭を悩ませる新米刑事が、アリバイ崩しを若き店主・美谷時乃に依頼します。

「時を戻すことができました。アリバイは、崩れました。」のセリフは、名セリフとして毎回浜辺さんが言うでしょう。

昔、「トリック」のドラマで出演していた阿部寛さんと仲間由紀恵さんのコンビを思い出させる展開になると思います。

お2人の演技は、絶妙な掛け合いと推理で人気シリーズとなりました。

このドラマは新感覚の「トリック」といっていいでしょう。

美谷時乃と察時の2人の名探偵が、今でも根強い人気の、シャーロックホームズとワトソンに負けない人気ドラマとなって欲しいです。

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「アリバイ崩し承ります【ドラマ】最終回ネタバレ予想!原作通りの展開に?!」と題してお伝えしました~!

浜辺美波さんや、安田顕さん、成田凌さんといったキャストだけでなく、ドラマが進むにつれて出演される、ゲストが誰になるのかも、今から楽しみになっています(*^-^*)

スポンサーリンク