テセウスの船

【テセウスの船】井沢健次役は六平直政!大学は美大で演技もチェック

「テセウスの船」日曜劇場

2020年1月スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ

ドラマは、東元俊哉さんの同名タイトルの漫画が原作となっています。

漫画は、2017年からモーニングに連載されていました。

主人公・田村心を演じるのは、竹内涼真さんです~♬

今回は、井沢健次役を演じる六平直政さんについて、どんな人なのか気になることを調べてみました~(^▽^)/

スポンサーリンク

六平直政プロフィール

・本名:六平 直政(むさか なおまさ)

・生年月日:1954年4月10日(2019年現在、65歳)

・出生地:東京都中野区

・身長:175 cm

・血液型:B型

・活動期間:1976年 –

・愛称:ろっぺいちゃん

・配偶者:既婚

・著名な家族:六平光成(次男、サッカー選手)

・所属事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

現在も、特徴的な強面を生かし、ヤクザ役・刑事役・三枚目役と様々な役柄をこなす個性派俳優(怪優)の1人として活躍されている、六平直政さん!

そんな六平さんが、俳優になろうとしたキッカケは何だったのでしょう?

六平さんは、東京都立国立高等学校を卒業後、美術の道を歩みたいと、武蔵野美術大学彫刻科に入学し、卒業後は、同大学大学院修士課程中退という経歴をお持ちです。

意外に高学歴ですよね~(失礼^^;)

武蔵野美大に行きたかった理由の一つに、日本を代表する彫刻家である、篠田守男氏を目当てに入学されたんですが、六平さんが2年の時、篠田氏は大学を辞めてしまいます。

六平さんは、篠田氏のアトリエに押しかけて、弟子入りを志願されるも、断られ続けたそう。

しかし、どうにも諦めきれない六平さんは、何度も篠田氏を訪ねて、弟子入りすることが出来たそうです。

そして、この武蔵野美術大学に在籍中に、スキューバダイビング部に入部~。

クラブの部長をしていた、女性と付き合っていたそうです。

10年程、長いお付き合いが続いていたので、親同士も会われ、結婚も考えておられたんだとか。

その彼女が、唐十郎(から じゅうろう)さんのファンで、しばしば、一緒にお芝居を観に行ってたのですが、その頃から芝居に興味が出てきたそうです。

そんなある日、唐十郎さん主宰の劇団「状況劇場」が、新聞で、役者&裏方募集しているのを発見。

六平さんは、周囲に相談すると、「君は彫刻家として大成するかもしれないけど、
どちらかというと芸能に向いてるよ。」とアドバイスを受けたんだとか。

そこで、応募したところ見事、合格となったんだそうです~!

ですが、合格後、役者としての才能ではなく、セット作りなどで役に立つと思われたみたいだそうです(笑)

ともあれ、役者としての道を歩み始めた六平さんは、長い間、アルバイトをしながら、下積みを重ねて演技力を磨かれたようです。

唐十郎さんの下で働いていた時にはノーギャラだった、六平さん。

34歳までアルバイトで食いつなぎ、あらゆる職業を経験した苦労人で、体験した職業は300種にも及ぶんだとか。

この長い下積みの体験が、現在の変幻自在の演技力に繋がっているのでしょう~!

ただ美術のセンスは相当なものをお持ちのようで、

過去には、石原裕次郎さんの葬儀に大道具で参加しており、渡哲也さんにこの話をすると、その場にいた石原プロ関係者全員が頭を下げて礼を言ったというエピソードがあるそうです。

他には、郷ひろみの結婚披露宴会場の設営にも係わっていたそうです~!

その後、柄本明さんに誘われて「東京乾電池」 に入団~。

30代半ばに、伊丹十三監督や深作欣二監督の作品の常連になったことで、ようやく、生活も安定してきたそうです。

脇役のお仕事って大変ですよね~

主役と違うし、露出も、もちろん少ないので、他の収入も発生しにくいです~。

現在では、六平さんは、バラエティ番組にも出演されて、人気者となって引っ張りだこで
そんな心配は全くありません。

六平直政さんのような職人気質の役者さんは、ほんと貴重。

これからも、末永く役者さんを続けてもらいたいですね。

スポンサーリンク

六平直政さんの名前の由来は?

六平直政さんといえば、珍しい「六平」という苗字。

この姓は、お父さんが秋田県由利本荘市で代々続いている、真宗大谷派寺院の出で「平家の落人が六つの赤旗を立てた」というこの土地の言い伝えから「むつあか」が縮まって「むさか」になったという、言い伝えがあるそうです。

そして現在も親族が当地で住職を務める他、全国に7 ~8軒ある「六平」家は全て親戚なのだそうです。

六平直政さんだけでなく、お身内の方の経歴もスゴイです~。

お爺さんは東京大学卒、お父さんも東北大学卒で、お父さんは、東京に上京したのち、都立高校の英語教師となっています。

また、お母さんの従兄弟には、戦艦武蔵最後の艦長猪口敏平や、その弟で神風特別攻撃隊の命名者として知られる猪口力平がいらっしゃるそうですよ~。

スポンサーリンク

子供は清水エスパルス?

そんな六平直政さんのプライベートですが、息子さんが2人いらっしゃいます。

そして次男は、なんと、サッカー選手なんですね~!

清水エスパルス所属のJリーガー、六平光成(むさか みつなり)さんだそうです。

2010年に中国で行われた「AFC U-19選手権」に出場することが決まった際には、お父さんの六平直政さんは、全ての仕事を断って、中国まで応援に行かれたんだとか。

現在でも、なりふり構わず、息子さんを応援される六平さん、息子を思う気持ちが、とっても微笑ましいです~♬

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「【テセウスの船】井沢健次役は六平直政!大学は美大で演技もチェック」と題してお伝えしました~♬

テセウスの船のドラマは、過去に起きた北海道の小学校の事件の犯人として逮捕された父親の事件の謎を追う主人公・田村心が、平成元年にタイムスリップしてしまいます。

六平直政さんが演じる、井沢健次が、謎を呼ぶ事件にどこまで関わってくるのか、どんな演技をみせてくれるのか今から楽しみです~(^▽^)/

スポンサーリンク