テセウスの船

テセウスの船の脚本家は誰で代表作は?結末が変わる可能性はある?

「テセウスの船」日曜劇場

2020年1月スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ

ドラマは、東元俊哉さんの同名タイトルの漫画が原作となっています。

漫画は、2017年からモーニングに連載されていました。

主人公・田村心を演じるのは、竹内涼真さんです~♬

今回は、このドラマのあらすじをもとに、どんな脚本が描かれていくのか、又、脚本家は誰なのか気になることを調べてみました~(^▽^)/

スポンサーリンク

テセウスの船【ドラマ】の脚本家は誰?

今回のドラマの漫画読んでみて面白かったんですが、気になったのが、この複雑な内容がどう描いていくのかということなんですよね~( ̄ー ̄?)

令和の時代から突然、平成に逆戻りしたりするし、その間に竹内涼真さんの周囲はどんどん状況が入れ替わっていくようなので、脚本家の方もめまぐるしい内容となるんじゃないかな?と考えてみました。

(竹内さんでなく、田村心でしたね^^;)

ドラマ「テセウスの船」を担当しているのは、高橋麻紀さんという女性の脚本家です~♬

・名前:高橋麻紀(たかはしまき)

・生年月日:不明

・出身地:東京都

・最終学歴:青山学院大学文学部卒業

髙橋麻紀さんのプロフィールや経歴をチェックしてみましたが、詳しい個人情報は、これ以上見当たりませんでした。

脚本家ということもあり、個人情報を出さないようにしているのかもしれません~。

東京都のご出身で、最終学歴は、青山学院大学文学部卒業となっています。

ここからは、高橋麻紀さんが、これまでに脚本を担当した主なドラマについて振り返ってみたいと思います~☆☆

・2008年:オー!マイ・ガール!

・2009年:マイ・ガール

・2009年:アイシテル~海容~

・2011年:アイシテル~絆~

・2011年:美男(イケメン)ですね

・2011年:こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!

・2012年:理由

・2012年:サンゴレンジャー

・2013年:いつか陽のあたる場所で

・2014年:このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状

・2014年:アリスの棘

・2015年:結婚式の前日に

・2015年:朝が来る

・2018年:いつかこの雨がやむ日まで

多くの作品の脚本を手掛けてこられた、髙橋麻紀さん~♬

2018年に放送された「いつかこの雨がやむ日まで」は、まゆゆこと、渡辺麻友さんがAKB48卒業後、連続ドラマ初主演となったドラマです。

渡辺さん演じる、ひかりが、ミュージカル女優に憧れるも、11歳の時に兄が逮捕されたことで人生が一変した主人公が、ミュージカル劇団に所属しつつ、真相を追求する姿を恋愛要素も盛り込みつつ描いたラブサスペンスドラマでした。

第1話から事件が起きる、ジェットコースター展開となりましたが、この時は髙橋麻紀さんのオリジナル脚本によるドラマだったんですね~。

スポンサーリンク

テセウスの船はオリジナル脚本に変わる可能性は?

テセウスの船のドラマは、原作のマンガをもとに、実写化されるドラマとなっています。

「モーニング」で2017年6月に連載がスタートし、6月27日発売の同誌30号で最終回を迎えています。

現時点では、2019年11月に、最新刊の9巻が刊行されています。

最終回を迎えたので、当然結末は分かっているのですが、脚本通りの展開となるのかどうかが、気になる点でもあり、楽しみでもあります~^^

髙橋麻紀さんのドラマではありませんが、これまでの国内ドラマでアニメが原作となっているドラマで、原作と違う展開になったドラマがありました。

なので、「テセウスの船」の最終回結末が、全く違う可能性は出てくることも考えられます。

「テセウスの船」のドラマ化の決定で、こんな反応があがっています~!!

スポンサーリンク

テセウスの船あらすじ

平成元年に起こった連続毒殺事件
犯人として逮捕された父と、その家族として辛い人生を送った母。
しかし、
事件直前にタイムスリップした主人公が出会ったのは、
笑顔と愛にあふれた明るい両親の姿…

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”

主人公は父の無実を信じて立ち上がり、
過去を変えることに挑む!

時代を超えた“父と子の絆”は奇跡を起こせるのか――!?
31年の時を超えて明かされる、驚愕の真相!

「この謎に、涙する」

引用元:公式サイト

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「テセウスの船の脚本家は誰で代表作は?結末が変わる可能性はある?」と題してお伝えしました~♬

「テセウスの船」は、過去に起きた北海道の小学校の事件の犯人として逮捕された父親の事件の真実を追う、主人公・田村心が、平成元年にタイムスリップしてしまう、壮大なストーリーのドラマです。

タイムスリップして、過去と未来を行き来するし、田村心が行き来するごとに、状況がどんどん変わっていく、この複雑ともいえる物語を、高橋麻紀さんがどのように脚本を作っていくのか、今から楽しみです~(^▽^)/

スポンサーリンク