テセウスの船

テセウスの船【ドラマ】木村さつき先生は黒幕犯人?動機の理由を考察

「テセウスの船」日曜劇場

2020年1月スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ

ドラマは、東元俊哉さんの同名タイトルの漫画が原作となっています。

主人公・田村心を演じるのは、竹内涼真さんです~♬

この物語は、北海道の音臼村で起きた小学校の事件をキッカケに、田村心の父が逮捕されることになり、心の運命が一変していきます。

父の冤罪をはらしたい心が、タイムスリップしたことで、未来の流れが変わっていきます。

この物語には、「木村さつき」という小学校の先生が登場します。

木村さつきも、事件により運命が変わっていく人物の一人です。

今回は麻生祐未さん演じる、木村さつきについてネタバレ考察していきます~ヽ(*^^*)ノ

スポンサーリンク

【テセウスの船】木村さつき先生はどんな人?


北海道の音臼小学校の教師として勤めていた、木村さつき。

木村さつき先生は6年生を担当することになりました。

ちょうどその頃、主人公の田村心が、過去の音臼村にタイムスリップして、佐野家に住まわせてもらっていた時期です。

音臼村は、教員不足で、先生の数が足りず困っていましたが、木村さつき先生の勧めもあり教員免許を持っているという主人公の田村心に、佐野文吾のお願いもあって、臨時教員を依頼します。

木村さつき先生は6年生の担任を受け持ち、主人公の田村心は5年生のクラスを受け持つことに。

木村さつきの実家は、お父さんが木村鍍金工場を経営しています。

(鍍金(ときん)は、メッキです。)

メッキを扱う工場なので、毒物系の薬品も扱っています。

(後に音臼村の小学校で起きる、毒物混入事件でも使用される薬品を使用しています。)

そんなある日、工場に保管していた薬品が、何者かによって盗まれていることが発覚しました。

そして、木村さつきは、教え子の加藤みきおが祖母と暮らす家の近くに住んでいます。

小学校への通勤時には、みきおの家の前を毎日通って通勤していました。

木村は、みきおが、複雑な家庭環境の下で育ち、両親の都合で祖母に引き取られた経緯を知って、何かと気にかけていました。

もし、祖母に万が一のことがあった場合は、加藤みきおを引き取って育てることも考えていました。

しかし、後に起こる、小学校の毒物混入事件の被害者となった、木村さつきは帰らぬ人となっていくはずでした・・・。

▼テセウスの船麻生祐未さんの若い頃をチェック▼

スポンサーリンク

田村心のタイムスリップで木村の運命は?

39名の青酸中毒により、児童16名と職員21名が命を落とす、大惨事となった事件。

ですが、父の冤罪をはらしたいと強く願う、田村心の行動により、木村さつきは生きているのでした。

養子にして、義母になろうと言ってくれた、木村さつきのために、みきおは自分に対して親身になってくれる木村さつきを助ける為に、さつき先生が嫌いで飲めない牛乳に薬を混入します。

さつき先生は、結局飲まなかったのですが、生徒達を助ける為に人工呼吸をしてしまったことから、倒れてしまいます。

命はかろうじて助かるものの、その後は後遺症に悩まされるのです。

テセウスの船【ドラマ】最終回ネタバレ予想!原作通りの衝撃的展開へ!?「テセウスの船」日曜劇場 2020年1月スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ 東元俊哉さんの同名タイトルの漫画が...
スポンサーリンク

【テセウスの船】木村さつきに何が起こったのか?

みきおを養子として引き取った、木村さつきですが、その後31年たったのち、かなりの変貌を遂げてしまっています。

音臼村の小学校の先生をしていた頃は、綺麗で、上品。

とても優しい先生で、生徒から愛される教師でしたが、現在の彼女はまるで別人の姿に変わり果てていました。

いかにも性格が悪そうで、話し方も下品になっていたのです。

この31年間という長い年月の間に、木村さつきに、何があったのでしょう??

原作マンガでは描かれていませんが、さつき先生のお父さんである、木村敏行が経営する会社・木村鍍金工場は、小学校の先生である木村さつき(麻生祐未さん)のお父さんが経営する会社です。

新聞配達員の、長谷川翼が同棲中の佐々木紀子に命令して、佐々木のパート勤め先である、木村鍍金工場で使う薬品を盗むように指示した工場でもあります。

平成から令和へと、元号が変わる間にも、不景気の波は音臼村にも押し寄せて、工場が倒産してしまい、莫大な借金を抱えたのではないでしょうか。

借金を苦に、さつき先生の父が、自ら命を絶ったことも考えられます。

そのため、木村さつきも金銭的にかなり困窮して生きていかざるを得ない状況だったのかと予想します。

大人になったみきおは、村田藍(田村心の姉、鈴の偽名)という女性と同棲することになったことがきっかけで、さつきはまたも、破滅の道に進んでいきます。

さつきは、みきおの荷造りを手伝っている時にカセットテープを発見します。

このテープには、これまでの事件の犯行が全てみきおの行ったことが分かる内容が録音されていました。

そんなある日、音臼村に、昔住んでいた佐々木紀子という女性が、佐野文吾の無実を晴らすために証言したいと名乗りを上げます。

木村さつきは、みきおの婚約者の村田藍が、音臼村の小学校の同級生だった、鈴という事
や、佐々木紀子が佐野文吾の無実を証明する証拠を持ってくることを知ります。

証明や証拠発言により、みきおが捕まることを恐れた木村さつきは、行動を起こします。

先廻りして、佐々木紀子を見つけ会いに行くのです。

そこで木村さつきは村田藍に佐々木紀子の飲み物に毒を入れるように誘導します。

みきおが犯人だという事を伝えて。

みきおの子供を身ごもっていた村田藍は動揺し、その場を逃げだします。

そして、証拠をもって戻ってきた佐々木紀子の命を、木村さつきが奪うのです。

さつきは、自らのお腹も刺して、自分で救急車を呼びます。

そこへ、暴走した義母を許す事が出来なかったみきおは、木村さつきに毒を飲ませて命を奪ってしまうのでした。

木村さつきは犯罪者になったうえ、守りたかったみきおに命を奪われという、なんとも悲惨な最期を迎えます。

テセウスの船1話ネタバレ感想!榮倉奈々の老けメーク【画像】がヤバい「テセウスの船」日曜劇場 2020年1月19日スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ 主人公・田村心を演じるのは、...
テセウスの船【ドラマ】主題歌や挿入歌は誰?音楽サントラの担当や発売日は?「テセウスの船」日曜劇場 2020年1月19日スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ 主人公・田村心を演じるのは、...
スポンサーリンク

ドラマでは木村さつきもタイムスリップする?

テセウスの船のストーリーは、田村心が父の冤罪をはらすために、未然に事件を防いだりすることで、本来なら起こるはずの事件が起こることなく終わります。

でも、そうやって、田村心が動いても、木村さつきの状況は変わるどころか、みきおの件で、佐々木紀子が証言台に立とうとするなど、悪化しています。

原作では養子に迎えたみきおの本当の正体を明らかにされたくない、木村さつき。

ドラマでは、さつき先生もタイムスリップして、自分の運命のために動いていく・・、という展開もあるかもしれません。

もしそのような展開となるのなら、マンガにはなかった、木村先生の結末が描かれるでしょう。

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「テセウスの船【ドラマ】木村さつき先生は黒幕犯人?動機の理由を考察」と題してお伝えしました~♬

このストーリーを読んでいると、過去に日本で実際にあった未成年が起こした事件や、集団が被害に遭った事件のことを思い出しました。

木村さつきは、少しでも子供たちに悲しい想いをさせたくないと考えて、加藤みきおの面倒をみようとしたことが、このような悲劇を招いてしましました。

みきおの本当の真実を知ることがもっと早くに出来ていたら、さつき先生の運命がもっと違ったものになっていたんだと思います。

「テセウスの船」は、ミステリーのスリリングさを含みながら、「家族愛」とは何かについても考えることの出来る物語です。

ドラマでは原作マンガにはない、オリジナルの展開もあるかな~っと期待しています。

タイムスリップして、主人公が過去と未来を行き来するごとに、状況がどんどん変わっていく、この複雑ともいえる物語が、今から楽しみです~(^▽^)/

スポンサーリンク

テセウスの船あらすじ

平成元年に起こった連続毒殺事件
犯人として逮捕された父と、その家族として辛い人生を送った母。
しかし、
事件直前にタイムスリップした主人公が出会ったのは、
笑顔と愛にあふれた明るい両親の姿…

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”

主人公は父の無実を信じて立ち上がり、
過去を変えることに挑む!

時代を超えた“父と子の絆”は奇跡を起こせるのか――!?
31年の時を超えて明かされる、驚愕の真相!

「この謎に、涙する」

引用元:公式サイト

スポンサーリンク