10の秘密

10の秘密【ドラマ】最終回ネタバレ予想!白河が黒幕犯人の衝撃的な展開

「10の秘密」

 

2020年1月14日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ・フジテレビ系

 

主人公の白河圭太を演じるのは、向井理さん~!

 

妻と分かれた、シングルファーザーということで、山田杏奈さんが14歳の娘・白河瞳役を演じます~♬

 

仲間由紀恵さん、渡部篤郎さん、SixTONESの松村北斗さん、そして佐野史郎さんの出演が新たに決まったことも話題になっています。

 

今回は「10の秘密」の最終回ネタバレ結末予想をしてみました~(^∇^)

スポンサーリンク

10の秘密【ドラマ】最終回結末予想

建築確認検査員の白河圭太(向井理さん)は、14歳の娘の瞳(山田杏奈さん)と二人で暮らしています。

 

元妻の由貴子(仲間由紀恵さん)からは、突然離婚を切り出され、理由もわからないまま出ていかれています。

 

白河は、娘のことが当然気になり、それ以降、娘のためだけに生きてきたという設定です。

 

周りからは羨ましがられていた親子関係だったが、突然大事件が起こる。

 

圭太のもとに「娘を預かっている、命が惜しければ、元妻を探せ。」との脅迫電話がかかってくるのです。

 

瞳は姿を消し、元妻の由貴子も姿を消していた。

 

圭太は瞳を探しながらも、犯人の要求に従い由貴子のことを探し始める。

 

そして、みな秘密を抱えていたことが発覚していく、、という謎が多すぎる展開となっています。

 

あらすじを見ている限りだと、白川の周囲にいる人間たちの秘密が分かることで、徐々に謎が解き明かされる展開となりそうですが、意外にも白河が仕掛けていた(犯人)となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

菜七子と長沼が黒幕?

「10の秘密」の公式HPを見ていますと、圭太と瞳は親子となってるけど、仙台由貴子とは関係性が書かれてません。

 

全てはあの、瞳が小さかった時の火災が関係していて、最後に瞳がそれを知る事になり、それが夫婦の瞳に隠していた秘密の可能性もあります。

 

そして、由貴子は黒幕に命を奪われてしまうんです。

 

瞳の誘拐も10年前の事も黒幕に繋がっていて、全て黒幕によってストーリーが進んでいる可能性はないでしょうか?

 

10年前の秘密については、夫婦以外の誰かが知っていて由貴子は電話で忘れてと言っていました。

 

この事から由貴子の借金も、この秘密についてゆすられているからという可能性も高いでしょう。

 

私としてはゆすっている人物と、本当に由貴子を恨んでいる人物は別で黒幕は2人いるんじゃないかと思います。

 

そう考えると意外性も考えて翼と磐城が怪しいと私は予想します。

 

伊達翼は、10年前の火事で大切な人を失っています。

 

なので、最後に由貴子を精神的に追い詰めてから同じ場所で火災を起こして命を奪おうとするのではないか?と思います。

 

由貴子が8話で爆発によって命を奪われた可能性があります!

 

この状況には驚きましたが、よく考えると由貴子はまだ何か隠している様な気もしますし、10年前の事について誰かにゆすられていたと考えると黒幕にやられた可能性があります。

 

10年前の繋がりを考えると長沼がやはり怪しいと思います。

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「10の秘密【ドラマ】最終回ネタバレ予想!白河の娘が黒幕犯人の衝撃的な展開?」と題してお伝えしました~♬

 

向井理さん演じる、圭太は娘で、14才の瞳(山田杏奈さん)とは何でも話せる関係を築いて、瞳の友人からうらやましがられるほどの理想の父親という役柄なんですね~!

 

なので、結構お洒落なカフェの場面なんかあるのかな?と思います。

 

ただ、物語は、圭太のもとに電話がかかって「娘を預かった。命が惜しければ、元妻を探せ!」となり、瞳を探すものの、さまざまな秘密が明らかになる・・・となっています。

 

犯人探しが楽しみなドラマになりそうですね~(⌒-⌒)

スポンサーリンク

10の秘密【ドラマ】あらすじ

誰にだって、”秘密”はある。
彼女にも。娘にも。もちろん、ただ必死に生きてきた俺にも——。
“娘の誘拐”を発端に、次々と明らかになっていく登場人物たちのさまざまな“秘密”。
家族、お金、権力、愛のために守り抜いてきたそれぞれの“秘密”が暴かれたとき、
想像を絶する展開が巻き起こる!

2020年1月期火9ドラマは、向井理主演の『10の秘密』を放送。白河圭太の愛する娘が誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、事件が巻き起こっていくオリジナル脚本の本格サスペンス。

向井演じる主人公・白河圭太(しらかわ・けいた)は、14歳の娘と二人暮らしの建築確認検査員。大学時代から付き合う由貴子と結婚して娘も生まれたが、ある事件をきっかけに由貴子との関係が悪くなり、離婚を切り出されシングルファザーとなった。 “娘第一主義”で何でも話せる良い関係を築き、娘の友達からうらやましがられるほどの理想の父親。

仲間由紀恵が演じる仙台由貴子(せんだい・ゆきこ)は、圭太の元妻で大手建設会社の顧問弁護士。貧しい家で育ち、努力して這い上がってきたため、「上を目指したい」が口癖。圭太との間に一人娘をもうけたが、“仕事に専念したい”と、離婚届を置いて家を出た。その後、ある“秘密”を抱え、消息を絶つ。

仲里依紗が演じる石川菜七子(いしかわ・ななこ)は、圭太の家の近所に住む保育士。圭太とは母親同士が友人で、幼い頃から家を行き来する兄妹のような仲。面倒見のいい性格で、保育園での父母からの評判も良いが、菜七子もまた、ある“秘密”を抱えている…。

渡部篤郎が演じる宇都宮竜二(うつのみや・りゅうじ)は、由貴子が顧問弁護士を務める大手建設会社の社員。上昇志向の強い由貴子に興味を持ち、互いに認め合うようになった。会社の“秘密”を守るため、圭太や由貴子に関わっていく。

その他、名取裕子、山田杏奈、遠藤雄弥ら、ドラマや映画などで活躍中の出演者たちが華を添える!

ストーリー

白河圭太(向井理)は、14歳の娘・瞳(山田杏奈)と二人暮らしの建築確認検査員。一方的に離婚を通告してきた元妻・由貴子(仲間由紀恵)に出て行かれた後は、娘のことだけを考えて自分を犠牲にする生活を送ってきた。瞳とはなんでも話せる関係を築き、「あんな父親が欲しい」と瞳の友人からうらやましがられるほどの理想の父親。
そんなある日、圭太のもとに電話がかかってくる。「娘を預かった。命が惜しければ、元妻を探せ——。」
瞳を探すにつれて、別れた妻のセレブな暮らしに隠された秘密を知るばかりか、何でも知っていると思っていた娘にすら、秘密があることを知ってしまう……。

引用元:公式サイト

スポンサーリンク