病室で念仏を唱えないでください

病室で念仏を唱えないでください吉田太郎役は谷恭輔!彼女や演技をチェック

「病室で念仏を唱えないでください」TBS金曜ドラマ

2020年1月17日スタート・毎週金曜日夜22:00~/TBS系

僧侶でありながら、救急医である、主人公・松本照円(まつもと しょうえん)を演じるのは、伊藤英明さん~♬

伊藤さんは僧侶の役ということで、丸坊主になるなど、ビジュアル面でも注目が集まっていますね~!

今回は「病室で念仏を唱えないでください」で、救命救急センターの看護師・吉田太郎役を演じる、谷恭輔さんについて、経歴や気になることをお伝えします~(^∇^)

スポンサーリンク

谷恭輔プロフィール

・名前:谷 恭輔(たに きょうすけ)

・生年月日:1990年5月9日(2019年現在、29歳)

・出生地:大阪府

・学歴:立教大学現代心理学部映像身体学科卒業

・身長 :184 cm

・血液型:B型

・趣味:就寝・甘い物を食べること・映画鑑賞

・特技:野球・スポーツ全般

・活動期間:2013年 –

・所属事務所:ティートライブエンターテイメント

谷恭輔さんは、2013年頃より俳優としての活動をスタートされています~。

詳しい経緯が分かりませんが、立教大学を卒業後してからなので、就職ではなく役者としての道を進もうと決心されたのではないでしょうか。

谷さんは野球が大好きなようで、出身高校などは分かりませんでしたが、おそらく幼い頃からの野球少年だったかと思われます~☆☆

そんな谷恭輔さんが所属する芸能事務所、「ティートライブエンターテイメント」には、ドラマ「パーフェクトワールド」に出演されていた、女優の岡崎紗枝さんが所属されています。

そして2018年1月より「劇団KAKUTA」にも、所属することになりました。

これまでの主な作品をご紹介します~♬

【テレビドラマ】
・2017年:「コウノドリ」第8話出演(嶋田医師 役)
・2018年:「崖っぷちホテル!」第4話・第7話出演(横山 役)
・2018年:「主婦カツ!」(本間一樹 役)レギュラー出演
・2019年:「凪のお暇(なぎのおいとま)」(小倉康明 役)レギュラー出演

【舞台】
・2016年7月:新宿公社『凱旋』※主演

・2017年2月:オフィスコットーネ『The Dark』
(演出で参加)
・2019年6月:KAKUTA第28回公演『らぶゆ』

谷恭輔さんはこれまで、舞台を中心に活躍されてきました。

演じるだけでなく、2017年の舞台では演出も手掛けられていますので、マルチな才能を発揮されています方ですね~♬

舞台だけでなく、今後はドラマや映画でも出演されてくることが増えてくると思うので、注目していきたいと思います~(⌒-⌒)

病室で念仏を唱えないでください堀口瑠衣役は土路生優里!卒業理由がヤバい

スポンサーリンク

谷恭輔の演技力は?

谷恭輔さんの最近の出演作品ですと、2019年の夏ドラマ「凪のお暇」です~。

谷さんは、慎次(高橋一生さん)の同僚・小倉泰明(おぐらやすあき)を演じていました。


慎二の同僚と聞いて、思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか~?

スポンサーリンク

谷恭輔さん彼女は?

イケメンで演技にストイックな谷恭輔さんのリアルなプライベートもチェックしてみました~♡

ですが、今のところ谷さんのツイッターを見ていても彼女らしき女性の存在を確認することは出来ませんでした。

これからドラマや映画にと、活躍されていくと思うので今はまだ彼女どころではないのかもしれませんね~^^

病室で念仏を唱えないでくださいロケ地と撮影地は帝京大学や千葉西総合病院「病室で念仏を唱えないでください」TBS金曜ドラマ 2020年1月17日スタート・毎週金曜日夜22:00~/TBS系 ...
スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「病室で念仏を唱えないでください吉田太郎役は谷恭輔!彼女や演技をチェック」と題してお伝えしました~♬

谷恭輔さんは、今回のドラマで看護師の役を演じますが、このドラマに出てくる医療に携わる方々は、なかなか個性的な方が多そうですよね~(笑)

原作マンガ通りの展開となるドラマになるのか、オリジナル要素が入るのかは分かりませんが、谷恭輔さんの演技に注目しながら、ドラマを楽しみに見ていきたいと思います~(⌒-⌒)

病室で念仏を唱えないでくださいのドラマを見逃がした方はコチラ

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください】あらすじ

本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマだ。

このドラマでは、救命救急センター内での他の医師とのチームプレーはもちろんのこと、患者を救うため専門分野を持つ医師と手を組む必要があり、その専門医たちとの激しいやりとりも描かれる。

中には心臓外科など、救急を「面倒なことを押し付ける厄介な存在」と捉えている部門もあり、そこに所属する医師と松本との“救急医VS専門医”の対決は、これまでの医療ドラマではあまり描かれなかった新たな視点となっている。

「医師」として命をどう救うのか、「僧」として死をどう看取るのか。さらに、患者の家族までをも支えようとする松本が、悩みを抱えながらも医師として、僧として、人として成長していく姿を通じ、「生きる」とは、「死ぬ」とは何なのかを、もう一度考えるきっかけを与えるドラマになっている。

「生と死」という重いテーマを扱いながら、僧侶であり医師でもあるという珍しい主人公の設定から巻き起こる騒動や、個々の登場人物の性格や、やりとりで発生するコミカルな要素も楽しめる金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』にぜひご注目ください!

引用元:公式サイト

スポンサーリンク