知らなくてイイコト

知らなくていいコト1話ネタバレ感想!ケイトの父はキアヌでなく「のとあとおる」

「知らなくていいコト」

2020年1月8日スタート・毎週水曜日夜22:00~/日テレ系

主人公・真壁ケイトを演じるのは、吉高由里子さん~!

第1話を見た感想です~(^▽^)/

スポンサーリンク
Sponsored Link

1話ネタバレ感想


一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子さん)。

ケイトは、日々スクープネタ記事をあげようとして、連日一生懸命に仕事に打ち込んでいます~。

ケイトには、シングルマザーの母親である、真壁杏南(秋吉久美子さん)がいるんですが、突然亡くなってしまうんですよね。

ケイトのお母さんは、映画翻訳家でありながら字幕翻訳もこなしていたという、才能あふれるキャリアウーマンです~。

そして亡くなる時に、お母さんがケイトに「あなたのお父さんは、キアヌ・リーヴスなの。」と言って、息を引き取るのでした。

えっっ??!「キアヌ・リーヴス」ってどういう設定(笑)と、思いましたが。

予告動画で見ていて知ってたんですが、実際にドラマを見てみると正直微妙な感じがしたのは私だけでしょうか^^;

(いくらドラマとは言え、何故ここにキアヌさんww)

 

ちなみにキアヌリーブスさんのプロフィールです~。

・名前:キアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)

・生年月日:1964年9月2日(2019年現在、55歳)

・出生地:レバノン・ベイルート

・主な作品「マトリックス」シリーズ、「ジョン・ウィックパラベラム」

真壁ケイトがお母さんの葬儀後に、母とキアヌとのツーショット写真とサインを自宅で見つけているので、間違いない事実かもしれないようですが、どうなんでしょう。

もしかして本当にキアヌ・リーヴスが最終回に出演してきたらビックリですけどね。

乃十阿徹がケイトの父?

真壁ケイトは、母の亡くなった後、遺品の中から見つかった指輪を手掛かりに調査を進めていきます。

すると、キアヌ・リーブスではなく、「乃十阿徹」という名が明らかになってきました。

それは、1990年にキャンプ場で起きた無差別事件の犯人の名前だった。

他にも遺品からは、杏南と乃十阿のつながりを示す資料も見つかる……という展開~。

ケイトは当然ながら、ショックですよね~!!

そして、ケイトは今カレの野中春樹(重岡大毅さん)から、別れを告げられてしまいます。

ケイトから「のとあとおる(乃十阿徹)が父親かもしれない。」と明かされた、野中君。

でも事件を起こした人が身内にいると、結婚して子供が出来たら、その子が可哀想だから、一緒になれないという理由です。

そして、ケイトの元カレ尾高(柄本佑さん)は、「のとあとおる」について何かを知っているようなんですね~。

これって「のとあとおる(乃十阿徹)」さんが本当に犯人だったのか、あるいは乃十阿徹は犯人ではなくて誰かの罪を被っていたのか?という謎も残ります。

第1話だけでは、分からないので今後の展開が気になりました^^

(えっ?でもそうなると、キアヌ・リーヴスの事は一体・・笑)

1話を見たネット上の反応は?

スポンサーリンク
Sponsored Link

おわりに・・・

今回は「知らなくていいコト1話ネタバレ感想!ケイトの父はキアヌでなく「のとあとおる」」と題してお伝えしました~♬

秋吉久美子さんと吉高由里子さんが母娘って、ほんとの親子みたいにお顔が似てますね~。

ピッタリだったと思ったら、いきなり1話で終わってしまってちょっと残念でした。

真壁ケイトのお父さんが、キアヌリーブスじゃなくて、事件を起こした犯人なのかどうかが気になります~!

ケイトの元カレも何か隠していることがありそうだし、2話以降は、サスペンスドラマみたいな気になる展開を期待して見ていきたいと思います~。

スポンサーリンク
Sponsored Link