竜の道

竜の道ドラマ主題歌は誰?音楽の担当や発売日はいつ?

「竜の道~二つの顔の復習者~」火9ドラマ

 

2020年7月28日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ/フジテレビ系

 

主人公・竜一を、玉木宏さんがつとめます。

 

そして双子の弟・竜二を高橋一生さんが演じます。

 

お二人は初共演ということで、イケメンすぎる双子の兄弟として話題になっていますね~!

 

今回は「竜の道」の主題歌や・サントラ音楽について、まとめてみました。

スポンサーリンク

竜の道ドラマの主題歌や発売日は?

「竜の道~二つの顔の復習者~」の主題歌については、「SEKAI NO OWARI」のみなさんが担当されることが決定しました~♬

 

2020年2月10日に、SEKAI NO OWARIは、デビュー10周年を迎えます。

 

11年目のスタートを飾るニューシングルのリリースが決定ということで、セカオワのファンにとっては待望のシングルとなりますね~!!

このシングルは、ドラマのために書き下ろされることになっています。

 

現在のところ、曲タイトルは未定ですが、このシングルは、このドラマ主題歌を含めた全3曲の新曲を収録予定となっているそうです。

 

また、竜の道のOP曲には、ビッケブランカの「ミラージュ」に決まりました。

 

 

ドラマ主題歌・挿入歌に起用されるものは、大抵はドラマ内容に沿った楽曲が書き下ろされます。

 

アーティストにとって主題歌となれば、印象が浸透するぐらいインパクトを与えます!

 

オープニングで流れてくるテーマ曲・BGM(サウンドトラック)は、ドラマ内容によって雰囲気が位置付けられるほど、大事な要素があります。

 

それほど、音楽はドラマにとって、なくてはならない存在ですね。

 

音楽はその状況によって180度変えてしまう程、重要です。

 

「竜の道~二つの顔の復習者~」の主題歌については、新しい情報が入り次第、随時アップしていきます!

スポンサーリンク

竜の道ドラマ音楽の担当は?

「竜の道~二つの顔の復習者~」の音楽は、村松崇継さんが担当されることになりました。

 

具体的な内容については、詳細が判明しだい情報を追記していきます!

 

ちなみに前枠となる「10の秘密」の音楽の担当は、林ゆうきさん、橘麻美さんが担当されています。

 

林ゆうきさんは、1980年12月31日生まれで、出身地は京都府京都市。

 

異色の経歴をお持ちで、男子新体操選手だった時代に新体操のBGMによって、音楽に興味を持ち作曲をスタートさせています。

 

作曲手法はコンピューターによる「打ち込み」で制作するんだとか。

 

その後、新体操の伴奏の作曲を手がけて、作曲家の澤野弘之さんにデモテープを送ったことがきっかけとなり、劇伴の制作にたずさわるようになります。

 

橘麻美さんは、1987年生まれで、神奈川県の出身です。

 

幼い頃よりピアノを始めた橘さんは、中学校では吹奏楽部でホルンを、高校ではジャズ部でウッドベースを担当するなど、様々な楽器を弾きこなしてきてるんですね。

 

高校卒業後は、一般の大学へ進学するものの、音楽への夢をかなえるために、大学を中退し、本格的に作曲・アレンジの勉強をスタートしています。

 

橘麻美さんは、あらゆるジャンルに対応し、ジャズ・フュージョンサウンドを活かしたサウンドメイクを得意としています。

 

お二人は、これまでにたくさんのドラマの音楽を担当されてきました。

 

お二人がこれまでに手がけたドラマ音楽をご紹介します。

(ドラマ)
・家族狩り(2014年)
・フラジャイル(2016年)
・嘘の戦争(2017年)
・愛してたって、秘密はある。(2017年)
・シグナル長期未解決事件捜査班(2018年)
・あなたの番です(2019年)

 

「竜の道」のドラマも、印象に残るような音楽が流れるといいですね~。

スポンサーリンク

竜の道ドラマ化のSNS上の反応は?

 

ちなみに、ネット上の反応などを見ていますと、こんな意見が出ています(‘ ∇‘ )

 

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「竜の道ドラマ主題歌は誰?音楽の担当や発売日はいつ?」と題してお伝えしました~♬

 

個人的には、4月から高橋一生さんの演技をお茶の間で見れることになるので楽しみなんですよね~。

 

高橋一生さんや、玉木宏さん以外のキャストも誰になるのか、気になるところです。

 

今回のドラマは、復讐劇ということで、かなりドロドロしたストーリーとなりそうだし、最終回まで何が起きるか分からない内容になるでしょう。

スポンサーリンク

「竜の道~二つの顔の復習者~」あらすじ

竜一と竜二は、生まれてまもなく実の親に捨てられたところを、小さな運送会社を営む吉江(よしえ)夫妻に養子として引き取られた双子の兄弟。その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐を加え、5人家族として仲良く暮らしていた。

しかし、二人が15歳のとき、全国への事業拡大を進める霧島源平率いる運送会社の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた両親は自殺してしまう。卑劣で冷酷な手法で霧島に追い詰められる両親の姿を見ていた二人は、両親から命を、そしてまだ5歳の美佐から実の親を奪った霧島への復讐を誓い合う。

それから7年後、竜一は焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形で別人になり替わり、裏社会と関わりを持ち始める。一方、竜二は名字を出生時の「矢端」に戻し、運送会社を監督する国土交通省に入省する。

竜一が生きていることは、妹の美佐も知らない二人だけの秘密。「これからは、なんでも二人だ」。コインの裏表のような、正反対の立場の双子による、波乱万丈の復讐劇が幕を開ける。

引用元:公式サイト

スポンサーリンク