10の秘密

10の秘ドラマ密長沼豊役は佐野史郎!ガキの使いの骨折で病院は?

「10の秘密」

2020年1月14日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ・フジテレビ系

主人公の白河圭太を演じるのは、向井理さん~!

帝東建設の社長・長沼豊を演じている佐野史郎さん、年末の怪我はその後どうなったんでしょう?!

今回は佐野史郎さんについて経歴やプロフィールをご紹介します~(^▽^)/

スポンサーリンク

佐野史郎プロフィール

・本名:佐野 史郎(さの しろう)

・生年月日:1955年3月4日(2019年現在、64歳)

・出生地:山梨県山梨市

・出身地:島根県松江市

・身長:176 cm

・血液型:B型

・活動期間:1975年 –

・配偶者:石川真希(女優)

・所属事務所:アベベネクスト

佐野史郎さんは、元々は島根県松江市に実家があるんです。

ですが、子供時代は何度も引っ越しされることが多かったようで、佐野さん自身が産まれた場所は、山梨県山梨市。

その後は、東京・世田谷区に住み、練馬区に住んでいたこともあったそうです。

佐野史郎さんが7歳の時に、再び島根県松江市に引っ越してからは、島根で学生時代を過ごしていました。

どうしてこんな何回も引っ越ししていたのかというと、お父さんが医者で、山梨市の病院で
インターンをしていたためというのが理由だそうです。

佐野史郎さんの実家は、先祖代々の医者の家系なんだとか。

実は、実家の病院は、佐野史郎さんの高祖父(祖父母の祖父)の代から150年、5代に渡って続いている医院なんですね~。

佐野さんの実家は、佐野内科循環器医院として現在も、島根県松江市にて診察が行われています。

なんでも佐野史郎さんの弟が、継いでいるそうですよ~。

そんな佐野史郎さんは、父親と母親、佐野史郎さん・弟・妹
という構成で、3人兄弟の長男として誕生されました。

地元の高校を卒業後、佐野史郎さんは美學校の中村宏油彩画工房で絵を学ぼうと上京します。

1975年、20歳の時に劇団「シェイクスピア・シアター」に創設メンバーとして参加。

1980年、唐十郎さん主宰の「状況劇場」に移り、1984年まで在籍。

1986年に林海象監督の一般公開デビュー作となる「夢みるように眠りたい」の主役で映画に初主演しています。

スポンサーリンク

佐野史郎さんのドラマは?

佐野史郎さんと言えば、1992年のドラマ『ずっとあなたが好きだった』の桂田冬彦(冬彦さん)を演じたことで、当時は一躍知られるようになり、その年の流行語大賞にも選ばれるほど話題になりました。

「冬彦さん=マザコン」となるほどのブームを生み、マザコン男性を「冬彦さん」というほどでした~。

余程このイメージが強かったのか、冬彦さんのドラマ出演後の佐野さんは、「知的ながらもどこか狂気を宿した演技」での役どころが多かったようです。

ですが元々、正統派演技からコミカルな演技まで幅広くこなされる、カメレオン俳優。

「10の秘密」でも、独特の存在感を発揮されるでしょう。

スポンサーリンク

佐野史郎さんガキ使の怪我は?


佐野史郎さんと言えば、毎年大みそかの年末特番で放送されている、日テレの「ガキ使」でのケガについて話題になりました。

2019年に放送予定のガキ使で、佐野史郎さんの出演が決まり、11月のロケ中にケガを負ってしまいました。

腰に痛みを感じて病院に行ったら「第三腰椎骨折」と診断されたんですよね~。

佐野さんは、ドラム缶上部に置いた板の上に座ってラーメンを食べながら、液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く、という企画に挑戦。

直後に、腰に痛みを訴えて病院で診察を受けたという。

2019年中には退院されたそうですが、現在は、体幹を鍛えるために運動を兼ねたリハビリも行いながらドラマの撮影に臨んでいるそうです。

60代でこの様なケガをされると、骨粗しょう症により骨が脆くなっている方もいるので、あまり無理をしないで頂きたいです^^

ガキの使いではやはり笑いが一番ですから佐野史郎さんも少し無理をしたのでしょう。でもこの場面どうしてもみてみたいですよね〜

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「10の秘ドラマ密長沼豊役は佐野史郎!ガキの使いの骨折で病院は?」と題してお伝えしました~♬

「10の秘密」ドラマの記者会見に元気なお姿を見せてくれた、佐野史郎さん。

残念ながら、2020年正月に放送された「ガキ使SP」でも、佐野さんの場面はカットされていました。

恐らく発売されるであろう、DVDには収録されていると良いですよね~。

これからも佐野史郎さんの魅せる、ベテランならではの演技に期待したいと思います~^^

スポンサーリンク