10の秘密

10の秘密ドラマ3.5話ネタバレ感想!由貴子の目的はお金だけ?

「10の秘密」

2020年1月14日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ・フジテレビ系

主人公の白河圭太を演じるのは、向井理さん~!

本編では圭太の娘・瞳が誘拐されたままで、圭太は無事データを取り出せたんです。

これで本当に瞳ちゃんは助かるのでしょうか?

その本編と本編の物語を繋ぐチェインストーリーが、同時に配信されています。

今回は3話(1月28日放送)終了後に配信された、3.5話のネタバレ感想です!

スポンサーリンク

3.5話のあらすじネタバレ

冒頭は、本編1話にも出てきた、由貴子と謎の死を告げた矢吹(中林大樹さん)のビルの屋上の場面から始まります。

矢吹は、念願かなって、マンションのプロジェクトに、中間検査後から現場監督として、合流することになりました。

「絶対にこのプロジェクトを成功させて見せる~!」と意気込んでいた矢吹さん。

ですが、着任早々とんでもない事件が起きます。

実はこのマンションは、SRC構造で当初作られるはずだったのに、2回から上の建物が、S構造で作られてたんです。

矢吹はその事実を知って、何とか工事を中断させたい、基準に合わせた正しい建築物にしたいと思ってるものの、工事にたずさわっている方々は、誰一人として真実を語ろうとしません。

納得出来ない矢吹は、帝東建設の室長・宇都宮竜二に直接会って話をしようと向かいます。

そして「偽装建築」を止めてほしいと、直談判したのですが何日たっても、プロジェクトは変わらずに着々と建築作業が続いていきます。

矢吹は動かぬ証拠を図面から突き止めて、自身のPCに残すことにして、もう一度宇都宮たちにかけ合おうとしますが、会うことも出来ずにいました。

そしてある日、矢吹はこのプロジェクトから外され異動することになるのでした。

矢吹の希望通りにいかず、絶望するのですが、思い直して顧問弁護士の仙台由貴子に連絡を取るのでした。

スポンサーリンク

10の秘密3.5話を見た感想

1話の最初で、仲間由紀恵さん演じる由貴子と矢吹が、ビルの屋上でもみ合いになった場面が出てきたのはどういう意味?と思ってたんですが、偽装建築のことだったんですね~。

なぜ矢吹は死ななければならなかったのか?というのは、それだけ矢吹さんが真面目な方だったので、自分が偽装建築に関わって解決出来なかったことに耐えられなくて、飛び降りたんでしょう。

由貴子が顧問弁護士をつとめる、帝東建設はこれまでにも多くの偽装建築物を作ってきていて、そのことを知った由貴子がデータを元に金銭の要求を二本松とグルになって行っていたということなんでしょう。

謎の男・二本松が矢吹を脅迫してたのかな?と思いました。

二本松と由貴子は、今後もグルになって脅迫していくんでしょうか?

スポンサーリンク

10の秘密第3話を見たネット上の声は?

10の秘密3話のドラマを見た方の声を集めてみました~!

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「10の秘密ドラマ3.5話ネタバレ感想!由貴子の目的はお金だけ?」と題してお伝えしました~♬

瞳が誘拐されましたが、実は由貴子と二本松がグルになって仕掛けたということのようですね~。

圭太にUSBデータを盗ませるために、わざわざこんな計画を実行するなんて、由貴子が一番怖い人だと思いました。

圭太も、10万円の受け取りがキッカケで、ドンドン転落の人生を送ることになっていきそう。

この展開だと、二本松とグルであるのを圭太が知ったら、逆に由貴子の命が危ないんじゃないでしょうか?

それと由貴子の本当の目的がお金だけではないような、別の理由もありそうなのも気になります。

4.5のストーリーの続きが楽しみです~^^

スポンサーリンク