10の秘密

10の秘密ドラマ4話ネタバレ感想!設定が安易で結末が不安?

「10の秘密」

2020年1月スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ・フジテレビ系

圭太が矢吹の家からコピーしたUSBデータで脅迫しだしましたね~。

果たして上手くいくんでしょうか?

今回は2月4日に放送された「10の秘密」4話ネタバレ感想です~(^∇^)

スポンサーリンク

10の秘密4話あらすじネタバレ

圭太は、コピーしていたUSBを使って、長沼社長に「3000万円」の取引を持ち掛けます。

長沼社長はその場で「いつ渡せるか分からない。」と言って、車代を渡します。

圭太は宇都宮に納得いかないと言いましたが、宇都宮は逆に「矢吹が持っていたUSBと手帳が本当の時限爆弾になる。だが、それを持っているのは由貴子だ。」と伝えるのです。

そして由貴子はとある場所で、逃げるために必要な、偽パスポートと引き換えに、多額の現金を、ある男性に渡します。

圭太は懲戒解雇になってしまったことで、無職になり、ハローワークに行くと自己都合による退職なので、3か月ほどのお金しか出ないと言われます。

菜七子と話していて、「由貴子と一緒に3人で暮らしていきたい。」と瞳が言ってたことを初めて知るのでした。

そんな瞳は、伊達翼のいるジャズバーに会いに行きます。

翼は瞳に、「10年前の火事の事件の真相」が新聞に書かれていたことを伝えるんです。

瞳が帰宅すると、圭太に10年前の火事の事件のことについて聞かれるのですが、その場では全てを言えなかった、圭太。

「瞳と由貴子のためにもどんな人だったか思い出そう。」と言われて、瞳の思い出した顔を絵にするんです。

浮かび上がった似顔絵は、由貴子と共に誘拐に協力していた、二本松でした。


そして、由貴子はある日突然圭太の家に忍び込んでいました。

圭太の使うパソコンのパスワードを解除している時、圭太のお母さん(名取裕子さん)が偶然やって来たんです。

その場では上手く収待ったかのように見えたのですが、ここでも圭太は由貴子が娘を誘拐していたことなど、言えずにいました。

スポンサーリンク

4話以降の展開はどうなる?

4話で分かったのは、圭太と由貴子が1話で言っていた「墓場までこの事は2人のひみつにしよう。」と言っていた秘密。

10年前に起こった火事で、一人の女性が亡くなっていたんですね。

2話で圭太が郵便局から、10万円近いお金を知らない名前で書いて現金書留で送っていた場面がありました。

圭太は由貴子にも言わずに、事件が起こってから10年間の間、毎月匿名でお金を送っていました。

この事を、瞳が会いに行ってるジャズバーの伊達翼が伝えてるということは、伊達翼は家事の事件の被害者家族なのかなあ、と思いました。

ただ4話まで見ていて、な~んとなくミステリー感はあるものの、テンポがゆったりしすぎてるような気がするんですよね。。。

このまま行くと「10の秘密」といっても、それほどスゴイ秘密でもないまま終わるんじゃないのかな・・・?と思うのは私だけでしょうか(^▽^;)

まあでも、10話としてまだ半分もいってないし、今後はとんでもない展開になっていくことを期待したいです^^

スポンサーリンク

4話を見た視聴者の感想は?

ドラマを見たネット上の声を集めてみました~!

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「10の秘密ドラマ4話ネタバレ感想!設定が安易で結末が不安?」と題してお伝えしました~♬

4話が終わった時点でも、今いちドラマの今後の展開が見えづらかったです~。

由貴子は、今後も二本松と一緒に脅迫してお金を取ろうとするでしょうが、何故そこまでしようとするのか、まだ謎の部分が多いです~。

そして、音大生の伊達翼くんには、どんな秘密が隠されてるのかも気になります。

引続き5話も見ていきたいと思います~^^

まだ見てない方は、こちら↓からもどうぞ~!

10の秘密【ドラマ】見逃し動画を1話から最終回まで無料で見る方法とは?「10の秘密」火9ドラマ 2020年1月14日スタート・毎週火曜日夜21:00~ 主人公・白河圭太は、向井理さんがつとめます...
スポンサーリンク