テセウスの船

テセウスの船【最新考察】ドラマ真犯人ネタバレ予想!黒幕はタイムスリップしてる?

「テセウスの船」日曜劇場

 

2020年1月12日スタート・毎週日曜日夜21:00~/TBSドラマ

 

北海道の音臼村で起きた小学校の事件をキッカケに、田村心(竹内涼真さん)の父が逮捕されることになり、心の辛い運命が続くかと思われているこのドラマ。

 

心はタイムスリップしながらも、運命を良き方向に変えようと、お父さんの免罪を晴らすために、されるというなかなか面白いドラマなんです~!

 

ところが、公式サイトで、原作漫画とドラマでは展開が違うとの発表がありました。

 

実際に見ていくと、確かに違っている内容が結構あるんですよね~!!

 

今回はこれまで放送されているドラマのストーリーを元に、真犯人を予想してみました。

 

スポンサーリンク

テセウスの船ドラマを見て出てきた謎は?

9話(3月15日放送)まで視聴していましたら、この人が真犯人なのか?と思える人たちが出てきました。

  1. 木村さつきが鈴を監視して、不審な行動が多い。
  2. タイムスリップ後、事件で唯一生き残った大貫公平はなりすまし?
  3. 音臼村の村人全員がグルになってる?
  4. 校長先生には息子がいて、加藤みきおとも関係が?

①の木村さつき

過去で小学校の先生をしていた木村さつき先生と、現代のさつき先生は全く別人ですね。

  • 常に鈴の生活を監視
  • 「ウサギ」という言葉を使っている。
  • ワープロで「超能力」と書いてあったのは、その場にいる人しか分からない。

いくつか見ていると、さつき先生が犯人のような伏線が多いです。

 

ですが、よ~く考えるとドラマというのは最初に出てくる怪しい人物は、そうではないことが多いですよね。

 

いかにもという伏線的な登場なので、やっぱり木村さつきは違うのでは?とも考えてみました。

 

もう一つ気になったのが公式サイトの画像です。

さつき先生をよく見ていると、妊娠しているように見えます。

 

SNS上では、木村さつきは事件当時妊娠していて、相手は金丸刑事では?との声もあがっていました。

 

たしかに木村さつき先生の隣にユースケサンタマリアさん演じる、金丸刑事がいます!!

 

この画像が示しているのは、さつき先生が金丸刑事と付き合っていて子供を身ごもっていたという伏線ではないかという事です。

 

現在では、さつき先生は子供はおらず、加藤みきおを養子にしている事から、さつき先生自身の子供はいません。

 

愛する人を失い、さらには音臼小学校の事件がショックとなって、子供を流産しているとしたら?

 

木村さつきが人格が変わるほど犯人を憎む理由になります。

 

犯人である佐野文吾を恨んでおり、娘の鈴が幸せになるのも許せないと考えられます。

 

木村さつき先生は、心が現代にタイムスリップしてみると、佐野文吾や鈴に対して、ものすごく恨んでいます。

 

まるで犯人のように見えますけど、自分の本当の子供のように加藤みきおを愛するあまり、愛情が間違った方向へ進んで行った可能性があります。

 

子供守る為ならなんだってする!っという勢いは感じますが、過去のさつき先生が事件を起こしたとは考えられないでしょう。

 

心と現代で対面した時も、心のタイムスリップのノートを見つけていたのがさつき先生だった場合もっと違う反応をしていたはずです。

 

ましてや、「どこかで会ったことがあるか?」なんて質問はしませんよね。

 

追記

木村さつきは、松尾さん(芦名星さん)と共に、病院に運ばれて亡くなったことで、犯人の可能性は無くなったように思えます。

 

ですが、子供のみきおくんには、共犯者(大人のみきお)がいて、その共犯者が心と同じようにタイムスリップして、運命を変えようと仕掛けていると、私は考えてます。

 

ややこしい話ですが、みきおが運命を変えると、亡くなっていたとされる木村さつきが、生きているものとして、最終回(3月22日放送)に登場する可能性はあると思っています。

 

②事件で唯一生存していた大貫公平

これは、注意深く視聴していると分かるのですが、心がタイムスリップして事件の内容が変化しているんですね。

 

タイムスリップ前には、大貫公平は命を落としているのですが、タイムスリップの後には、大貫公平は生き残って、田中義男が亡くなっているんです!!

 

現代では、大貫公平は生きているんです。

 

当時、事件の場面にいるんですよね~。

 

ウサギが命を奪われていた場面や、佐野文吾(鈴木亮平さん)を遠くから見ている場面など、風景に溶け込んでいて気付けなかったですが、よ~く見ると大貫がいます。

 

テセウスの船【ドラマ】見逃し動画を無料視聴する方法は?公式サイトが安全!

 

③村人全員がグルになってる?

これは、②の大貫公平さんが単独で犯人というのではなく、音臼村の村人が全員グルになってると思い、考えてみました。

 

9話を見て思ったのは、佐野文吾が、ワープロの犯行日記と青酸カリの瓶が見つかって逮捕となりました。

 

文吾の家に証拠を置いて行ったと考えると、8話で子供の加藤みきおに「絶対止めるから!」心が言うと、「無理だよ僕の計画は完璧だから。」と言いました。

 

ですが、この時子供のみきおは病院にいたので、共犯者がやったことは確実。

 

ここで、怪しいと思ったのが田中(せいや)と徳本です。

 

9話では、突然夜に佐野家を鍋に招待していて、しかも誘拐されていた文吾が解放されたタイミングなんです。

 

これは、2人が佐野家を引き付けている間に、家に証拠を置いたということではないでしょうか?

 

村人全員がグルという理由ですが、もちろん主犯は加藤みきおです。

 

ところが、心がタイムスリップしたことで、過去が心のせいでいろんなことが犯人に伝わってしまい、未来が変わっています。

 

未来ノートを拾った、小学生のみきおが、佐野家以外の村人に、未来ノートを証拠にして説明をして洗脳するのです。

 

子供のみきおは、過去にダイムスリップした、大人のみきおにいろいろ聞いて、タイムスリップについて、理解しているのです。

 

それを聞いた村人たちが、佐野文吾に犯行をさせまいと、文吾が大きな事件を起こす前に捕まえてしまおうと思ったんです。

音臼小事件はみきおがなんとか阻止したが、また犯行を犯すはずだと説明したと思います。

 

9話で、馬淵(小藪さん)が出てきたのは、村人たちが仕組んだのです。

 

でもこれだと、心たち家族の未来は変わらないことになりますね。

 

やはり、子供のみきおには、最後には捕まってほしいと個人的には思います。

④校長先生(笹野高史さん)犯人説

音臼村の校長先生(笹野高史さん)も、何やら意味ありげな表情に見えてきますね(笑)

 

普通に考えると、学校の校長先生という、トップに立つ人物が共犯者とは考えにくいのですが、ドラマということで「校長先生犯人説」も考えられます。

 

スポンサーリンク

校長先生が黒幕犯人説の声があがっている理由は?

 

校長先生は、絵が趣味なんですよね。

 

となると、加藤みきおは、現代では、車イス生活でも出来るデッサンの仕事をしているのですが、もしかしたら校長先生が教えていたという事が考えられます~。

↑の画像を見ていますと、木製のデッサン人形が、現代の加藤みきおのテーブルにもあるんですね~。

 

みきおと校長のつながりがはっきりしたものは明らかにされていませんが、校長の私物と思われるものがみきおの部屋に置かれていました。

 

現代のみきおの部屋にあるということは、それだけ二人につながりがあるということです。

 

そしてもう一つ、7話で田中が亡くなっている場面です。

心宛てのメッセージに、「さようなら、おじいちゃん。さようなら心先生。」が残されています。

そのメッセージと一緒に置かれていたノートに、書かれていた文字が気になります。

・孤独である
・罪も罰もなく
・ただただわたしは孤独である

 

このノートは、田中義男の自宅に訪れた者が好きに書くことが出来るんですが、この文字、どうみても子供が書けるような字ではないです。

 

これを書いたのは校長先生だと考えました。

 

心たちに今の自分の気持ちを伝えたかったのだと思いました。

 

校長先生は常に孤独であり、満たされていない人生を送っていたことが伺えます。

 

同じく孤独な運命を抱えることになる、加藤みきおの手助けをしたいと考えたのではないでしょうか。

 

ドラマでは、校長先生のことにそれほど今は詳しく触れていませんが、カレンダーによると校長は、3月29日で定年退職する予定となっています。

孤独であった校長は、同じく孤独であった少年みきおに心惹かれて、協力したいと思えるものがあったのかもしれません。

 

次第に彼の計画を手助けするようになり、絵が趣味だった校長先生が、不気味な絵を描くのに一役買っていたのでは??

 

何も満たされなかった教職人生の最後の締めくくりに、同じ孤独であったみきおに手を貸そうしたのではないかと考えてみました。

 

校長先生になれるだけでもスゴイと思うのですが、トップに立つ人間は、そうじゃない人には理解出来ない、心の闇があるんでしょうね。

スポンサーリンク

公式サイトでドラマの犯人予想!

ここまで、怪しい人物をチェックしていきました~。

 

テセウスの船の公式ツイッターでは、現在真犯人と思う人に〇をつけてというツイートがあるんですね~♬

単純に考えると、この中に真犯人がいるということになります。

 

そう考えると、大貫公平は、この中にいないことから犯人ではありません。

 

個人的には大貫公平が、金丸刑事が命を落とした時、犯人に背を向けてフランクな口調で話をしていたので…と思ってたのですが、どうやら違うようですね。

 

この犯人に〇をつける表には載っていないので犯人ではない事が確定です~!

犯人もタイムスリップしている可能性がある

そしてノーマークだったのはこの4名です。

 

徳本卓也 音臼村の農家
井沢健次 音臼村の商店主で、村のまとめ役
田中正志 田中義男の息子
長谷川翼 音臼村の新聞配達員

 

長谷川翼は事件で命を失っているので、犯人ではありません。

 

そうすると、この中で過去からタイムスリップしてきている人物で、誰からもバレない人物をあげると「田中正志」です。

 

田中の父親は目が悪く見えていません。

 

そして幼い頃に音臼村を出ていたら、「義男の息子」だと登場してもバレないでしょう。

 

とういうことで、田中正志が偽物の可能性があるかもしれません。

 

徳本卓也や井沢健次は、現時点では出番があまりない為、今のところ考察が出来ません。

 

そこで、消去法で考えていくと、

  • 田中正志
  • 徳本卓也
  • 井沢健次

の3名のうちに真犯人だと予想します!

 

もしそうなってくると、原作からは全く違ってきますね~。

 

原作では加藤みきお(安藤政信さん)が、過去にもタイムスリップするなど、かなり危険人物です。

鈴に寄り添う、車椅子のミステリアスな男。

事件の重要な鍵を握る。

実は、鈴と同じ音臼小学校に通っていた加藤みきおだが、事件後、身寄りのないみきおは木村さつきの養子になっていた。

引用:公式サイト

 

車椅子の生活をされてるところは、「事件の重要な鍵を握る」事から、事件の犯人について知っていて、鈴を守っているヒーロー的な役割となる可能性があります。

 

スポンサーリンク

原作者である東元俊哉さんの見解は?

東元さんがツイートされている、ワタナベリョウスケ(渡辺良介)さんは、テセウスの船のプロデューサーです。

 

テセウスの船公式サイトで渡辺良介さんは、このようなコメントを残しています。

竹内さんが演じる田村心の家族を思う優しさ、逆境に立ち向かう強い姿を通して、思わず胸が熱くなる“泣けるミステリー”にしたいと思っています。

引用元:公式サイト

 

「泣けるミステリー」って、ありそうでなかったドラマ展開になりそうです~。

 

原作ストーリーも泣ける要素がありますが、なんだかもっとドラマチックな展開が期待出来そうですね~!!

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「テセウスの船【最新考察】ドラマ真犯人予想!真犯人はタイムスリップしてる?」と題してお伝えしました~♬

 

今のところ、伏線がたくさんありつつ、まだ先が全く読めない流れとなっていますね。

 

5話(2月16日放送)の、松尾さんの証言がドラマのカギになるのは間違いないだろうと思っていましたが、残念ながら松尾さんは亡くなってしまいました。

 

そして、大人の加藤みきおは歩けるし、6話で再び平成に戻った心ですが、せっかくのボイスレコーダーを、子供の加藤みきおに奪われています。

 

私は、子供1人で、全ての犯行を完了できるとは思えないので、絶対誰か共犯者がいると思っています。

 

ただこのドラマは、心がタイムスリップして運命を変えることで、次々と状況が変わります。

 

そして、犯人もタイムスリップして、心たちの運命を変えないようにしている可能性もあると思います。

なので、ホントの最後まで、犯人が誰になるかは分からないでしょう!

スポンサーリンク