竜の道

竜の道【ドラマ】最終回ネタバレ予想!妹の美佐の結末が衝撃な展開へ

今回は「半沢直樹2」の最終回ネタバレ予想をお伝えします~(^∇^)

スポンサーリンク

竜の道ドラマあらすじ

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」は、白川道(しらかわとおる)さんの小説「竜の道」(上・下巻)と「竜の道 飛翔篇」が原作となっています。

 

ただ、2015年に白川道さんが、大動脈瘤破裂のために、亡くなられているんです。

 

そのため、小説「竜の道」の結末は、未完となったまま終わっている作品となりました。

 

今回のドラマは、「原作に無いオリジナル設定」を加えて、オリジナルの結末になるとの発表がありました。

竜一と竜二は、生まれてまもなく実の親に捨てられたところを、小さな運送会社を営む吉江(よしえ)夫妻に養子として引き取られた双子の兄弟。その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐を加え、5人家族として仲良く暮らしていた。

しかし、二人が15歳のとき、全国への事業拡大を進める霧島源平率いる運送会社の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた両親は自殺してしまう。

卑劣で冷酷な手法で霧島に追い詰められる両親の姿を見ていた二人は、両親から命を、そしてまだ5歳の美佐から実の親を奪った霧島への復讐を誓い合う。

それから7年後、竜一は焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形で別人になり替わり、裏社会と関わりを持ち始める。一方、竜二は名字を出生時の「矢端」に戻し、運送会社を監督する国土交通省に入省する。

竜一が生きていることは、妹の美佐も知らない二人だけの秘密。「これからは、なんでも二人だ」。コインの裏表のような、正反対の立場の双子による、波乱万丈の復讐劇が幕を開ける。

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク

竜の道ドラマ最終回ネタバレ予想!


それでは、ドラマの最終回ラストを予想したいと思います~。

 

私はこの小説を読んだことがなかったので、公式サイトの内容からてっきり復讐を行っていている最中に、未完となっているのかと思いました。

 

ですが、読んでみますと、原作の結末は、復讐のためにのし上がっていく途中で、復讐は始まっていませんでした。

 

竜一には、極道の曽根村という後ろ盾がいるのですが、脳梗塞で倒れてしまい、一命はとりとめたものの障害が残りそうな展開です。

 

竜一は竜二よりもかなり冷徹な人物なので、弱っている曽根村さえも利用してのし上がるでしょう。

 

曽根村には、娘の咲がいるのですが、咲は、美容業を営み、広告塔に有名女優などを起用して、会社を大きくしていけるほどのバリバリの女性実業家です。

 

復習のためには、咲も利用しようと結婚することにして、「グローバルTSコーポレーション」を立ち上げて、次々に傘下の企業を増やして昇りつめて行きます。

 

一方の竜二は、妹だった美佐を愛していますが、こちらも復讐のために霧島の社長の娘と結婚します。

 

2人は、全ては復讐のために結婚さえも政略的に行い、いよいよ復讐を決行!というところで、霧島社長に勘づかれてしまうのです。

 

霧島社長は、探偵を使って2人のことを調べ上げます。

 

また、スキャンダルを狙っていたライター(記者?)も、この話を聞きつけて霧島に協力することに。

 

真相を知ったことで、霧島は2人を潰そうとして、妹の美佐を拉致することになるでしょう。

 

ラストはオリジナルの結末となるので、ギリギリまでサスペンスのどんでん返しが続くと予想します。

スポンサーリンク

ドラマ竜の道にネット上の声は?

ドラマ化となった「竜の道」に対するネット上の声を集めてみました~!

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「竜の道【ドラマ】最終回ネタバレ予想!妹の美佐の結末が衝撃な展開へ」と題してドラマの最終回予想をお伝えしました~♬

 

放送を待ちきれない方がいて、既に原作小説を読まれている方もいますね~!

 

未完の小説なので、結末がどうなるのか本当に楽しみです。

 

最終回まで目が離せない展開になること間違いなしですね(*^▽^*)

スポンサーリンク