私の家政夫ナギサさん

宮尾俊太郎は真矢みきの旦那?身長や食事やプレバトの油絵がヤバい!

「私の家政夫ナギサさん」火曜ドラマ

 

2020年4月14日スタート・毎週火曜日夜22:00~/TBSテレビ

 

四ツ原フリコさんの同名原作マンガがもとになった、実写化ドラマ。

 

主人公・相原メイ(あいはら めい)を演じるのは、多部未華子さんです~!

 

主人公のメイがMRとして通う「肥後すこやかクリニック」の医師・肥後菊之助役を演じるのは、バレエダンサーの宮尾俊太郎さんです。

 

今回は、宮尾俊太郎さんの経歴プロフィールについてお伝えします。

スポンサーリンク

宮尾俊太郎プロフィール

・名前:宮尾俊太郎(みやお しゅんたろう)

・生年月日:1984年2月27日(2020年現在、36歳)

・出身地:北海道札幌市

・身長:184cm

・体重:73kg

・血液型:O型

・バレエ以外の活動期間:2008年 –

・所属事務所:熊川哲也 K-BALLET COMPANY

宮尾俊太郎さんが、バレエを始めたのは、14歳の時。

 

バレエって早ければ、3才位から習うことも多いですが、遅まきのスタートなんですね~。

 

それでも、才能を開花された宮尾さんは、北海道有朋高等学校を中退して、17歳でフランスのカンヌ・ロゼラハイタワーに留学します。

 

日本に帰国後の2004年には、熊川哲也さんが率いる「K-BALLET COMPANY OFFICIAL」に入団となります。

 

入団後は頭角を表して、「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「ジゼル」等次々と主演を果たし、2009年9月ファースト・ソリストに昇格しています!

 

まだソリスト昇格の前年である2008年頃より、たかの友梨ビューティーのCMに出演したり、米倉涼子さんのダンスの相手役を務め、一躍脚光を浴びるなど、お茶の間での活躍も見られるようになりました。

 

日本テレビ系列の番組「アナザースカイ」の司会を今田耕司さん、LIZAさんらと初代MCをつとめています。

そして、2010年1月スタートのTBS系ドラマ「ヤマトナデシコ七変化♥」では、森井蘭丸 役として連続ドラマ初出演!

 

その後もいくつかのドラマや映画にも出演するなど、俳優さんとしても演技力を活かして、活動されています。

・ヤマトナデシコ七変化♡ :(2010年) – 森井蘭丸 役

・レジデント〜5人の研修医 第6話:(2012年) – 赤城雄太 役

・新春ドラマスペシャル “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」:(2014年) – 高柳バレエ団・紺野健彦 役(高柳バレエ団の男性ダンサーのエース)

・IQ246〜華麗なる事件簿〜:(2016年) – 山田次郎 役

・下町ロケット:(2018年) – 堀田文郎 役

 

【映画】
・花のあと(東映):(2010年() 江口孫四郎 役

 

宮尾俊太郎さんといえば、絵の才能もスゴイそうで、2019年5月に、人気バラエティ番組『プレバト』で油絵に挑戦しています。

 

その時の作品がコチラです。

もちろん、ランキングは1位で、タイトルは「タオルと椅子とトウシューズ」で、満点でした!

 

「背景とシューズに明暗をつけて立体感を生み出している。」

 

「白を塗り重ねてタオルの質感と立体感を見事に表現している。」

と、大絶賛で、美を表現することにかけては、やはり天才的なんですね。

スポンサーリンク

宮尾俊太郎は真矢みきの旦那の理由や結婚は?

宮尾俊太郎さんのことを調べようと検索していると、どういうわけか、真矢みきさんの名前が出てくるんです。

 

宮尾さんもしかして、真矢さんと結婚してたの?と思いましたが。

 

真矢みきさんは2008年12月に、同じくバレエダンサーの西島数博さんと入籍されていました。

もちろん、宮尾俊太郎さんと真矢みきさんが恋愛関係にあった事実もなく、お相手がバレーダンサーだということで、誤った情報が暴走してしまったようなんですね~。

 

完全な勘違いということで、ご本人たちは、びっくりしたでしょうね。

 

でも確かに、日本の男性バレエダンサーって雰囲気がどの人も似ています!

 

そんな宮尾俊太郎さんが、女優の北川景子さんの元カレだった時期もあったんだとか。

 

2010年公開の映画『花のあと』で共演したことで、お泊まりの目撃情報が報道されていた時期もありました。

 

これだけイケメンだったら、お付き合いに発展してもおかしくないですよね!

 

そんな宮尾俊太郎さんですが、結婚については「絶対ムリ」だとの声があがっています。

 

以前『有吉ゼミ』の番組に、「片付けすぎる男性芸能人」の代表として出演されていたのですが、視聴者がドン引きするくらい、潔癖症だったんですね。

 

結婚ともなると、毎日顔を合わせて過ごすことになるので、お相手の女性も宮尾さん位のキレイ好きでないと務まらないでしょうね^^

スポンサーリンク

宮尾俊太郎の食事がヤバい?

バレエダンサーとして、今もなお華麗な舞いを魅せてくれる、宮尾俊太郎さんですが、やはりこれだけのスタイルを維持するには、食事もかなりストイックなのでは?と調べてみました~。

 

宮尾俊太郎さんは、食事に関しては、デイヴ・アスプリーさんの著書「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」から、参考にされているそうです。

 

デイヴ・アスプリーさんは、バターコーヒーを流行らせた人なんです。

 

著者のアスプリーさんは、140 kg だった体重を50 kg 以上も減量をしたということでも、話題になっています。

 

この本の中に出てくる、「MCT オイル」に含まれる中鎖脂肪酸が、ホルモンを痩せた体重に合わせて調整してくれるんだとか。

 

ココナッツから作られるオイルです。

 

この MCTオイルとグラスフェッドバターか(オーガニックのバター)を加えた完全無欠コーヒーを飲むことで、食事制限などから解放されて、ダイエット同様の効果を得ることができるんです。

 

睡眠中の脂肪燃焼も助けてくれるそうで、宮尾俊太郎さんもこのバターコーヒー飲んでいました。

 

そして他の食べ物としては上質の脂肪分は欠かさずに、アボガドやサーモンを取り入れて、緑黄色野菜をたっぷり食べることがいいそうです。

 

卵もマストで、ポーチドエッグにするか柔らかいゆで卵が良いらしく、この本の中ではそういったことが沢山記述されています。

 

宮尾さんは、数年前に膝を怪我したことがきっかけで、ボディメイクが難しくなり様々なダイエットに挑戦されるうえで、この本を参考にしたんだとか。

 

ケガの後に増えた体重の減量にも成功し、体調も良くなったそうです。

 

シリコンバレー式の食事って侮れないんですね~(^^)

スポンサーリンク

おわりに・・・

 

今回は「宮尾俊太郎は真矢みきの旦那?身長や食事やプレバトの油絵がヤバい!」と題して、宮尾さんのプロフィールをお伝えしました~♬

 

バレエダンサーの方って、男女とも本当にスタイルが良いですね~!

 

今回「わたナギ」のドラマでは、お医者さんの役どころとなりますが、もしかしたら、ドラマの中で、踊ってくれたりするんじゃないかな?なんて思ってます^^

 

それにしても、バレエだけでなく、演技力や、イケメンで、絵の才能もあって、「天は二物を与えず」とかいいますが、宮尾俊太郎さんはいくつ持ってるの??と思うくらい、才能豊かな人ですね!

 

ドラマの演技も楽しみです~^^

スポンサーリンク