BG身辺警護人

BG身辺警護人2(続編)最終回ネタバレ予想!島崎が警備会社を買収?

「BG~身辺警護人~」木曜ドラマ

 

2020年4月スタート・毎週木曜日夜21:00~/テレビ朝日系

 

ボディーガード島崎章(しまざき あきら)を演じるのは、前作と同じく木村拓哉さんです~!

 

他のキャストさんも、ほぼ同じ方々がキャストが出演されますね。

 

今回は、BGドラマの続編ラストについて、最終回結末を予想してみました~!

スポンサーリンク

BG身辺警護人2続編のあらすじは?

前作では、キムタク演じる、島崎章は、民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属していました。

 

組織の一員として任務を全うすることに全身全霊を賭けていた島崎章。

 

続編では「日ノ出警備保障」が買収されることになり、島崎は、大会社の“利益優先”方針に疑問を感じるようになります。

 

警備の基本となる「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、島崎は組織を飛び出すのです。

組織から抜け出して、私設ボディーガードとなった章が、どうクライアントを護っていくのか――。

 

第2章となる今作では、独立した章たちを敵視する組織とのせめぎ合いや、組織に残ることを選択した仲間・菅沼まゆ(菜々緒さん)や沢口正太郎(間宮祥太朗さん)、高梨雅也(斉藤工さん)との関係性を元に、一対一の人間関係が描かれます。

スポンサーリンク

BG身辺警護人最終回ネタバレ予想

シリーズ2では、島崎がボディーガードとして復帰するものの、結局は会社の方針に納得がいかず、「一匹狼」になってしまいます。

 

買収を行った、劉光明(りゅう・こうめい)は金銭絡みの不正を行っており、島崎がフリーとなったことで、不正の秘密が暴かれるのだと思います。

 

不正が明るみになったことで、「日の出警備保障」に、島崎も戻ることになると予想しました。

 

又、今作では、島崎章の家族との関係についても描かれるのではないでしょうか。

 

続編では、さらなる反抗期をむかえてしまっていた、一人息子の瞬くん。

 

最期は、父親の仕事を全うしようとする、懸命な姿を見て、章と同じ仕事に就きたいと告げるのでした。

 

元妻との復縁もあるかもしれません(希望ww)

スポンサーリンク

おわりに・・

今回は「BG身辺警護人2(続編)最終回ネタバレ予想!島崎が警備会社を買収?」と題してお伝えしました~!

 

組織を飛び出した、島崎章と、仲村トオルさん演じる劉光明との対立が続編では、大きくクローズアップされるでしょうね。

 

続編では、落合(江口洋介さん)の出演はナシと言われてるそうですが、もしかしたらサプライズ出演の可能性もあるのではないでしょうか。

 

いずれにしても、4月からの放送に期待が高まりますね~♬

 

スポンサーリンク

BG身辺警護人2あらすじ

 

木村を中心とするおなじみのメンバーに加え、今作には木村と共演歴のある実力派の新キャストも参戦します。

前作で死亡した身辺警護課の前課長・村田五郎(上川隆也)の後任・小俣健三を演じるのは勝村政信。組織に背を向ける章のことも敵視する“組織に追従する男”に扮し、村田のもとでワンチームとなった身辺警護課をかき乱していきます。

また、総合病院の整形外科医で、身辺警護課の契約担当医をしている笠松多佳子を演じるのは市川実日子。命を懸けて任務にあたる章たちボディーガードの数少ない味方、そして癒やしの存在として、心温まる風を吹き込みます。

そして…今作に不穏な空気を呼び込む“最大の敵”として登場するのは仲村トオル。彼が演じる劉光明(りゅう・こうめい)は「日ノ出警備保障」を買収した大会社の社長です。

紳士的な好人物に見えて、実は腹の底に大きな秘密を抱える彼は、組織を出た章たちの前に大きく立ちはだかることに!

『華麗なる一族』(2007年)以来、実に13年ぶりとなる木村との共演で生まれる、新たな化学反応にも注目です。

引用元:公式サイト

スポンサーリンク