話題

三浦部長本日付けで女性になります(NHKドラマ)ネタバレ感想!あらすじ原作もチェック!

三浦部長、本日付けで女性になります。」NHK土曜ドラマ

 

2020年3月21日(土曜日)夜21:00~22:13

 

ムロツヨシさん主演のドラマが、3月に放送されることになりました。

 

このドラマは、実話が描かれた小説を元にしているドラマなんです~。

 

今回は、あらすじネタバレ、キャストや、ドラマを見た感想についてお伝えします~!

スポンサーリンク

三浦部長本日付けで女性になります原作は?

このドラマは、岡部鈴さんの小説『総務部長はトランスジェンダー 父として、女として』が原作となっています。

 

原作では、主人公が、初めて女装をしたことがキッカケとなって、自分の本当の気持ちに気づき、女性として生きていきたい、キレイになりたいと思うようになったことが描かれています。

 

その後、勤めている会社の全社にカミングアウトし、外では女性、家では男性として、生きていくのです。

 

岡部鈴さんは、1963(昭和38)年長崎県生まれで、2020年現在、57歳。

 

岡部さんが本を書こうと思ったのは、いつか息子さんにも読んでもらえたらと思ったからなんだとか。

 

岡部鈴さんは、ご自身が小学6年生の頃に、山口百恵さんに憧れていたのですが、当時は、身も心も百恵さんにようになりたいと思っていたのですが、同時にこの気持ちを誰にも打ち明けることが出来ずに、悩んでいたそうです。

 

当時は、トランスジェンダーやLGBT(性的少数者)についての理解度は、一般的ではありませんでしたね。

 

それにしても、会社の社員に一斉メールでカミングアウトするなんて凄い勇気だと思います。

 

かなりの葛藤があったものの、ちょうど親会社の電通社内でLGBTへの理解を深める
取り組みを知ったことで、告白することに踏み切ったそうです。

 

岡部鈴さんが、会社の方に、温かく迎えてもらえるというのは、周りの理解もありますが、岡部鈴さんご自身の人間性が、素晴らしいのもあると思います。

 

岡部鈴さんは、こんな方です。

スポンサーリンク

三浦部長本日付けで女性になりますあらすじは?

三浦安雄(ムロツヨシさん)は、とある食品会社で総務部長として働いています。

 

ある時、会社の送迎会で、女装することになったのですが、三浦安雄は、これまで味わったことのない感覚を得ることに。

 

それ以降、当初は隠れて女装を続けていた三浦安雄は、トランスジェンダーの先輩である、つばきさん(中村中さん)の影響によって、自身が女性だという事実に目覚めたのでした。

 

メンタルクリニックで「性別違和」と、セクシャリティーについて診断を受けた三浦安雄でしたが、嫁の三浦カオリから理解を得ることは出来ず、女装道具を近所のトランクルームに預けることになります。

 

そんななか、三浦安雄はある日、社内で、自身の秘密を社員にメールで一斉にカミングアウトするという、おどろくべき行動に出ます。

 

こうして、女性の姿で出社することで、あくまでも女性として生きていくこととなった、三浦安雄。

 

しかし社内でも家庭でも、いばらの道が待ち受けているのでした。

スポンサーリンク

三浦部長本日付けで女性になりますキャストは?

「三浦部長、本日付けで女性になります。」に出演されるキャストをご紹介します。

・三浦安雄:ムロツヨシ
食品会社の総務部長、妻と小4の息子がいる

・三浦カオリ:鈴木紗理奈
安雄の妻、ホームセンターのパート従業員

・三浦秀太:大江優成
安雄の息子、サッカースクールに通う

・土方はる子:伊藤沙莉
食品会社の総務部に所属、安雄から相談を受ける

・田代一彦:三宅弘城
安雄の中学時代からの親友

・榊原英二郎:中村育二
管理部門の本部長で安雄の上司、安雄と対立しがち

・つばきさん:中村中
女装バーで出会うトランスジェンダーの先輩

・里中医師:平泉成
精神科クリニックの医院長

・三浦季実子:松金よね子
安雄の母、認知症で老人介護施設に入居

・町岡那美:村上穂乃佳
三浦部長の部下

・岩井七世
・渡辺真起子
・岩谷健司
・前原滉
・ミッツ・マングローブ
・山田キヌヲ
・夙川アトム
・鈴木慶一
・大鷹明良

スポンサーリンク

三浦部長本日付けで女性になりますドラマを見た感想

 

ドラマの予告で、ムロさんのとっても自然な女装姿(カワイイとさえ思ってしまった^^)を見てから興味を持ち、昨日寝不足だったこともあって、寝落ちしたところもありながら、見ることが出来ました。

 

「性別違和」という、診断を受けることがあるんですね。

 

男女逆転という、生まれについての違和感というものが、私自身や周囲にいないので、正直そんな人もいるのね、、レベルでしか見れないのですが、NHKがこういうドラマを作るようになる時代なんだなあ、感慨深いものがあります。

 

昭和の時代だったら、明らかにキワモノ扱いでしたもんね。

 

そういう意味では、今は良い時代ですよね、以前よりは生きやすくなってるし、これからも理解は深まるでしょう。

 

私個人では、仕事をこなされてたら、別に女装しようが、男装しようがという意見です^^

 

ただ1時間の単発ドラマでは、ちょっとまとめすぎかな~!

 

2週(前編・後編)に分けて、もっとこういう方たちへの理解が深まるような内容にしてもらえたらいいのになあ、と思いました。

 

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「三浦部長本日付けで女性になります(NHKドラマ)ネタバレ感想!あらすじ原作もチェック!」と題してお伝えしました~♬

 

私は、ムロツヨシさんの演じる姿は、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の豪商・瀬戸方久(せとほうきゅう)や、現在放送中の「病室で念仏を唱えないでください」の濱田医師の2つしか見てないので、あまり偉そうに言えないですが(^^;)

 

なんかついつい、見ちゃうんですよね~、もちろん演技力があるからなんでしょうけど、不思議な魅力を持った俳優さんだと思います。

 

もちろんムロツヨシさんだけでなく、他のキャストさんたちの演技も楽しみです!

 

NHKって、最近こういった内容のドラマ、結構攻めてますね^^

スポンサーリンク