探偵・由利麟太郎

【探偵・由利麟太郎】ドラマを見逃がしたら再放送は?動画配信を無料で見る方法!

「探偵・由利麟太郎」火9ドラマ

 

2020年6月16日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ/フジテレビ系

 

横溝正史さんの小説が原作で、吉川晃司さんが地上波初主演となります。

 

今回は「探偵・由利麟太郎」の見逃し動画を、視聴できるサービスを紹介します!

 

探偵・由利麟太郎の動画を無料で今すぐ見たい方はこちら▼

FODプレミアムで今すぐ無料視聴する!

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り14日間無料

紹介している作品は2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあります。

 

スポンサーリンク

見逃し動画を無料で見る方法は?

「探偵・由利麟太郎」の見逃し動画は、次の方法で無料視聴が可能の予定です。

 

見逃し配信は「TVer(ティーバー)」「GYAO」「カンテレドーガ」で見ることができます。

 

ですが、配信期間が一週間しかないんですよね。

 

一週間ってあっという間で、忙しくて見れない時もあるでしょう。

 

それと無料なので、1話を最後まで見るのに、3回ぐらい30秒程の広告CMが流れてきます。

 

なので、サクッと見れないのは意外にストレスです!

 

FODプレミアムなら、全話配信されますので、いつでも見れますよ~!

 

FODプレミアムはCMが入らないで見れるし好きな場所でいつでも見られます。

 

\Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り14日間無料/

 

→FODプレミアムに無料登録はこちら

スポンサーリンク

FODプレミアムとは?

FODプレミアムの特徴を簡単に説明します!

 

FODプレミアムは月額888円(税込959円)で、動画を楽しむだけでなく、

 

雑誌も読み放題で読むことが出来ます。

  • フジテレビ系のドラマや独占見放題の作品が合計約22,000本
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 電子書籍(その都度購入)が利用できる
  • 毎月1300ポイント(1300円相当)をもらうことができる

雑誌に関しては追加料金ナシです!

 

動画は見放題作品とポイント使用(課金)作品があります。

 

1話ごとのポイント使用(課金)作品と、1500ポイントが必要な見放題作品です。

 

FODプレミアムは動画配信サービスが初めての人でも使いやすい仕様になっています!

 

FODプレミアムには14日間の無料お試し期間があります。

 

※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り2週間は無料

 

無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりません!

 

私も登録→解約の流れを体験してみました。

 

本当にお金は一切かかりませんでした。

 

無料で2週間もお試し出来るので、じっくり試せます!

 

雑誌を買ったり、ビデオレンタルしたら1,000円じゃ収まらないと思います。

 

FODは限定のオリジナルドラマもあるので、<月額888円(税込959円)はお得ですよ~!

 

⇒フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

おわりに・・・

今回は「【探偵・由利麟太郎】ドラマを見逃がしたら再放送は?動画配信を無料で見る方法!」と題してお伝えしました~♬

 

●放送後1週間は「TVer」「GYAO」「カンテレドーガ」で無料試聴ができます!

・TVer公式サイト

・GYAO

・カンテレドーガ

 

デイリーモーションなどの無料で利用できるサイトは、違法アップロードされた動画のことはニュースでも問題として取り上げられています。

 

FODプレミアムでは安心して動画を楽しめるだけでなく、14日間の無料お試し期間があったり、雑誌が読み放題だったり特典もたくさんあります。

 

無料期間中は1円もかかりませんので、ぜひFODプレミアムを試してみてくださいね!

 

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

紹介している作品は2020年6月時点の情報です。

 

現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

【探偵・由利麟太郎】ドラマあらすじ

横溝正史の「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化した本作。

京都を舞台に、元警視庁捜査一課長の探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助とコンビを組んで怪事件を推理していくさまが描かれる。

 

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。

 

頭脳明晰(めいせき)で「警視庁にその人あり」と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。

 

現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。

また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

 

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。

 

「挑戦状だ!」と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。

 

中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造(中村育二)の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。

 

瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。

 

そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一(長田成哉)の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。

さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。

 

由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり——。

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク