探偵・由利麟太郎

【探偵由利麟太郎】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!吉川晃司が志尊淳に救われる?

「探偵・由利麟太郎」火曜ドラマ

 

2020年6月16日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ・フジテレビ系

 

横溝正史さんの小説により、実写化となるドラマ。

 

主演を演じるのは、吉川晃司さんで、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリーです。

 

志尊淳さんが、相棒をつとめるのも話題です。

 

今回は「探偵・由利麟太郎」ドラマの最終回をネタバレ予想してみました。

 

スポンサーリンク

【探偵・由利麟太郎】ドラマのあらすじは?

 

吉川晃司さんが主演を務めるドラマ『探偵 由利麟太郎』は、横溝正史さんの小説「蝶々殺人事件」を中心となっています。

 

終戦後、三津木俊助は、探偵小説の構想を決められず、由利麟太郎の家へとやってきました。

 

そこで、由利から助言をもらった三津木は、かつて二人が関わった「蝶々殺人事件」を題材にした小説を書き始めます。

 

ドラマの第1話では、元捜査一課長で、現在は探偵の由利麟太郎(吉川晃司さん)とミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳さん)のもとに、“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届きます。

 

遺伝子研究者・日下瑛造の養女・日下瑠璃子(新川優愛さん)が全身を縛られて、血を流した状態で発見されるという、何とも言えない場面から始まります。

 

スポンサーリンク

【探偵・由利麟太郎】原作は横溝正史の小説!

「探偵・由利麟太郎」の原作者は、昭和を代表するミステリー作家・横溝正史さんです。

 

「犬神家の一族」、「八つ墓村」など、名探偵・金田一耕助シリーズの生みの親として、根強いファンがいるんですよね。

 

ですが、横溝正史さんは、金田一シリーズよりも前に、「由利麟太郎」という名探偵を誕生させていたことは、あまり知られていないんです。

 

知る人ぞ知る、といってもいい小説です!

 

今回のドラマでは、その妖艶な世界観をホラーミステリーとして映像化しています。

 

名探偵の謎解き推理ショーとともに、最後までドラマを楽しむことが出来そうです。

 

スポンサーリンク

【探偵由利麟太郎】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!吉川晃司が志尊淳に救われる?

由利麟太郎(吉川晃司さん)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。

 

頭脳明晰で“警視庁にその人あり”と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。

 

現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。

 

また、由利を“先生”と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っていくのです。

 

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届きます。

 

由利麟太郎は、このように全5話全て、予告メールを元に事件を解決していく、となっていくでしょう。

 

カギとなるのは、志尊淳さん演じる三津木。

 

三津木が由利探偵の危機を救うことになると思います。

スポンサーリンク

ドラマの決定にSNS上の反応は?

「探偵・由利麟太郎」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

スポンサーリンク

おわりに・・・

今回は「【探偵由利麟太郎】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!吉川晃司が犯人だった?」と題して、ドラマの最終回を予想してみました~♬

 

吉川晃司さんと志尊淳さんの組合せって、今までになかった組み合わせですね。

 

お二人のバディぶりを今から期待しています。

 

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになるでしょう。

 

6月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

スポンサーリンク