探偵・由利麟太郎

【見逃し動画】由利麟太郎2話を広告なしフル配信を無料で見る方法!吉川晃司・志尊淳・あらすじは?

「探偵・由利麟太郎」火9ドラマ

 

2020年6月16日スタート・毎週火曜日夜21:00~/カンテレ/フジテレビ系

 

横溝正史さんの小説が原作で、吉川晃司さんが地上波初主演となります。

 

今回は、ドラマ「探偵・由利麟太郎」の2話を広告なしフル配信を無料で見る方法をお伝えしますね!

 

探偵・由利麟太郎の動画・2話を無料で今すぐ見たい方はこちら▼

FODプレミアムで今すぐ無料視聴する!

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り14日間無料

紹介している作品は2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあります。

 

スポンサーリンク

【見逃し動画】由利麟太郎2話を広告なしフル配信を無料で見る方法とは?

「探偵・由利麟太郎」の見逃し動画は、次の方法で無料で見れることが可能です。

 

見逃し配信は「TVer(ティーバー)」「GYAO」「カンテレドーガ」で見ることができます。

 

ですが、配信期間が一週間なんです。

 

一週間ってあっという間で、忙しくて見れない時もあるでしょう。

 

それと無料なので、1話を最後まで見るあいだに、3回ぐらい30秒程の広告CMが強制的に流れてきます。

 

なので、サクッと見れないのは意外にストレスです!

 

FODプレミアムなら、全話配信されますので、いつでも見れますよ~!

 

FODプレミアムはCMが入らないで見れるし好きな場所でいつでも見られます。

 

\Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り14日間無料/

 

探偵・由利麟太郎の動画・2話を無料で今すぐ見たい方はこちら▼

FODプレミアムで今すぐ無料視聴する!

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り14日間無料

スポンサーリンク

FODプレミアムとは?

FODプレミアムの特徴を簡単に説明します!

 

FODプレミアムは月額888円(税込959円)で、動画を楽しむだけでなく、

 

雑誌も読み放題で読むことが出来ます。

  • フジテレビ系のドラマや独占見放題の作品が合計約22,000本
  • 100誌以上の雑誌が読み放題
  • 電子書籍(その都度購入)が利用できる
  • 毎月1300ポイント(1300円相当)をもらうことができる

雑誌に関しては追加料金はありません。

 

動画は見放題作品とポイント使用(課金)作品があります。

 

1話ごとのポイント使用(課金)作品と、1,500ポイントが必要な見放題作品です。

 

FODプレミアムは動画配信サービスが初めての人でも使いやすい仕様になっています!

 

FODプレミアムには14日間の無料お試し期間があります。

 

※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り2週間は無料

 

無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりません!

 

私も登録→解約の流れを体験してみました。

 

本当にお金は一切かかりませんでした。

 

無料で2週間もお試し出来るので、じっくり試せます!

 

雑誌を買ったり、ビデオレンタルしたら1,000円じゃ収まらないと思います。

 

FODは限定のオリジナルドラマもあるので、<月額888円(税込959円)はお得ですよ~!

 

⇒フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

おわりに・・・

今回は「【見逃し動画】由利麟太郎2話を広告なしフル配信を無料で見る方法!吉川晃司・志尊淳・あらすじは?」と題してお伝えしました~♬

 

●放送後1週間は「TVer」「GYAO」「カンテレドーガ」で無料試聴ができます!

・TVer公式サイト

・GYAO

・カンテレドーガ

 

デイリーモーションなどの無料で利用できるサイトは、違法アップロードされた動画のことはニュースでも問題として取り上げられています。

 

FODプレミアムでは安心して動画を楽しめるだけでなく、14日間の無料お試し期間があったり、雑誌が読み放題だったり特典もたくさんあります。

 

無料期間中は1円もかかりませんので、ぜひFODプレミアムを試してみてくださいね!

 

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

紹介している作品は2020年6月時点の情報です。

 

現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

【探偵・由利麟太郎】ドラマ第2話のあらすじ

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろえたいの知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。

 

心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

 

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する

 

井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

 

真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。さらに翌日には、美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。

やはりエマの幻覚だったのか――そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される…。

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク