35歳の少女

【35歳の少女】ドラマの主題歌や音楽は誰で発売日は?あらすじキャスト原作もチェック!

「35歳の少女」新土曜ドラマ

 

2020年月10日スタート・毎週土曜日夜22:00~/日本テレビ系

 

主人公・今村望美(いまむら のぞみ)を演じるのは、柴咲コウさんです~!

 

心は10歳だが体は35歳の女性を演じるんだとか。

 

遊川和彦さんのオリジナル脚本による連ドラは、2019年の「同期のサクラ」以来になります。

 

今回は、「35歳の少女」の主題歌や・音楽・挿入歌や、あらすじ・キャスト・原作について、まとめてみました。

スポンサーリンク

35歳の少女【ドラマ】主題歌は誰?発売日は?

 

「35歳の少女」の主題歌については、今のところ詳細は正式に発表されていません。

 

なので、新しい情報が入り次第、随時アップしていきますね~!

 

ドラマ主題歌・挿入歌に起用されるものは、大抵はドラマ内容に沿った楽曲が書き下ろされます。

 

アーティストにとって主題歌となれば、印象が浸透するぐらいインパクトを与えます!

 

オープニングで流れてくるテーマ曲・BGM(サウンドトラック)は、ドラマ内容によって雰囲気が位置付けられるほど、大事な要素があります。

 

それほど、音楽はドラマにとって、なくてはならない存在ですね。

 

音楽はその状況によって180度変えてしまう程、重要です。

スポンサーリンク

35歳の少女【ドラマ】音楽の担当は?

 

「35歳の少女」の音楽ですが、こちらも今のところ、具体的には決定していません。

 

何か詳細が判明しだい、情報を追記していきます!

 

ドラマで主演をつとめる柴咲コウさんといえば、実は、歌手として2002年にデビューしています。

 

そして、翌年の2003年に、RUI(ルイ)の名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題

歌「月のしずく」。

この主題歌が100万枚(ミリオン)を超える大ヒット曲となり、オリコンチャートでは最高位1位、年間チャートでも5位を記録するなど、歌手としても大活躍されてきました。

 

 

いっそのこと、柴咲コウさんが、主題歌や挿入歌を歌ってくれないかなあ、と個人的には希望しています。

 

ちなみに、ネット上の反応などを見ていますと、こんな意見が出ています(‘ ∇‘ )

最近のドラマは男性歌手や、グループが担当していることも多いです。

 

又、ジャニーズの方々が出演されると、主題歌を担当することが多いですね。

 

いずれにしても、ドラマのイメージが浮かんでくるような、主題歌・音楽に決まってほしいです(=^▽^=)

スポンサーリンク

おわりに・・・

 

今回は「【35歳の少女】ドラマの主題歌や音楽は誰で発売日は?あらすじキャスト原作もチェック!」と題してお伝えしました~♬

 

主演が決まった、姉となる柴咲コウさん、妹の橋本愛さんのお二人は、早くも仲良さそうな姉妹に見えてきてますね~!

 

といいつつも、遊川和彦さんの脚本ですから、最後までどういうストーリーになるかは想像の域を超えそうな気はします(^^;)

 

ドラマの魅力が上手く伝わってくるような曲に決まるといいですね~\( ̄ー ̄)/

 

スポンサーリンク

35歳の少女【ドラマ】あらすじ

 

 

1995年。

不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女

家族は、バラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。

ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。

そして、2020年。

心は10歳、だけど体は35歳。

25年ぶりに少女が目覚めた!

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長物語。

引用元:公式サイト

 

スポンサーリンク