35歳の少女

35歳の少女【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!望美はあのモデルと同じ運命へ?

「35歳の少女」新土曜ドラマ

 

2020年月10日スタート・毎週土曜日夜22:00~/日本テレビ系

 

主人公・時岡望美(ときおか のぞみ)を演じるのは、柴咲コウさんです~!

 

25年の眠りから覚めた心は10歳だが体は35歳の女性を演じています。

 

遊川和彦さんのオリジナル脚本による連ドラは、2019年の「同期のサクラ」以来になります。

 

今回は、35歳の少女【ドラマ】の最終回結末をネタバレ予想してみました!

 


【35歳の少女】ドラマの原作は?

 

ドラマ「35歳の少女」は、漫画や小説の原作はありません。

 

遊川和彦さんの(ゆかわ かずひこ)さんのオリジナル脚本が原作となっています。

 

遊川和彦さんといえば、これまでに松嶋菜々子さん主演の「家政婦のミタ」や、高畑充希さんの「過保護のカホコ」といった、人気ドラマを手掛けてきました。

 

最近では、2019年に放送された、高畑充希さん主演の「同期のサクラ」も話題になりましたね。

 

同枠では前番組『未満警察ミッドナイトランナー』からは、全く違った内容のドラマになります。

 

1995年。

不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女

家族は、バラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。

ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。

そして、2020年。

心は10歳、だけど体は35歳。

25年ぶりに少女が目覚めた!

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長物語。

引用元:公式サイト

 

35歳の少女【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!望美はあのモデルと同じ運命へ?

 

 

それでは、35歳の少女のドラマの最終回をネタバレ予想してみたいと思います。

 

遊川和彦さんのドラマといえば、『家政婦のミタ』や『同期のサクラ』のような毎回、平凡な終わり方にはなっていません。

 

間違いなく、衝撃的な内容となるでしょう

 

そして、時代に合った問題を盛り込んで、メッセージ性の高いドラマでもあります。

 

このドラマはまだ明らかになっていない部分が多いですが、時岡望美(ときおか のぞみ)(柴咲コウさん)が何故不慮の事故に遭って10歳の知能になってしまったのか?だと思います。

 

望美の父・進次(田中哲司さん)は、望美の事故をきっかけに離婚となり、後に再婚します。

 

この事故がどうして起きてしまったか?

 

単なる事故ではなかった、、という可能性もあります。

 

今のところ考えたのが、坂口健太郎さん演じる結人が実は時岡望美の事故のキッカケを作った張本人なのではないでしょうか。

 

物語の舞台は、望美が10歳だった頃の1995年と35歳になった2020年ですので、25年の長い年月と絡めてどう展開していくのか?となるでしょう。

 

実際に結末がどうなるのか、楽しみにしたいところですが、あの遊川さんの脚本なので、ハッピーエンドで終わらない可能性は十分にあり得ると思います。

 

ドラマの決定にSNS上の反応は?

 

「35歳の少女」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

 

おわりに・・・

 

今回は「35歳の少女【ドラマ】最終回結末ネタバレ予想!望美はあのモデルと同じ運命へ?」と題して、まとめてみました~♬

 

このところ、日テレの土曜ドラマでは、「未満警察」や「トップナイフ」と言った、ジャンルを問わない物語が登場していますね。

 

個人的には、柴咲コウさんと橋本愛さんという、美しすぎる姉妹の登場が今から期待しています。

 

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそうですね~。

 

10月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

error: Content is protected !!