監察医朝顔2

監察医朝顔2ドラマの相関図やキャストは?あらすじ原作もチェック!

「監察医朝顔2」

 

2020年11月2日スタート・毎週月曜日夜21:00~/フジテレビ月9ドラマ

 

2019年7月に放送された「監察医朝顔」の続編が放送されることになりました。

 

香川まさひとさんの、同名タイトル漫画が原作となる、今回のドラマ。

 

万木ファミリーの、暖かい家族の日常ドラマが帰ってきますね~!

 

今回は、監察医朝顔2のドラマについて、相関図・キャスト・あらすじ・原作などをお伝えします。

 

スポンサーリンク

【監察医朝顔2】ドラマのあらすじ原作は?

 

監察医朝顔2のドラマのは、香川まさひとさんの、同名タイトル漫画が原作となっています。

 

ドラマ化にあたっては、原作通りのストーリーを踏まえつつ、東日本大震災によって母を失った朝顔の行き場のない悲しみ、それを埋めるかのように肩を寄せ合う父と娘の姿、恋人との結婚や娘の出産といった家族が少しづつ悲しみを乗り越える姿が描かれた作品となっています。

 

前作で、朝顔の悲しみが完全に消えることはありませんでした。

 

ですが、最終回では、母の実家、そしてその母が被災した東北の海辺の町を、前向きな気持ちで受け入れるところで終わっていました。

 

今回の続編となる『監察医 朝顔2』は、前作からの翌年が舞台となります。

 

変わらない日常を過ごす朝顔たち万木家ですが、あることがきっかけで朝顔は平の代わりに東北へ母の遺体と“生きた証”を探しに行くことになる、となっています。

 

今作も、各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、東日本大震災と母の死に朝顔がより深く向き合っていく物語です。

 

 

スポンサーリンク

【監察医朝顔2】キャストや相関図は?

 

 

(相関図については、公式で発表され次第、更新していきます~♬)

 

主な登場人物を、ご紹介します^^

万木朝顔(まきあさがお):上野樹里さん

 

神奈川県・興雲大学の法医学教室に勤務する、新米法医学者。

 

優秀な技量と豊富な知識を併せ持ち、新米でありながらも、周囲から一目置かれている。

 

実直で、愛情深い優しい女性。

 

母を東北大震災で亡くし、その遺体が見つかつていないことから、癒しようのない悲しみを抱えている。

 

そのため、法医学者として「遺体を死因のわからない不詳の死には、絶対にさせない。」という揺るぎない信念を持っている。

 

遺体の「生きた証」を見つけるために、時には法医学者の範疇を超えて現場に出向いてしまうことも。

 

万木平(まきたいら):時任三郎さん

 

長年に渡って、捜査畑を歩んできた、ベテラン刑事。

 

真面目で堅物と言ってもいい性格。

 

娘の朝顔と同じく、遺体の「生きた証」を見つけてあげたいという思いは強い。

 

わずかでも手掛かりになる可能性があれば、どんな些細なことでも調べ上げようとする。

 

朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署の捜査係に異動となる。

 

朝顔とは父としてだけでなく仕事相手としても、心強い存在。

 

時間を見つけては、東北に向かい、妻の遺体を探し続けている。

 

スポンサーリンク

ドラマの決定にSNS上の反応は?

 

「監察医朝顔2」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

 

スポンサーリンク

おわりに・・・

 

今回は「監察医朝顔2ドラマの相関図やキャストは?あらすじ原作もチェック!」と題してお伝えしました~♬

 

シーズン2では、上野樹里さん演じる、朝顔や、万木ファミリーだけでなく、他のキャストさんも続投となるんですよね~!

 

個人的には、上野樹里さんの何とも言えない深い演技力をリアルタイムで楽しめるとおもうと、今からワクワクしています~\(^▽^)/

 

11月からのドラマも、期待出来そうですね~!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク