ニュース

井上浩一(あきる野市立増戸小学校)顔画像!上履き隠し動機は嫌がらせ

2020年10月15日に勤務先の小学校の生徒の上履きを隠したとして器物損壊の容疑で逮捕されたのは、東京都あきる野市立増戸小学校男性教師の井上浩一(いのうえ こういち)容疑者です。

 

井上浩一容疑者は今回の事件の動機・理由として、増戸小学校の他の教員が仕事をさぼっていることに腹がたって嫌がらせのために学校生徒の持ち物を隠していたことが判明しました。

 

なおこの記事では井上浩一容疑者の画像やプロフィール、事件の概要などを関係者の証言を交えまとめています。情報については随時追記・更新されます。

 


井上浩一の顔画像(東京都あきるの市立増戸小学校教師)

 

「評判よい先生」として勤務先の小学校で児童の上履きを隠した疑いで逮捕された井上浩一の顔画像です。井上容疑者は現在38歳ですが、細身体形で茶髪姿でイケメンの先生としても慕われていました。

 

 

井上浩一容疑者について、38歳ということでSNSの利用をしていた可能性が高いと判断してフェイスブック(Facebook)やツイッター(Twitter)の特定を試みていますが今のところ確定できるアカウントはまだ見つかっておりません。

 

フェイスブックにおいては、「井上浩一」の同姓同名アカウントは100件以上出てきましたし、ツイッターも同じく同姓同名が複数あるものの本人に該当するような書き込みはなかったので特定には至っていません。

 

井上浩一(あきる野市増戸小学校教論)プロフィール

 

生徒の上履きを隠したり落書きをするなどの器物損壊行為により逮捕されたあきるの市立増戸小学校の教師・井上浩一容疑者。井上浩一容疑者のプロフィールは以下の通りです。

 

・名前:井上浩一(いのうえ こういち)

・生年月日:1982年生まれ

・年齢:逮捕時38歳

・居住地:東京都日野市程久保8丁目

・職業:教師(あきるの市立増戸小学校の6年生担当)

・大学卒業後の15年間は、都内の私立小学校4校で勤務。2017年4月に増戸小に赴任しました。

 

井上浩一容疑者の居住地の地図や画像はコチラになります。

 

 

 

井上浩一(あきるの市立増戸小学校の教師)器物損壊事件の概要

 

生徒の上履きを隠したり落書きをするなどの器物損壊行為により逮捕されたあきるの市立増戸小学校の教師・井上浩一容疑者。井上浩一容疑者が起こした事件の概要は以下の通りです。

 

  • 井上浩一容疑者は9月26日に逮捕されているが、2020年10月15日、警視庁五日市署に「器物損壊」の容疑で再逮捕された。
  • 井上浩一容疑者は2019年5月から2020年6月にかけて生徒の持ち物を隠したりなどした疑いがもたれている。再逮捕については、下駄箱にあった生徒の上履き3つを自身のロッカーに隠していたことが判明した。
  • 東京都あきるの市立増戸小学校では3年前からリコーダーなどの紛失や生徒の持ち物への落書き被害が約100件も発生。これらの事件についても井上浩一容疑者が関与しているとして警察が慎重に捜査を進めている。
  • 警視庁五日書はあきる野市立増戸小学校から相談を受け、防犯カメラ映像などから浮かんだ井上浩一容疑者を9月26日に器物損壊容疑で逮捕していた。
  • 警察関係者からの情報によると井上浩一容疑者は当初は「身に覚えがありません。」と当容疑を否認。
  • しかし、その後「自分ばかりが朝早く登校し、他の教師は仕事をしていない。」「憂さ晴らしにやってしまった。」などと容疑を認め、増戸小学校の他の教師に対する不満を警察に話していることが分かっています。
  • 井上浩一容疑者は生徒の防災ずきんにペンで「しね」と書いたり、絵の具セットに「きしょいきみ」などと書いて9月に逮捕され、今月10月に再逮捕となっている。

 

井上浩一「早朝出勤で生徒の持ち物を嫌がらせし、表面は熱心な先生の印象づけ」

 

 

井上浩一容疑者は大学卒業後、都内の私立小学校4校で勤務を経て、2017年4月に増戸小に赴任しています。今回の事件を受けて、井上容疑者が赴任してきてからの3年間で落書きや紛失被害が100件もあったことが判明するなど、表と裏の顔が明るみなっています。

 

井上浩一容疑者は増戸小学校に赴任してからは、毎日午前5時台に出勤しており、誰よりも早く学校に来て「仕事」をしていました。小学校教師の仕事は以前にも増して精神的にも肉体的にもハードな仕事なので、時間外でも働かなければならない場面もあるでしょう。

 

周囲の先生たちからは「毎朝早くに出勤して頑張ってるな。」と思われており、生徒たちからも「信頼できる先生」として人気がありましたが、実際は目的は別にあったということです。誰もいない早朝に出勤しては「今日はだれの嫌がらせをしようかな??」と計画して面白がっていたのではないかと思いたくなります。

 

また、井上浩一容疑者の担任するクラスは被害に遭っていなかったという報道もされており、自分のクラスは「嫌がらせもなくイジメもない。」イコール担任が優秀だからというイメージを児童、教師ともに知らしめることにして自分の印象を良くするために必死で、クラス外への児童への嫌がらせを考えていたのでしょう。

 

井上浩一容疑者については、今後も詳細が分かり次第随時更新していきます。

 

error: Content is protected !!