ニュース

古川賀子(ふるかわかこ)さん兵庫女子大生死亡Facebook特定!巻き添え大阪HEP梅田

大阪市北区梅田駅近く商業施設「HEPFIVE(ヘップファイブ)」で2020年10月23日、大阪府立高校の男子生徒17歳が10回の屋上から飛び降りて転落死亡、巻き添えとなり意識不明だった女子大生の古川賀子(ふるかわかこ)さんが搬送先の病院で死亡しました。

 

警察は飛び降りた男子高校生について殺人罪を視野に入れ捜査中です。

 

古川賀子さんの顔画像がFacebook、自殺は殺人事件となるのか損害賠償は発生するのかなどを調べました。

 

続きます・・・

 


巻き添え女子学生古川賀子(ふるかわかこ)さんについて

 

 

 

大阪市梅田の商業施設HEPの屋上から17歳男子高校生が飛び降り自殺した際に、地上の落下地点で巻き添えにあった10代の女子大生が意識不明の重体になっていましたが、24日死亡が確認されました。

 

 

また報道により亡くなった女子学生の名前も「古川賀子さん」との発表がされています。

 

・名前:古川賀子(ふるかわ かこ)
・年齢:19歳
・職業:大学生2年生
・住所:兵庫県加古川市内
・状態:背中付近を直撃、意識不明の重体のち死亡

 

古川賀子さんは現在大学2年生ということと加古川市内に住所があることから、加古川市にある大学を調べますと「兵庫大学」「兵庫大学短期大学部」の2つの学校がありました。

 

もし古川賀子さんが住所と同じ加古川市内の大学に通っているとするなら2つの学校のどちらかに通っていることになります。

 

・兵庫大学

・住所:兵庫県加古川市平岡町新在家2301
・アクセス:JR「東加古川」駅から徒歩 12分

 

兵庫大学は都市部から離れていて勉学の環境には充分な場所にあります。

 

 

兵庫大学短期大学部も、兵庫大学と同じ敷地内にあります。

 

 

・兵庫大学短期大学部

・住所:兵庫県加古川市平岡町新在家2301
・アクセス:JR「東加古川」駅から徒歩 12分

 

古川賀子さんは知人の女性と施設の出入り口付近を歩いていたと気に巻き込まれており、事故後一緒に歩いていた知人の女性が狂ったように泣き叫ぶ様子が周囲で目撃されネットに書き込まれていました。

 

 

大学生活も順調に過ごしていたと思われる古川賀子さん、彼女には助かってほしいと願う周囲の思いも叶うことが出来ず、無念でなりません。

 

 

古川賀子さんFacebook顔画像を特定

 

 

 

大阪市梅田の商業施設HEP梅田で起きた男子高生の飛び降り転落死、巻き添えにあってしまい意識不明の状態から、死亡した古川賀子(ふるかわかこ)さんの顔画像は、現在メディアでの公表はされていません。

 

 

Facebook(フェイスブック)では古川賀子(ふるかわ かこ)さんと同姓同名のアカウントがいくつかありました。古川賀子さんと思われる人物のページを見つけることが出来、顔画像がありましたが現在本人なのか不明なので現時点では、詳しい掲載を控えさせていただきます。

 

アカウントでは友人が1人しかいませんが、その友人のプロフィールには兵庫県姫路市にある日ノ本学園高等学校在学と兵庫県加古川市の出身在住と書かれています。

 

 

顔画像が発表されましたら随時追記していきます。

 

【追記】

 

Facebook(フェイスブック)で古川賀子さんと思われる人物の画像が情報提供によりモデルの田中芽衣さん(めいめろ)であることが判明しました。

 

 

古川賀子さんは田中芽衣さんに憧れていたのか、もしくは似ていると言われていたことから田中芽衣さんの画像を使った可能性もあります。

 

 

女子大生ということで年頃の女の子ならば似ていると言われた奇麗でカワイイ芸能人をアイコンにしたりすることがあります。もし本当に似ているとすれば、大人しい雰囲気で清楚でカワイイ美人だったのではないでしょうか。

 

 

古川賀子さんのSNS!Twitter(ツイッター)は?

 

Facebookには古川賀子(ふるかわ かこ)さんと同姓同名のアカウントがいくつか見つかっています。

 

ページの情報からは本人と断定とすることが出来ませんでしたので、当ブログへの掲載は現在控えております。

 

古川賀子さんのフェイスブックは現在友人が1人いて、その友人は玉垣萌さんで、玉垣萌さんのプロフィールには兵庫県姫路市にある日ノ本学園高等学校在学と兵庫県加古川市出身・在住と書かれています。

 

 

玉垣萌さんはスポーツ紙のインタビューに答えていることが分かりました。この内容からこのFacebookは古川賀子さんのものであると断定できます。

 

古川賀子さんは、動物好きで優しく温厚な性格でした。

「成人式で会えると思っていたのに」(小中学校の同級生)と涙を流した。

加古川市の大学2年玉垣萌さん(20)は、小学6年のときに同じクラスになって仲良くなり、同じ中学に進学しています。

面倒見がよく、恋愛相談もほぼ聞き役専門だったのによくアドバイスをしてくれた。一方、少しおっちょこちょいなところも見られ、妹に「何しとん」と怒られていたこともあった。

 

当時は「嵐」の櫻井翔さんのファンで、嵐の話をするときのうれしそうな姿が今も目に焼き付いている。

「巻き込まれる形で亡くなって、予想もしないことだったのですごくつらい。もっと連絡を取ればよかった。」と苦しい胸の内を明かした。

 

引用元:日刊スポーツ

 

また古川賀子さんのFacebookはここ最近はほとんど更新されておらず、大学生ということもありフェイスブックの他にもSNS媒体のインスタグラムやツイッターがあるかどうか探してみました。

 

古川賀子さんのものと思われるインスタグラム(Instagram)は、SNSは利用しているのではないかと推測できるために調査してみるとローマ字記載で同姓同名の方のアカウントがあることが分かりました。

 

 

 

 

続いて「古川賀子」さんでのツイッターも探してみましたが、検索結果では古川賀子さんのものと特定できるページは見つけることが出来ませんでした。SNS上では本名のフルネーム、漢字で利用する人は少ないですので何かニックネームなどで登録があるのではないかと思い調べてみたのですが、今のところ明確なアカウントを捜し出すことが出来ていません。

 

こちらでも特定でき次第随時追記したいと思います。

 

古川賀子さん伊野尾慧坦のジャニオタ?

 

古川賀子さんと思われるFacebookのトップ画像にはHey! Say! JUMPグループの写真があり、Hey! Say! JUMP メンバーの伊野尾慧(いのおけい)さんにだけハートの加工がされています。

 

 

古川賀子さんは、伊野尾慧(いのおけい)さんファンではあると思いますがFacebook上ではファン活動は確認できておらず、もしかするとそこまでジャニヲタとしての活動をしていなかったか、もしくは他のSNS(インスタグラム、ツイッター)でジャニーズファン(ジャニヲタ)として活動していた可能性が考えられます。

 

しかしもしこのFacebookアカウントが本当に古川賀子さんのものであったとしたら、普通に同世代と一緒に好きなものや楽しめるものを持ち、事件があった当日も楽しく友達と大阪に買い物に来ただけの普通の大学生の何気ない日常としてこの日を過ごしていることになるはずでした。

 

古川賀子さん年頃の女の子なので、ジャニーズが好きなだけでなく彼氏や好きな人もいたかもしれません、それを思うと身勝手な男子高校生が何も考えずに飛び降り自殺した巻き添えによって、何の落ち度もない古川賀子さんが突然亡くなったことでどれだけ周囲の人は悲しんでいることでしょうか。

 

 

大阪梅田HEP飛び降り、女子大生死亡までの経緯

 

10月23日の時点ではHEP梅田の男子高校生飛び降りで巻き添えとなった女子大生は意識不明の重体となっていました。

 

10月23日、大阪・梅田の商業施設から男子高校生が飛び降り、路上を歩いていた19歳の女性にぶつかりました。男子生徒はその後死亡し、女性は意識不明の重体です。

10月23日午後6時前、大阪市北区の商業施設「HEP FIVE」で、「路上に2人が倒れている」と消防に通報がありました。警察によりますと、大阪府に住む17歳の男子高校生が飛び降り、下を歩いていた19歳の女子大学生とぶつかったということです。

「お店の名前がいっぱい書いてある看板、そのちょうど隣くらい(に倒れていた)。人通りが多いので、みんな戸惑っている様子だった」(現場にいた人)

2人は病院に搬送されましたが、男子生徒はその後死亡。女性は意識不明の重体です。屋上には男子生徒のものとみられるカバンが見つかっていて、警察が詳しく調べています

引用元:TBSニュース

 

翌日の24日夕方、女子大生が亡くなったとの発表がありました。

 

 大阪市北区の阪急大阪梅田駅近くの商業施設「HEP(ヘップ) FIVE(ファイブ)」で23日夕、大阪府立高校の男子生徒(17)が転落して死亡し、下にいた通行人の女性にぶつかった事故で、大阪府警は24日、意識不明の重体だった女性が搬送先の病院で死亡したと発表した。府警は、男子生徒が自殺を図って屋上から飛び降り、女性が巻き込まれたとみて捜査している。

曽根崎署によると、亡くなったのは兵庫県加古川市の大学2年生、古川賀子(かこ)さん(19)。古川さんは当時、買い物のため、知人の女性と施設の出入り口付近を歩いていたという。落ちてきた男子生徒の体が古川さんの背中付近を直撃したとみられる。

「HEP FIVE」は10階建てで、事故当時は1〜9階の店舗などが営業していた。10階は従業員の専用フロアだが、男子生徒とみられる人物が従業員用のエレベーターを使って10階で降り、フロアを歩く姿が防犯カメラに映っていたという。

屋上は非常時以外は立ち入れず、屋上に通じるドアの内鍵は普段、プラスチック製のカバーで囲われているが、23日に警備員が駆けつけた時には壊されていたという。屋上に男子生徒の学生証が入ったバッグが残されていた。

引用元:Yahoo!ニュース

 

大阪市北区の商業施設HEPファイブ梅田の屋上から17歳の男子高校生が飛び降り自殺した際に、地上の落下地点で巻き添えにあった古川賀子さんが死亡した事件での経緯については、当時の状況などが明らかになってきています。

 

  • 10月23日 (金)午後5時過ぎ、男子高校生がHEP FIVEに入館している。
  • 男子高校生が営業フロアの9階から、従業員専用スペースに侵入したのち10階へエレベーターで上がっている。
  • 非常時に壊して解錠するドアを開け屋上へ駆けあがって行った。
  • 午後5時50分ごろに屋上から飛び降り転落自殺を図った。
  • 友人と買い物に来ていた古川賀子さんに衝突した。
  • 男子高校生は40分後死亡、古川賀子さんは病院に意識不明の重体で搬送。
  • 古川賀子さんは翌日10月24日の午後2時頃に死亡。

 

飛び降りた男子高校生は当時学校帰りではなく、私服で入館していて屋上にはカバンと学生証が見つかっています、男子高校生の遺留品の中には遺書はありませんでしたが、自らの意志で飛び降りています。自宅や学校などに遺書らしきものがあるかどうかは現在警察が捜査中です。

 

男子高生が学生だったことから世間では「いじめが原因じゃないか」「親を恨んでいて賠償金が残る死に方を選んだのではないか」という声もあります。何の理由で男子高生が命を絶ったの分からないのは男子高生の家族や、古川賀子さんの遺族もモヤモヤが残るのではないでしょうか。

 

>>ココシカ神戸元町ゴールデン犬再逮捕は田尾達也【妻も顔画像特定】

 

HEPFIVE(ヘップファイブ)の場所は?

 

大阪府立の高校に通う17才の男子高校生が屋上から飛び降り、女子大生の古川賀子を巻き込んだHEPファイブ梅田の場所についても見ていきたいと思います。

 

商業施設名は「HEP FIVE(ヘップ・ファイブ)」で事故の場所はこの施設の西側の入り口付近です。

 

大阪府大阪市北区角田町5−15(おおさかふ おおさかしきたく かくだちょう)

 

現場はJR大阪駅にも近く御堂筋線梅田駅から徒歩1分、百貨店などが立ち並ぶ大阪の中心部、建物は地下3階、地上10階建、170店舗以上が入る商業施設。東急阪神不動産の所有する建物です。

  • 自殺した時は会社帰りの時間と重なっていて大勢の人が通行していた。
  • 繁華街のため交通量も多く人通りも多い。
  • 都会で夜中の騒音はかなり気になるものの、北区で阪急電車も通っている地区ということもあり治安もすごく悪いというわけではない。
  • 時間帯を問わず人の通りは多く、治安がそれによって守られている面もある。

 

 

 

地上10階建です、下から見上げてみると相当な高さがある事が分かります。

 

 

過去に起きた転落し巻き添えの事件は?

 

ここからは「転落死に巻き込まれて死亡した過去の主な事故」についても見ていきます。

 

 ▼1992年11月 横浜市西区の横浜駅ビル「ルミネ横浜店」8階から男が飛び降り、植え込みに座って友人と話をしていた男子高校生を直撃。頭を強く打った男子高校生は4日後に死亡

▼2004年8月 兵庫県西宮市の市営住宅の非常階段から、男が飛び降り、歩道付近で友人と雑談していた定時制高校の男子生徒を直撃。生徒は1時間半後に死亡。男は重過失致死容疑で被疑者死亡のまま書類送検

▼04年12月 東京都武蔵村山市の団地で、女が通路の側壁を乗り越えて飛び降り、同団地に住む男性を直撃。男性は2時間後に死亡

▼07年11月 東京都豊島区の「池袋PARCO」屋上から女が飛び降り、男性会社員を直撃。顔面複雑骨折などで重体となった男性は4日後に死亡。女は重過失致死容疑で被疑者死亡のまま書類送検

引用元:ヤフーニュース

 

また今回大阪梅田で起こりましたが、大阪梅田と言えばここ最近では2019年5月4日にJR大阪駅付近のサウスゲートビルディング大丸梅田で20代の女性が飛び降り自殺を図りました。

 

 

彼女は飛び降り自殺を図る1時間前から不審な動きを見せており、管轄の曽根崎警察署より警察官が複数人駆けつけ事故を防ぐために説得していました。警察が到着してから40分ほど危なっかしい動きや、今にでも飛び降りそうな緊張感の走る動きを見せていました。

 

ビルのあたりには、怖いもの見たさの野次馬やテレビ局・報道陣などが駆けつけ騒然とした空気感になっており中にはスマホを片手に飛び降りる一部始終を撮影する人も現れました。

 

当時ネット上では飛び降り自殺をした女性は誰なのかという色んな風説が流布しており、女性はアイドルオタクでジャニーズジュニアの「NEWS」のライブチケットに落選したため、ショックのあまり自殺したのではないかなどと根も葉ももない噂が飛び交っていました。

 

しかしこの時は警察の説得もむなしく、20代の女性は死を決断し空を飛ぶ鳥のように身を投げ出しました。

 

ココウォーク(長崎県)飛び降り自殺は高3女子!へップ梅田(HEP)と同じ方法で真似たとの情報

 

HEP梅田飛び降り男子高校生の自殺の動機は?

 

 

今回の大阪府立高校に通う男子高校生の飛び降りについては、学生証などが飛び降りた屋上に残されていた事から自殺の可能性が高いのは言うまでもありません。

 

学生証などの荷物の中に遺書などは見つかっていませんが、いずれにせよ人通りの多い繁華街の屋上から自殺するまで何かに追い詰められたには違いないと思います。

 

なので原因があるならば調査し、いじめなどであった場合は加害した人物に責任を取ってもらいたいものです。

男子高校生はまだ17歳ということで、若く尊い命ですし、ご両親や兄弟家族なども居たのではないかと思うと、悔やまれてなりません。

 

しかし世間やネット上ではこの男子高校生の飛び飛び降りについて物議をかもしています。

 

世間では飛び降りた17歳の男子高校生を嘆く言葉が大多数ですが、飛び降りで巻き込まれた女子大生が居ることから「迷惑だ。」「これは巻き込み殺人未遂と言っても過言ではない。」「一人で死ねばよかったのに!」と物議をかもしています。

 

巻き添え飛び降り男子高校生を殺人罪で起訴か?

 

 

今回の事件が報道されたことを受けて、ネット上では飛び降りが自殺なのか、飛び降りの際に他人を巻き添えにしようと思ったのではないかと賛否両論の物議をかもしています。

 

偶発的な転落事故かもしれないとはいえ、もし故意に飛び降りたとすると人通りが 多い商業施設ビルや駅前で飛び降りれば通行人を巻き添えにする危険性があることを 十分認識できる年齢となっていたはずですから、第三者を巻き込んで死傷させた場合は、重過失致死傷罪が成立すると思われます。

引用元:元特捜部主任検事 前田 恒彦コメントより

 

 

10月24日に巻き添えとなった古川賀子さんが死亡したことが報道されたことで、警察が「殺人罪の疑いも視野に入れて捜査する方針」と発表されました。

 

殺人罪となれば、男子高生が自殺したことによる殺人事件に変わります。

 

大阪梅田HEPファイブ周辺を利用する人たちからは「普段から人通りが多い場所です。」「誰かに当たると分かっていたはずだと考えられてもおかしくない。」との声が上がっており、誰もが飛び降りた際には人と接触することが想像できる場所であったことから、このような話がでてきたのではないかと思われます。

 

男子高校生が自殺したという事実もあり自殺者を責めるなんてどうなんだ??と男子高校生を擁護する声も多くあがっていますが、「自分が死ぬなら他人を殺しても罪にならないということではない。」と世間では古川賀子さんへの同情と男子高校生への怒り声が多くあがっています。

 

不運な事故というだけで片付けてしまうのは古川賀子さんや賀子さんのご両親にとっては無念でならないと思っていた人もたくさんいるでしょう。

 

誰もがもし身内が事故にあって死亡した際に、相手も死んで可哀想だから相手に罪は無いなど言われたら怒りを覚えるはず。

 

古川賀子さんの両親からしても自分の娘には全く非があるわけでなく、元気で普通の生活をしていた娘をこんな形で突然失ってしまった絶望を想像すると胸が痛みます。

 

また被害者が未成年であることから、故意と判断された場合の損害賠償は男子高校生の両親にあるのかというところも議論となっていますが、下記のような賠償義務の内容を知ることが出来ました。

 

親権者固有の損害賠償義務

自殺した人の損害賠償義務を相続する以外に、遺族が固有の損害賠償義務を負う場合があります。
まず考えられるのが、未成年者の親権者です。

未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能(責任能力)を備えていかなったときは、その行為について賠償の責任を負いません(民法712条)。

過去の裁判例によれば、おおむね12歳から13歳のあたりが、責任能力が認められるかの境界となっているようです。
それに満たない年齢の未成年者が他人に損害を加えたとしても、未成年者が損害賠償責任を負うことはないということになります。
ただし、被害者が泣き寝入りしなければならないとは限りません。

責任無能力者が責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負うとされています(民法714条1項本文)。
親権者は、未成年者を監督する法定の義務を負いますので、責任無能力の未成年者が第三者に損害を加えた場合、親権者は固有の損害賠償責任を負うことになります。

引用元:https://www.shinjuku-law.jp/columns-souzoku/jisatu-songai-souzokunin/

 

ネット上ではこんな声もあがっています。

偶発的な転落事故かもしれませんが、もし故意に飛び降りたとすると、人通りが 多い商業ビルや駅前で飛び降りれば通行人を巻き添えにする危険性があることを 十分認識できたはずですから、現に第三者を巻き込んで死傷させた場合、重過失致死傷罪が成立すると思われます。

 

しかし、飛び降りによって死亡していれば、起訴して刑事責任を問うことはでき ません。2007年に東京南池袋のデパート屋上から飛び降りた際、路上を歩行中 の男性に直撃して死亡させた女性も重過失致死罪で書類送検されましたが、「被疑者死亡」で不起訴となっています。

 

このケースでも、転落した男性の死亡が病院で確認されたとの報道があります。 直撃を受け、意識不明の重体で治療中だという女性の命に別状がないことを祈る ばかりですが、被害者にとって不条理な事件にほかなりません。

 

 

 

単なる飛び降り事件ではすまなくなっていくこともあり、一層の波紋が広がることが予想されます。古川賀子さんのご冥福をお祈り申し上げます。(続く・・・)

 

大分工業高校体罰教師の名前は誰で顔画像は?18人平手打ちを繰り返す暴力先生

 

元田将貴スマホ盗撮20代教師高知公衆浴場【顔画像は?】常習犯で止められない

error: Content is protected !!