ニュース

尼崎市稲葉元町発砲事件現場の場所や藤村卓也犯人の顔画像を特定!

兵庫県尼崎市消防局や県警の発表などから、11月3日午前11時半すぎ、尼崎市稲葉元町2のコンビニ駐車場で、通行人から「発砲音がして男性が出血している」などと119番があり、男性2人が手や足を負傷して病院に搬送されているとのことです。

 

また事件発生後、2人の男性が逃走したことが分かりました。

 

なおこの記事では関係者の証言に基づき、尼崎市稲葉元町発砲事件の経緯や、犯人の顔画像、事件の概要についてまとめています。なお情報は随時、追記・更新されます。

 


尼崎市稲葉元町発砲事件事件の概要

 

 

兵庫県尼崎市消防局などによると、3日午前11時半すぎ、尼崎市稲葉元町2のコンビニ駐車場で、通行人から「発砲音がして男性が出血している」などと119番があった。男性2人が手や足を負傷し、病院に搬送された。

撃たれたのはともに60代男性で、1人は両脚の太ももを負傷し、もう1人は左手の甲から出血しているという。搬送時にはともに意識があり、重傷のもよう。  捜査関係者によると、発砲したとみられる2人はともに40歳ぐらいで、現場から逃走したという。兵庫県警は暴力団の抗争事件の可能性もあるとみて、逃げた2人の行方を追っている。  現場はJR立花駅の西約1キロの住宅街。

引用元:ヤフーニュース

 

 

尼崎市稲葉元町発砲事件現場の場所

 

尼崎市稲葉元町の発砲事件となった現場はブルーシートで覆われており、取材する記者が殺到。一時は上空を何台ものヘリコプターが飛んでいて、辺りは騒然となりました。

 

・事件のあった現場の住所:兵庫県尼崎市稲葉元町2丁目付近

 

 

尼崎市稲葉元町付近で起きた発砲事件の画像はこちらです。

 

 

尼崎市稲葉元町の発砲事件の現場はファミリーマート前ですが、現場周辺画像に「清水米穀店」」が映り込んでおり、それにより場所は特定されています。

 

・清水米穀店

・住所:兵庫県尼崎市稲葉元町2丁目1-5

 

【追記】

 

尼崎市稲葉元町の発砲事件はコンビニの駐車場で起こりましたが、コンビニの店名と場所が判明しました。

 

ファミリーマート 尼崎稲葉元町店

 

・住所:〒660-0055 兵庫県尼崎市稲葉元町2丁目2−4

 

 

尼崎市稲葉元町発砲事件現場の犯人の顔画像

 

 

速報の報道によると犯人は40代の男性二人となっています。

 

犯人の一人は赤っぽい服装、もう一人は白っぽい服装という情報も入っています。

 

犯人の顔画像については現在調査中です。分かり次第随時追記していきます。

 

また、このようなツイートをされている方もいますので、昨年11月に起きた尼崎発砲事件絡みではないかとの声もあがっています。

 

 

【追記】

 

事件から2日たった11月5日に兵庫県警尼崎南署捜査本部は殺人未遂の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組系司興業幹部・藤村卓也(52歳)=名古屋市=を逮捕しています。

 

 

まずは一安心ですが、逃げた二人組の内のもう一人は現在も逃走中です。

 

また稲葉元町の銃撃事件に使われたとみられる拳銃1丁が、11月9日までに、神戸市長田区の新湊川で発見されています。

 

県警への取材により、11月8日午後10時15分ごろ、神戸市長田区の新湊川を捜索中に水中から回転式拳銃1丁を発見し押収されました。この拳銃が銃撃に使われたのち、事件関係者が証拠隠滅のために河川に捨てたとみて鑑定を進めています。

 

 

 

尼崎の発砲事件は過去にも起きていた

 

尼崎の発砲事件に関しては、住民から「また尼崎か!」という声がでています。

 

2019年11月にも同じく尼崎で発砲事件が起こっています。

 

 

2019年11月27日午後5時5分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通の路上で、近所の女性から「パンパンという音がした」と110番があった。

現場に指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)=同市昭和南通=が倒れており、病院に搬送されたが死亡した。

現場から逃走したとみられる車は京都市内で発見、京都府警の警察官が職務質問したところ拳銃を突き付けられたとして、公務執行妨害と銃刀法違反容疑で、朝比奈久徳容疑者(52)=愛知県江南市古知野町花霞=を現行犯逮捕した。

兵庫県警が事件との関連を調べている。

県警尼崎南署や京都府警によると、古川幹部は頭や胸などを撃たれたとみられる。朝比奈容疑者は警察官に拳銃を突き付けた後、車内に戻り、自動小銃を持ってもう一度外に出て来たという。

現場は、阪神電鉄の尼崎駅から西に約400メートル離れた商店街の近くで、複数の空薬きょうが落ちていた。

近くに住む女性は「鉄板が落ちるような鈍い音がして、様子を見に行くと男性が大の字で倒れていて怖かった」と話した。

引用元:サンテレビニュース

 

この時の事件も山口組系の暴力団関係者がらみの事件であることが判明しています。

 

今回の尼崎市稲葉元町の発砲事件も拳銃を所持していたと言うことから2019年の尼崎暴力団関係者の事件の可能性が高いとみて警察が現在捜査をしています。

 

住民からは不安の声が広がっています。

 

 

 

11月3日文化の日、お天気の良い祝日の日中に起きた、尼崎市稲葉元町の発砲事件の件に関しては、他にも詳細が判明、随時更新していきます。(続く・・・)

error: Content is protected !!