先生を消す方程式

先生を消す方程式(せんけす)1話2話ネタバレ感想!義経を消したのはあの人?

「先生を消す方程式」土曜ナイトドラマ

 

2020年10月31日スタート 毎週土曜夜23:00~ テレビ朝日

 

田中圭さんが初めての教師役として主演をつとめるドラマ!

 

楽しい学園物かと思いきや、何とエリート生徒たちに命を狙われる役どころ。

 

おっさんずラブの春たんとは全く違ったキャラとなり、先が読めないストーリーが面白いです。

 

今回はドラマ「先生を消す方程式(せんけす)」の1話と2話をみた感想をネタバレで書いています。

 


先生を消す方程式【せんけす】1話2話あらすじ

 

第1話あらすじ

名門私立高校“帝千学園”に、ひとりの教師がやって来る。彼の名は、義澤経男(田中圭)。セレブの子息たちが多く、東大進学率も高いこの学校で、今日から3年D組の担任を務めるのだ。義澤は“ある覚悟”を胸に、強烈な笑顔を作って校門をくぐっていく。

義澤は3年D組の副担任・頼田朝日(山田裕貴)から、このクラスにはいろいろと問題があり、半年の間に3人もの教師が担任を辞めていることを教えられる。

朝日によると、3年D組には父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉)をはじめ、母親が有名な女医で自らも人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、人気飲食チェーンの社長を父に持ち、自身は高校生にマッチングアプリで“パパ活”をさせている大木薙(森田想)、父親が大企業の社長で、おじが政治家だという剣力(高橋侃)ら、裕福でハイステータスな親を持つメンバーがそろっているが、やさしくて人気者の刀矢以外の3人が、親の権力を笠に着て好き勝手にやっていると話す。

義澤が教室に入ると…刀矢を除く生徒全員が自習中で、義澤の挨拶に耳を傾けようともしなかった。弓、薙、力らに反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」と、自分が大切にしている“方程式”を笑顔で語る。

やがて、反抗的な生徒たちは義澤がどんな嫌がらせにも動じず、笑顔を絶やさないことにいら立ちを募らせていき…ついに学校一の厄介者・剣力が義澤に対して、危険な攻撃を仕掛けていく!

それは義澤と生徒たちの戦いの幕が切って落とされた瞬間だった…!

 

引用元:公式サイト

第2話あらすじ

義澤経男(田中圭)に叩きのめされた剣力(高橋侃)が意気消沈する一方、頼田朝日(山田裕貴)にあおられるように、藤原刀矢(高橋文哉)が義澤を“消す方程式”を立てようと言い出す。

力だけでなく、長井弓(久保田紗友)大木薙(森田想)はあまりに行き過ぎた刀矢の発言に戸惑うが、それぞれがリーダー格の刀矢に頭が上がらず結局従うことに。

義澤は恋人の前野静(松本まりか)のもとを訪ね、ある決意を語る。義澤の脳裏には、かつて静との間に起きた衝撃の出来事が去来するが…。

刀矢たちには義澤を悪だと言う朝日だが、当の本人の前では慕うそぶりを見せる。そんな朝日に義澤は長く不登校を続ける生徒の伊吹命(秋谷郁甫)のことを相談。後日、命の家を訪ね、命を驚かせるようなことを告げる。

刀矢は力に一刻も早く義澤を消す方程式を立てるよう、プレッシャーをかける。弓は刀矢の目に狂気が宿っていることに気付きおびえてしまう。
一方、朝日に呼び出された薙は、脅迫にも近い言葉であることを命じられる。

引用元:公式サイト

 

先生を消す方程式【せんけす】1話2話ネタバレ感想

 

 

リアルタイムで1話を見れなかったので、1話は録画しておいたのを視聴しました。

 

1話は田中圭さん演じる義経先生が学校に赴任した日にいきなりエリート生徒たちから強烈な洗礼を受けていましたが、何を言われてもされても、わざと水をかけられても動じず「嫌いじゃないです!」と謎の笑顔を浮かべながら生徒の闇に切り込んでいくというのが面白いなあ、と思いました。

 

それと生徒の裏の顔があるのはある程度予想してたけど、副担任の頼田朝日も裏では生徒たちと一緒に仕掛けていたのにはこれまた何か黒幕的なものを感じました。

 

もしかして頼田先生のおでこの傷は本物じゃないのかも??

 

2話ではクラス女子の大木薙が暴走!

 

刀矢を喜ばすために、方程式通りに義経を階段から突き落とすのですが、ここも予想通り(笑)包帯グルグル巻きで義経先生は遅刻して登校。

 

義経先生は「人生にはまさかのことが起こるんです。」と満面の笑みを浮かべて言いながら薙に愛のこもった(?!)教育指導を行うのでした。

 

でもなんで義経先生は薙のことをあんなに詳しく知ってるんだ??

 

2話までを見ただけではまだ謎が多いですね~!

 

先生を消す方程式【せんけす】3話の予想

 

 

田中圭さん演じる義経先生って、本当にダマされやすい教師なんでしょうか?

 

わざとやられてるフリをしてると思うんですよね。

 

義経の彼女で寝たきりになっている松本まりかさんが演じる前野静はこの学校の教師だったんでしょう。

 

そしてこの中の生徒にやられたから、義経先生はこの学校に着任したと考えました。

 

3話も2話に続いて、腐った生徒のだれかを義経先生が身体を張って教育指導を行うのだと思います。

 

それにしても最終的な黒幕が誰なのか?

 

副担任の頼田朝日が今のところ一番怪しいと思うのですが、2話をみたところではまだ分からないことだらけです。

 

まとめ

 

今回はドラマ「先生を消す方程式」の1話から2話を見た感想をネタバレでお伝えしました。

 

次回3話以降も楽しみです^^

error: Content is protected !!