ニュース

青木ひろゆき岐阜市立藍川北中学校教師!無理心中で両親はむせび泣きの日々

岐阜市の公立中学校の新任20代男性教師が、交際相手の女性を乗せた車を車ごと川へ転落させて無理心中を図ったとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕される事件が起きました。

 

逮捕されたのは岐阜市立藍川北中学校の教師・青木浩幸(あおきひろゆき)容疑者(22)で、11月6日午後10時10分ごろ、交際相手の女性を車に乗せて岐阜市の長良川の堤防道路から車ごと川へ転落させて無理心中を図った疑いが持たれています。

 

ただこの事件は本当に無理心中だったのか不可解な点もあります。

 

この記事では関係者の証言に基づき、逮捕となった22歳の青木浩幸容疑者の経歴や画像、事件の概要についてまとめています。なお情報は随時、追記・更新されます。

 


岐阜の無理心中20代男性教師青木浩幸容疑者の事件概要

 

 

交際していた女性を乗せた車を川に転落させて殺害しようとしたとして、岐阜北署は6日、殺人未遂の疑いで、岐阜市長良法久寺町、公立中学教諭の男(22)を現行犯逮捕した。

 

逮捕容疑は、同日午後10時10分ごろ、同市早田の長良川右岸堤防道路で無理心中を図ろうと、交際する女性(27)=岐阜市=を助手席に乗せて運転していた乗用車を長良川に転落させようとし、殺害しようとした疑い。

 

車は河川敷で止まり、女性にけがはなかった。

 

署によると、近くを散歩していた男性が「車が川に落ちた」と110番した。

 

現場に駆け付けた署員が河川敷に転落している乗用車を発見。

 

運転席に乗っていた容疑者が「彼女と死のうと思った」と話したため、現行犯逮捕した。

 

警察は青木容疑者の認否を明らかにしておらず、青木容疑者が交際女性に殺害を頼まれたかどうかも含め、慎重に捜査しています。

 

岐阜市教育委員会の早川三根夫教育長は「手本となるべき教員が絶対に起こしてはならないことを起こし皆様へ不安を与えたことをお詫び申し上げます」とコメントしています。

 

引用元:ヤフーニュース

 

引用元のヤフーニュースから分かったことは、以下のことになります。

 

  • 岐阜県岐阜市立藍川北中学校の教師で22歳の青木浩幸容疑者が、岐阜市内を流れる長良川に、交際相手の女性を車に乗せたまま飛び込んで転落させようとした。
  • 車は川までたどり着かず停止したので、けが人はいなかった。
  • 被害者となった交際相手の女性は「一緒に死ぬつもりはなかった。」と話しているため青木容疑者は無理心中を図ったとして殺人未遂で逮捕へ。
  • しかし警察は、女性から心中を頼まれていたのではなかなどの可能性を含め慎重に調査を行っている。

 

【追記】

当ブログの独自調査により、青木浩幸容疑者は2020年10月に入り勤務していた岐阜県岐阜市立藍川北中学校を休職していることが分かりました。休職するほどの身体の状態であれば通常なら車の運転も困難だと思いますが、実際に運転できることが可能であることがわかりました。

 

青木浩幸容疑者の休職となった理由については今後も調査しており、分かり次第追記していきます。

 

 

青木浩幸(あおきひろゆき)の経歴や顔画像は?

 

交際相手の女性との無理心中から逮捕となってしまった、今回の事件の容疑者である青木浩幸(あおきひろゆき)容疑者の人物像を明らかにするために経歴や顔画像を特定したいと思いSNSを特定していくことにしました。

 

まずはFacebook(フェイスブック)から、青木浩幸のアカウントがあるかどうか調べてい同姓同名のアカウントが19件見つかりました。

 

 

そこから青木浩幸容疑者のアカウントとして特定に至る情報が記されている同姓同名のアカウントを探し出すと1件見つかり、次のようなデータを探し出せました。

  • 名前(漢字含む)
  • 年齢(2016年高校卒業。早生まれであれば22歳)
  • 4年制大学卒業(青木浩幸容疑者の職業は教師なので、4年制大学を卒業したことは事実)
  • 数学を担当する教員(数学教師)
  • 友達の中に、中学校教師と記載があった。

 

という情報まで、容疑者と完全に一致するアカウントがありました。

 

次に青木浩幸容疑者が22歳という大学を卒業したての若い男性ということからSNSを使用している可能性が高いと判断してツイッターも追跡してみましたが、今のところ顔画像については捜し出すことが出来ずにおります。

 

青木浩幸容疑者と同姓同名のツイッターアカウント

 

(特定出来次第、更新していきます。)

 

続いて青木浩幸容疑者の22歳という年齢から『岐阜県各校新規採用・転出入退職等』のデータを元に調べてみますと、2020年4月より岐阜県の小学校教員として新規採用されて勤務していたことが分かりました。

 

↓の画像は、2020年3月26日に公開された教職員異動の名簿の一部を抜粋したものです。

 

 

 

この中に「青木浩幸」の名前があり、報道されている「岐阜市の中学校教師」という容疑者情報と完全に一致していることから、青木浩幸容疑者が岐阜市立藍川北中学校に勤務していることは間違いありません。

 

青木浩幸容疑者は4年制大学に在学しているとすれば、卒業時に年齢が22歳

  1. 4年制大学を卒業後に岐阜市立藍川北中学校に配属。早生まれなので22歳
  2. 短大で教員免許を取得して教師歴3年目

このどちらかが考えられ、教員は原則として初任から5年目に最初の転勤があります。

 

『岐阜県各校新規採用・転出入退職等』に名前が乗っているということは、4年制大学を卒業後に新規採用で確定ということになるので、このことから、まだ勤めて7ヶ月程度の新米教師だったということになります。

 

【追記】

 

その後の報道により、青木浩幸容疑者の住所がある程度特定されました。

 

青木浩幸容疑者の住所:岐阜市長良川方久寺町


 

 

青木浩幸容疑者が勤務していた中学校の場所はここ

 

青木浩幸容疑者が教師を勤めていたのは「岐阜市立藍川北中学校」です。

 

・学校名:岐阜市立藍川北中学校

・所在地:〒501-3107 岐阜県岐阜市加野2丁目23−1

 

 

青木浩幸容疑者が勤めていた「岐阜市立藍川北中学校」はホームページがあり、そこから小中一貫の学校であることも分かりました。

 

平成27年(2015年)より、小中一貫教育が始まり、令和 2年(2020年)より岐阜市型小中一貫校としてスタートしている学校になります。

 

 

 

岐阜市立藍川小学校

・所在地:〒501-3107 岐阜県岐阜市加野3丁目3−5

 

岐阜市立藍川北中学校

・所在地:〒501-3107 岐阜県岐阜市加野2丁目23−1

 

小中一貫教育校というレベルの学校なので通わせている親御さんもそれなりの方々でしょうから、今回の青木浩幸容疑者の事件を聞いて「まさかあの青木先生が・・・!!」となっているのではと思います。

 

ちなみに青木浩幸容疑者とは全く関連がないですが、人気俳優として映画やドラマCMに大活躍中の綾野剛さんの出身中学校でもあります。

 

綾野剛さんは「岐阜市立藍川北中学校」時代、陸上部に所属し陸上選手として岐阜県中学校陸上競技大会にて800M優勝するほどの実力の持ち主です。

 

 

青木浩幸の起こした事件の場所は県道163号岐阜市早田東町の堤防

 

 

青木浩幸容疑者が事件を起こした堤防の場所です。

 

映像に川に飛び込もうとした車がそのまま残っています。

 

 

地元のニュース報道の画像から見ていきます。

 

 

グーグルストリートビューでは、こちらであることが分かります。

 

報道の画像から見ていくと、はじめに上の映像が流れ、その反対側の川側が映し出されています。

 

 

こちらの場所もグーグルストリートビューで確認出来ました。

 

 

青木浩幸容疑者は、何時頃から車内に交差相手の女性を乗せたのか分かりませんが、墨俣合渡岐阜線(すのまたごうどぎふせん)から長良川(ながらがわ)に向かって車を飛び込ませたということが分かります。

 

 

 

青木浩幸(あおきひろゆき)岐阜の中学教師の無理心中に両親は号泣

 

青木浩幸容疑者はなぜ22歳の若さで交際相手の27歳の女性と無理心中を図ろうとしたのか?おかしな話です。

 

警察は青木容疑者の認否を明らかにしておらず、青木容疑者が交際女性に殺害を頼まれたかどうかも含め、慎重に捜査しています。

 

 

ヤフーのニュース記事によると、警察側が青木浩幸容疑者の一方的な無理心中ではなく、同乗していた女性側に無理心中を持ちかけられてそれに対して青木浩幸容疑者が応えたという可能性があるとみているという部分です。

 

この場合交際相手の女性が青木容疑者に半ば無理やり心中するように言われ仕方なく車を運転させたものの、川に入る前に怖くなり土手でストップ。

 

たまたま通りかかった通行人が横転しかけた車を見かけたことで急いで警察に通報したことで今回の件が明るみに出た可能性があります。

 

最初に持ち掛けたのは女性にもかかわらず、事情聴取の段階で女性は一貫して否定しているということも考えられます。

 

その結果、青木浩幸容疑者の一方的な無理心中と判断され殺人未遂で逮捕されたという可能性があるということです。

 

青木浩幸容疑者は自分の主張を言えない、年上女性の言いなりになっていた大人しい男性だった可能性もあることから、相手女性は既婚女性、しかも青木浩幸容疑者の勤務する学校で保護者の母親という可能性もあります。

 

ニュースで報道されている「一緒にいた女性から心中の話を持ちかけれた」が事実であったとすると車に同乗していた交際相手の女性は”ウソ”をついていることになり、この場合、一緒にいた女性は↓の罪に問われる可能性も出ています。

 

虚偽告訴罪:人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役に処する。(刑法第172条)

偽証の罪:刑法169条の「偽証罪」と、刑法171条の「虚偽鑑定等罪」の総称

 

 

ニュースの報道だけでは青木浩幸容疑者が相手の女性とどれくらいの期間付き合っていたかは現時点では分かりませんし、付き合っていたのではなく単なるSNS上で知り合って間がない関係だった可能性もあります。

 

いずれにせよ青木浩幸容疑者は、あくまでも教育者としての立場があるので今回の件に関してはあまりにも軽はずみな行動を起こしてしまった人物であると言われても仕方がないでしょう。

 

青木浩幸容疑者のご両親やもし兄弟や姉妹がいるのなら、今頃家族はあまりのショックに鳴くことさえも辛いほどの毎日を送っているのです。

 

青木容疑者の両親にしてみれば教員になれるほどの学力の持ち主だから、親にとっては孝行息子で自慢の子供だったはず。やっとの思いで育ててきて、教師としての一歩を踏み出せたことで安堵の気持ちと晴れ晴れしい感情が湧いて近所でも鼻高々で日々過ごせていたでしょう。

 

それが教師生活を初めて半年後には休職届を出せねばならないほどの状態となり、心配だった所へあろうことか、交際女性と無理心中で殺人未遂で逮捕されるとは・・・。

 

息子のあまりにも身勝手な犯行によって青木浩幸容疑者の両親だけでなく、身内・親戚ともにこれからは後ろ指さされたままで毎日を生きて行かねばならない、あまりにも残酷な展開です。

 

岐阜市内の中学校に勤務していた22歳の男性教師の無理心中事件の件に関しては、他にも詳細が判明、随時更新していきます。(続く・・・)

 

大分工業高校体罰教師の名前は誰で顔画像は?18人平手打ちを繰り返す暴力先生

 

井上浩一(あきる野市立増戸小学校)顔画像!上履き隠し動機は嫌がらせ

error: Content is protected !!