ニュース

光山和希(こうやまかずき)facebook(フェイスブック)特定!経歴「渡辺陽太の金魚のフン」

さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで、同じ女性に別々に性的暴行を加えたとして、元ミスター慶應で無職の渡辺陽太と共に、職業不詳の光山和希(こうやまかずき)容疑者が2020年11月20日、強制性交の疑いで埼玉県警大宮署に逮捕された事件。

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者は今回の逮捕が2度目となりますが、この件に関し本人とその両親が「犯行は無実。」と主張しています。

 

この記事では関係者の証言に基づき、2回目の逮捕となった光山和希(こうやまかずき)容疑者の経歴や顔画像、事件の概要についてまとめています。

 

なお情報は随時、追記・更新されます。

 

 


2020年12月11日追記:渡辺陽太と光山和希容疑者は不起訴へ

 

2020年12月11日に報道されたニュースにより、今回のさいたま市で女性に性的暴行を加えたとして逮捕されていた容疑者2人について、さいたま地検は不起訴処分を下しています。

 

 

渡辺陽太と光山和希の、この男性2人について、さいたま地検は12月11日付けで不起訴処分としましたが、不起訴処分の理由について明らかにしていません。

 

これではまた振出しに戻ったようなもので、今後もまた同じことを繰り返す可能性の方が高くなってしまっています。

 

 

光山和希(こうやまかずき)ミスター慶應渡辺陽太事件の概要

 

 

さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで、同じ女性に別々に性的暴行を加えたとして、無職の渡辺陽太(24)と職業不詳の光山和希(24)両容疑者が11月20日、強制性交の疑いで埼玉県警大宮署に逮捕された。

 

2人は2019年3月24日深夜、JR大宮駅東口で20代女性に声を掛けカラオケ店に連れ込んだ。

 

そこで午前2~5時の間、まず渡辺容疑者が女性をレイプ。

 

午前5時40分ごろ、今度は光山容疑者が女性の腕を引っ張ってインターネットカフェに入り強姦した。

 

午前7時ごろ20代男性が大宮駅東口で泣いている女性を見つけ声を掛けると「男2人に連れていかれたカラオケ店でやられた。」と話したことから警察に通報。

 

「ミスター慶応ファイナリスト」(2016年)だった渡辺容疑者は2018年9月29日早朝、JR横浜駅近くで女子大生に声を掛け雑居ビルに連れ込み、踊り場でレイプ。

 

その後、タクシーに乗せ移動先の路上で引き倒し頭と腹に蹴りを食らわせ通報で駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。

 

以来、余罪が次々と明らかになり、準強制性交、準強制わいせつ、昏睡強盗、窃盗の疑いで神奈川県警に5回逮捕されている。

 

ところが横浜地検は2019年1月、渡辺容疑者と光山容疑者、一部事件で共謀した4人全員を不起訴処分とした。今回の犯行はそのわずか2カ月後のことである。

 

「当時、慶大2年だった渡辺と光山は酒が入ると渋谷に繰り出し女を引っ掛け、もうやりたい放題だった。

渡辺のスマートフォンには犯行の一部が記録されていましたがそれでも不起訴になった。地検は不起訴処分の理由を明らかにしませんでしたが示談が成立したとみられています。それでさらに調子に乗ったのでしょう」(司法担当記者)

 

渡辺容疑者は最初の逮捕当時、東京・港区の麻布十番駅徒歩5分の超高級マンションに住んでいた。専有面積200平方メートルで、家賃は100万円以上する外国人向けに建設された物件だ。

 

渡辺容疑者の祖父は60年ほど前に上京し、一代で総資産100億円超の土木関係のグループ企業を築き上げ、複数の事業を親族らに継がせている。

 

渡辺容疑者の父親もそのひとりで渡辺容疑者は現在、千葉県市川市にある父親が経営する会社の社員寮に住んでいる。

 

渡辺と光山の両容疑者は調べに対し「弁護士が来るまで何も話さない」とダンマリを決め込んでいるという。

 

引用元:ヤフーニュース

 

引用元のヤフーニュースから分かったことは、以下のことになります。

  • さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで、同じ女性に別々に性的暴行を加えたとして、無職の渡辺陽太と職業不詳の光山和希両容疑者が11月20日、強制性交の疑いで逮捕。
  • 逮捕要件は2019年3月24日深夜、JR大宮駅東口で20代女性に声を掛けカラオケ店に連れ込み、渡辺容疑者が女性をレイプ後、光山和希(こうやまかずき)容疑者が同じ女性を強姦した。
  • 両容疑者は2018年にも現行犯逮捕され、余罪も出ていたが不起訴処分となっている。
  • 渡辺と光山の両容疑者は調べに対し「弁護士が来るまで何も話さない」と黙秘を続けている。

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者の顔画像!Facebookで経歴を特定

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者の顔画像については、前回2018年に逮捕された時に公開されていました。

 

 

 

渡辺陽太容疑者はこれまで複数回逮捕され今回6度目となっていますが、光山和希(こうやまかずき)容疑者も2度目の再逮捕。しかも渡辺陽太容疑者と共謀していたことから数は違えど鬼畜としかいえないクズっぷりです。

 

今回独自の調査により、光山和希(こうやまかずき)容疑者のフェイスブックも特定し、これまでの経歴も明かになりました。

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者のフェイスブック画像はコチラ。

 

フェイスブックにはこれまでの経歴も書きこまれています。

 

・名前:光山和希 (こうやま かずき)

・生年月日:1996年

・逮捕時の年齢:24歳

・出身地:栃木県足利市→栃木県小山市南飯田

・出身高校:栃木高等学校

・最終学歴:慶應大学理工学部

・職業:無職

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者は今回の逮捕容疑に関して「埼玉県大宮に確かに渡辺陽太容疑者と一緒にいたがレイプはしていない。」と犯行を否定している。

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者は最近、東京の知り合いのもとで販売の仕事をしていたとのことが分かっています。

 

また光山和希(こうやまかずき)容疑者の母親は、今回の事件を受けて「息子は今回も渡辺陽太容疑者の事件に巻き込まれた。前回の逮捕の時は息子は自分で示談金を負担していた。」と主張。

 

母親は続いて「渡辺陽太容疑者が最初に逮捕されてから彼には誰も寄り付かなくなってしまい、息子が”アイツには俺しかいないから”と言っています。」と証言。

 

光山和希(こうやまかずき)容疑者は渡辺陽太容疑者に何か弱みでも握られているのか、あるいは金魚のフンのように常に誰かに依存していないと行動できないタイプの人間であることからこれ以上の更生は極めて困難です。

 

またこれだけの事件を起こしておきながら、光山容疑者の母親が自分の息子の不祥事を認めないとは親としてどういう神経をしているのか理解に苦しみます。

 

さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで、友人で元ミスター慶應の渡辺陽太と共謀して同じ女性に別々に性的暴行を加えた光山和希(こうやまかずき)容疑者の事件に関しては、他にも詳細が判明次第、随時追記・更新していきます。(続く・・・)

 

 

さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで、友人で元ミスター慶應の渡辺陽太と共謀して同じ女性に別々に性的暴行を加えた光山和希(こうやまかずき)容疑者の事件に関しては、他にも詳細が判明次第、随時追記・更新していきます。(続く・・・)

 

35歳の女性会社員とみづかさおりさん行方不明事件で分かったこと

 

北村良介保育園(宝塚市)で園児にわいせつ行為!顔画像特定で勤務先の保育園の場所!

 

元田将貴スマホ盗撮20代教師高知公衆浴場【顔画像】

error: Content is protected !!