にじいろカルテ

【にじいろカルテ】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!真空は病気を受け入れて終わる

「にじいろカルテ」木曜ドラマ

2021年1月21日スタート 毎週木曜夜22:00~ テレビ朝日

東京から虹の村にやって来た内科医・紅野真空(くれの まそら)役を演じるのは、高畑充希さん。

『にじいろカルテ』は「笑って泣ける、チーム医療ドラマ」となっていて、これまでの王道的な医療ドラマと違い「手術がゴールではなく、その先の物語」を描く温かく胸に響く作品となります。

今回は「にじいろカルテ」ドラマの最終回結末をネタバレ予想してみました!

 


にじいろカルテドラマはどんな内容?

 


ドラマ「にじいろカルテ」は、小説やマンガといった原作はありません~!

脚本家の岡田惠和(おかだよしかず)さんによるオリジナル作品となります。

又ドラマの監督を担当するのが、映画『神様のカルテ』やドラマ『僕とシッポと神楽坂』の深川栄洋さんです。

今作を手掛ける岡田惠和(おかだよしかず)さんの作品といえば、朝ドラ『ひよっこ』『ちゅらさん』をはじめ『イグアナの娘』『ビーチボーイズ』『最後から二番目の恋』『銭ゲバ』『ど根性ガエル』『この世界の片隅に』など、繊細に紡ぐ物語や、ポジティブなキャラクター造形など幅広い作風で多くの人を魅了してきました。

数々の名作を生み出してきた岡田惠和(おかだよしかず)さんですが、意外にも医療ドラマは初挑戦となるのだとか。

岡田惠和が描く「にじいろカルテ」は、医療ドラマの“王道”とは一線を画したストーリーということで「手術がゴールではない。治したら終わり。」ではなく、その先の物語に挑戦します。

 

にじいろカルテのドラマ最終回結末予想

 


今回のドラマの最終回ネタバレ予想として考えたのは、東京から虹の村にやって来た内科医・紅野真空(高畑充希さん)の病気は「ガン」なのです。

紅野真空の病気は話数が進むにつれて、進行していくでしょう。

様々な辛い様子を目のあたりにしてきた主人公ですが、いざとなると自分の病気を思った以上に受け入れられなくて取り乱してしまいます。

そんな真空を温かく見守るのが「虹の村」の人たち。

彼らの温かさに触れますが、残念ながら真空は亡くなるのだと予想してみました。

【2021年1月21日追記】

高畑充希さんの演技を特に楽しみにしていたので早速第1話を視聴してみましたところ、番組の後半で高畑充希さん演じる紅野真空(くれのまそら)が、難病である「多発性筋炎」であることを村のみんなに告白するシーンが出てきました。

まだ1話が始まったばかりで2話以降「多発性筋炎」についてどう描かれるのかは分かりませんが、数々の名作を生み出してきた岡田惠和(おかだよしかず)さんが脚本を手掛けておられるのでそんなに薄っぺらい内容で終わるということはないのでは?と思います。

なのでもし紅野真空が亡くなるということになっても、それほど悲壮な終わり方にならないんじゃないのでは?と予想しています。

にじいろカルテのドラマ主題歌や音楽まとめ♪

にじいろカルテ村の診療所などロケ地や撮影場所!

高畑充希ドラマ着用衣装についてお伝えします

にじいろカルテドラマ世間の反応は?

 

「にじいろカルテ」のドラマが決まったことに、世間の声を見てみましょう~♬

おわりに・・・

 

今回はにじいろカルテのドラマの最終回結末ネタバレ予想についてお伝えしました~♬

高畑充希さんと脚本家の岡田惠和(おかだよしかず)との組み合わせで始まる今回のドラマ、個性的な登場人物に囲まれながらも人とのつながりの素敵な部分を知ることが出来るほっこりするストーリーとなりそうです。

2021年新春早々、素敵なドラマを楽しめそうです^^

にじいろカルテドラマあらすじ

 

テレ朝ドラマ初主演! 高畑充希が“秘密”を抱えたポンコツ女ドクター役に!! ヘンテコ外科医&看護師と3人で織りなす、新たなチーム医療ドラマが誕生!

2021年1月期、高畑充希がテレビ朝日ドラマ初出演にして初主演となる木曜ドラマ『にじいろカルテ』の放送が決定しました!

『とと姉ちゃん』『過保護のカホコ』など様々なドラマで主演を飾り、その高い演技力で見る人を魅了し続け、表情・感情豊かに多彩な役を見事に演じてきた高畑が今回挑むのは、“秘密”を抱えた女ドクター・紅野真空(高畑充希)。

キャラが濃すぎるキャスト陣のかけあいは、“チーム医療ドラマ”というよりは、思わず吹き出してしまう“お医者さんたちのコメディー”といっても過言ではないかも?

まるでジブリの世界のような、不思議な村での映像を紡ぐのは、映画『神様のカルテ』やドラマ『僕とシッポと神楽坂』の深川栄洋監督。

激動の令和という時代において、医療従事者、刑事、弁護士、教師、芸能人…ドラマに出てくるような一見華やかな職業ほど、必要以上に「人としての正しさ」を求められ、当たり前のようにSNSで匿名の悪意に晒される時代。

だけど、相田みつを氏のこんな言葉があります。「にんげんだもの」。医者だって白衣を脱げば、ただの人間。定時に帰りたいし、恋もするし、ヤケ酒も飲むし、合コンも行くし、お金も必要。家族と喧嘩することもあるし、風邪もひくし、病気になることもあるはず。

現実はドラマみたいにオシャレじゃないし、日常は泥臭くて、理不尽だらけ。“医者だから”って、人のために何でもできる聖人君子なわけじゃないし、感情もある…みんな同じ、普通の人間です。そんな“人なみの弱さ”を抱えた医師たちは、この村でそれぞれの生き方を見つけていくことに――。

ドラマ史上、もっとも“普通”の医者…いや、普通よりも、ちょっとダメ人間(笑)。

そんな、全然スーパーじゃないドクターたちがお送りする、異色の木曜ドラマの誕生です!!

 

error: Content is protected !!