天国と地獄

天国と地獄の犯人を考察!犯人は九十九(中尾明慶)の理由をネタバレ

「天国と地獄~サイコな2人~」日曜劇場

2021年1月17日スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

綾瀬はるかさんと高橋一生さんの「入れ替わり恋愛ドラマ」と思いきや、見ていて気になる部分が出てきました!

犯人は本当に日高陽斗(高橋一生さん)なんでしょうか??

今回は「天国と地獄ドラマ真犯人は九十九(中尾明慶さん)の理由をネタバレ考察」と題してお送りします。

 


天国と地獄ドラマ九十九(中尾明慶)が怪しい理由をネタバレ


ドラマの第1話でデンデン社長が殺されてしまうのですが、犯人は絶対日高が怪しいと思いながら望月(綾瀬はるかさん)はなかなか証拠が見つからないままとなっていました。

そんなところへバディの八巻(溝端淳平さん)から「アメリカで日高と一緒に研究室にいた九十九聖(中尾明慶さん)という男を見つけたので話を聞きますか?」と連絡が入りました。

早速つぎの朝に、アメリカとリモートで繋いで会話をする彩子&八巻と九十九さん。

九十九聖(つくもひじり)はアメリカのボストンで、かつて日高と研究をしていたという同僚の男です。

「ある事件の捜査の事で」と彩子が切り出すと、九十九は「実は、ぼくこっちでも日高さんのこと警察に聞かれたことがあるんです。」と話します。

なんと日高はボストン時代に、連続殺人・シリアルキラーの容疑で疑われていたことがあったのです。

もちろん犯人候補は何人かいたのですが、その中の1人が日高で新聞でも報道されたほどでした。

結局証拠不十分で日高は起訴されなかったのですが、司法の手から逃れるように日本に帰国していたことが分かります。

九十九からの証言を聞いて、望月は日高への疑いを確信することになるわけですが、九十九の第1話の登場シーンは実はこれだけで終わっているのです。

ネット上では早速「人気俳優の中尾明慶さんが演じているのに、これだけ??」との声があがっていました。

実は中尾明慶さん演じる九十九は、公式ホームページにキャスト名として掲載がありません。

第1話のゲスト出演という位置づけだったのかと思ったのですが、特にそういう「ゲスト枠」という扱いにもなっていないことから、却って何か怪しい気がします。

なので今後も中尾明慶さん演じる九十九は登場するのではないか?と思わせるような登場の仕方に思いました。

そこから九十九は実はサイコパス殺人犯なのでは?と疑ってみました。

他にも気になるところがあれば、更新していきます^^

【追記】

第5話で九十九の名前がやっぱり出てきました。九十九は反社会と繋がっていることが判明。日高と入れ替わっていたことがあったのではないでしょうか。

 

【天国と地獄】九十九(中尾明慶)は日高と入れ替わっていた?

九十九聖は過去にアメリカで日高と入れ替わっていたのではないでしょうか?

となると、望月の中にいるのは日高ではなくて、何と九十九という・・・。

本当の日高の魂はアメリカ在住の九十九の中にいて、九十九に弱みを握られているために真実を言い出せないのです。

望月、日高、九十九と3人の中で魂が入れ替わっていたら、今でもややこしいのにさらに複雑にストーリーが入り組んで良くわからなくなりそうですが、過去のボストンの殺人事件に九十九が関わっている可能性は高いです。

それにこの誰が犯人か?という視点からいくと、公式サイトで掲載されていない中尾明慶さん演じる九十九が1話で一旦退場することで、視聴者は忘れてしまいがち。

そのやり方が逆に怪しいように思います。

中尾明慶さんクラスの俳優をこの場面だけで使うのも違和感がありあり、と踏んでいます(^^)

おわりに・・

今回は「天国と地獄の犯人を考察!犯人は九十九(中尾明慶)の理由をネタバレ」と題してお伝えしました。

もし本当に九十九が日高と実はすでに入れ替わっているのだとしたら、ややこしいけれど望月は正義感が強いから日高のために何とかしてあげようと八巻と奔走するでしょうね!

そのことがキッカケで、九十九の身体に入れられた本当の日高と恋に落ちるのか??

とにかく続きが楽しみです^^

error: Content is protected !!