ニュース

ラウンジ嬢テキーラ事件で光本勇介が逮捕の可能性はゼロ!告発は徒労に終わるか

2020年12月に入り、テレビのワイドショー番組やニュースでは全く放送されていないもののネット上で連日話題となっている「女性急死のテキーラ事件」。

 

これはつい先日東京恵比寿の某会員制バーの飲食店にて、「テキーラチャレンジ」という危険な遊びが強要され、チャレンジしたお店の女性スタッフがその後に亡くなったという事件。

 

この件に関してツイッター上で犯人Mは実業家の光本勇介(みつもとゆうすけ)氏であると断定し連日追及を始めています。

 

この記事では関係者の証言に基づき、女性にテキーラを飲ませた光本勇介が逮捕となる可能性について、概要をまとめています。なお情報は随時、追記・更新されます。

 


女性急死のテキーラ事件の概要

 

今回の件は、11月27日の午後11時半頃に東京・恵比寿にある会員制バー「38℃」で光本勇介(みつもとゆうすけ)氏が来店した際、お店で働いている女性スタッフが、テキーラの一気飲みを強要されたというもの。

 

 

高濃度アルコールのテキーラ1瓶の一気飲み。テキーラチャレンジと言われた女性は、30分で1瓶飲み干すと10万円もらえるという条件を受け入れて飲みだしたとされています。

 

このテキーラチャレンジは光本勇介氏の一声で始まり、光本氏と一緒に店に来ていた知人や、周りのスタッフはこの危険なチャレンジを止めようとすることはなく、光本勇介氏も慣れた感じでゲームと称してスタート。

 

チャレンジした女性スタッフはその後トイレに立ち、そのまま店内で死亡した状態で発見されています。突然死のため検死されたのですが「事件性なし」として終了。死因は「喉の手術による誤嚥性肺炎」として診断されて、何事もなかったかのように終わりました。

 

この一連の話は、ツイッター上で流れ始めるとテキーラチャレンジで女性をあおったのは「実業家社長M氏。」との噂が。

 

実業家社長M氏は当初、ZOZOTOWNでお金配りおじさんとも言われている、前澤友作さんか?との憶測がありましたが、ネット上で「M氏は光本勇介氏と暴露。」のツイッターが。

 

 

「マスコミに流れないのは上級国民だからだ。」と主張して、12月に入り、連日ラウンジ嬢の死の真実を暴こうとする投稿を続けています。

 

今のところ、恵比寿テキーラ死亡事件は12月10日にデイリー新潮がオンライン上にて報道した以外は、一切マスコミで報道されていません。「上級国民が金で事件を抑えているのでは?」と言われ、不審死に対する報道が全くないことが却って憶測を呼ぶ結果となっています。

 

恵比寿にある会員制バー「38℃」のラウンジ嬢が亡くなった原因が「病死」と判断されたのはどう考えても不審な点が多いです。テキーラ一気飲みが原因と考えられるのに誤嚥性肺炎という診断は明らかに間違いではないでしょうか?

 

 

光本勇介が逮捕の可能性はゼロ告発は徒労に終わるか

 

ですが、光本勇介(みつもとゆうすけ)氏のテキーラ事件について逮捕の可能性はゼロに終わる可能性が限りなく高いです。

 

というのも当の光本勇介(みつもとゆうすけ)氏の父親は光本健次という方でオリンピック日本代表の指導を務めている人物で、東海大柔道部の役員です。

 

そして母親は光本恵子という、日本オリンピック委員会会長・山下泰裕さんの秘書を務めています。山下泰裕氏と光本健次氏は密接な関係であるとのことから、2021年に開催予定となっている東京オリンピックを前にこのようなスキャンダルが表沙汰になるのは避けたいところです。

 

この件について、2020年12月10日にデイリー新潮が光本勇介(みつもとゆうすけ)氏に取材をし、本人からのコメントをもらっていますが「強要したとは言っていません。」と主張。

 

「テキーラチャレンジ」をやってみようとしたことはインタビューの中で認めたものの、このようなことが起きて現在自身の精神状態が不安定である、と明かしています。

 

「こんな経験は人生では初めてでして、いまもショックで精神的に不安定な状態が続いております。そんな中で数日前から、SNSで私が存じ上げない方々がこの件について、事実でないことも含めて発信し始めました。あまりにも拡散力が大きいものですから、一個人として止められる術も思いつかず、真実をお話しさせていただきたいと思った次第です」

引用元:デイリー新潮

 

 

だがこのテキーラ事件に関して、テレビのワイドショー番組などで取り上げることはないでしょう。もしこの時有名芸能人が一緒に参加していたとしたら、マスコミも取り上げる可能性がありますが、光本氏がいわゆる「上級国民」レベルの一族であることや、2021年に東京オリンピックが開催予定となっているためにこの件に関してはスルーされる可能性が高いです。

 

 

亡くなった女性が「病死」と判断されている点や光本勇介(みつもとゆうすけ)氏のご家族の経歴を考えるとされるか、再捜査されることなくこのまま徒労に終わるでしょう。

 

現時点ではデイリー新潮以外のマスコミがこの事件を中立的な立場で取り上げてくれるのかどうかは依然として不明瞭です。

 

【2020年12月12日追記】

 

12月12日土曜日の夜21時より、週刊文春がyoutubeにて、今回のテキーラ事件について取り上げています。

 

 

 

事件に関しては今後も続報が入り次第、随時更新・追記していきます(続く・・・)

 

error: Content is protected !!