カムカムエヴリバディ

カムカムエブリバディ放送日いつからいつまで全話数は?最終回の日程について

「カムカムエブリバディ」NHK朝ドラ

2021年11月1日スタート 毎週月曜~金曜 8:00 – 8:15 NHKテレビ

ドラマは昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの100年におよぶ家族の物語。

ヒロインを演じるのが、上白石萌音さん・川栄李奈さん・深津絵里さんという3人であるのも話題になっています。

『カムカムエブリバディ』は京都・岡山・大阪を舞台としたドラマ作品となります。

今回は「カムカムエブリバディ」のドラマがいつから放送で全何話になるのか最終回の日程もチェックしながらお伝えします。

カムカム朝ドラNHKの見逃しはU-NEXT<ユーネクスト>で!

今なら見逃し配信動画を31日間無料でおためし視聴できます。

登録から31日の間に解約すれば一切料金が発生しません。無料期間内に『カムカムエブリバディ』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXT<ユーネクスト>でしたら、初回登録時に無料で1,000ポイントもらうことができます。

そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能になります。

U-NEXT<ユーネクスト>経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

2022年4月時点での情報です、詳しくは各サイトにてご確認お願いします。

 

 


【カムカムエブリバディ】放送日はいつからいつまでで全何話?最終回の日程は4月8日金曜日

朝ドラカムカム最終回は4月8日金曜日に

上白石萌音さん演じる安子からバトンタッチして、2022年1月19日時点で安子の娘・るい(深津絵里さん)編、そしてひなた編となってから、NHKの公式サイトより2022年4月8日(金曜日)が最終回となることが発表されました。

ようやく、これまでのNHK朝ドラの放送スケジュールに戻ってきた感があります^^

・放送期間⇒2021年11月1日(月曜日)スタート、

・2021年の放送は12月28日(火)まで、年明けは2022年1月3日(月)再開。

安子編:第1週~第8週

るい編:第9週~

・最終回はいつ?⇒2022年4月8日(金)が最終回

・全部で23週、112回

2022年4月8日追記:カムカム最終回放送!怒涛の伏線回収へ!

3人のヒロインが登場するカムカムの朝ドラも無事、4月8日に最終回の放送を迎えることが出来たんですが、最後の15分間も壮大な伏線回収、とにかく怒涛の展開で終わりました。

ドラマはディッパーマウスの喫茶店に来ていた、アニー安子がマスターからいただくおはぎを食べるところから。

そのおはぎを作る「たちばな」は、ジャズコンサートの協賛も務める人気の会社に成長されてたのですが、その社長の男性というのが、戦後瓦礫の中からたちばなの和菓子店を立て直そうと安子が父と再建していた時におはぎを食べておいしいと言っていた、あのおはぎの少年でした。

最終回まで安子の幼なじみのきぬちゃんの登場がなかったので、このままなのかな??と思いましたがディッパーマウスの喫茶店にきぬちゃんのお孫さんの女の子・かなちゃんが来店!

勇おじさんと一緒に来ていた桃太郎が、きぬちゃんにその場で一目ぼれ♡して、そのまま二人は結婚へ、きぬちゃんが大月の回転焼き店を継ぐことになり、もも太郎は地元の野球部の監督さんになり、10年後に子供の剣らと共に雉真製のユニフォームを着て、ついに憧れの甲子園に行くことが出来ました~!!

他にも、モモケンさんがついに結婚したのですが、そのお相手はなんとおゆみさん♡

そして最後に、ビリーが登場してたのですが、ひなたの初恋でもあった、あのビリー。

ひなたは初めはビリーに話しかけたいなって気持ちでラジオ英語を聞き始めて、ちっちゃい頃のひなたの夢も叶って良かったです^^

最終回は、最高のハッピーエンド!おはぎの少年もきぬちゃんもビリーも、気になってたこと何もかもスッキリ終わって感激でした~!!

 


ドラマ「カムカムエブリバディ」は、2022年11月1日月曜日よりスタートしています。

2020年2月以降はコロナの影響で、同年の春・夏ドラマの撮影で休止や延長が続いていました。

6月に入り緊急事態宣言の解除となったことから、各放送局のドラマの撮影も再開されています。

今回のドラマは、前クールとなる「おかえりモネ」と同じく、約6か月間の放送期間になります。

コロナの影響もありますので、感染の状況によっては放送回数が短縮となる可能性はあります。

というのも、これまでのNHK朝ドラは通常、前期が4月から9月、後期は10月から3月の各期ともに半年間の放送となっていたのですが、コロナの影響により通常の放送期間について変更を余儀なくされていました。

2020年3月30日より放送が始まった、窪田正孝さん主演の「エール」は緊急事態宣言の影響で放送中止となり、最終回は11月27日となったことで実質的に放送回数は減らされて放送されました。

このため、2021年に放送された杉咲花さん主演の「おちょやん」も順を追って通常放送に戻すべく放送回数が調整されて実質は話数を短縮。

「おちょやん」の次に放送された「おかえりモネ」も、2021年5月17日より放送され、10月29日(金)が最終回となりました。

「カムカムエブリバディ」は、「おかえりモネ」の後に続く2021年度後期放送のドラマとなります。

2022年より、再び感染拡大となっていますがよほどのコロナによる緊急事態宣言などが起きることもなく順調に放送されて良かったです^^。

カムカムのストーリーが怒涛展開なのは放送期間と3人のヒロインが理由?

今回のドラマですが、とにかく展開が早いんです!

11月からスタートしてから、安子が稔さんと両想いになって、結婚するも戦争で出兵して戦死。

必死でるいと共に生きてきたのですが、平和な和菓子屋の長女だった安子が、これでもかという位、困難の波が押し寄せています。

最後の登場となる8週目には、弟で幼なじみの勇ちゃんからプロポーズされるも受け入れず、アメリカに変えるロバートに求婚され、るいとは離れ離れになるわ、友だちのきぬちゃんが出産する一方で、雉真家の女中・ゆきえさんにつわりの兆候が見られるなど、15分でスゴイ展開でした^^

(何だか朝ドラなのに、昼ドラをみてるかのようでしたが、個人的には面白いと思いました。)

そんな12月22日(水)放送には早くも、安子の一人娘「るい」が成長して登場しています。

ルイを演じるのは、深津絵里さんです^^

それにしても今回の朝ドラ、あまりに展開が早すぎてついていけない!という方もいるかもしれません。

この流れについては公式サイトでは発表されていませんが、個人的にはやはり「本来なら10月から3月までの放送期間」だったのが、コロナの影響で1か月の期間が短縮されたということからジェットコースターな流れとなったのだと思います。

2・3日放送を見忘れただけで全然違うストーリーになるのは、深津絵里さんの「るい」編以降も・・・となりそうですが、それでも何だかんだと3人のヒロインが繋がっていってるのは、流石の脚本です^^

 

カムカムエヴリバディ朝ドラあらすじモデルのネタバレ

主人公安子(やすこ)を演じる上白石萌音さんドラマ衣装まとめ

カムカム朝ドラの次は「ちむどんどん」

 

 

カムカムの最終回へ向けての伏線回収はどうなる?ジョーのトランペットや安子・算太について

カムカムの朝ドラは、18週目(2月25日金曜日まで)が終わると、4月8日(金)の最終日まで残りあと1か月強となります。

川栄李奈さん演じるひなたも高校を卒業して、映画村に就職が決まって幼いころからあこがれていた「モモケン」にお茶くみすることが出来たりと、ストーリーが進んでいますが、気になるのが、キャストさんの今後の伏線回収ではないでしょうか。

先日ヤフーニュースで、制作統括の堀之内礼二郎さんがコメントをされています。

ジョーのことのみならず、そのままになっている安子や算太の視聴者の皆さんが気になっているところは、ちゃんと回収していきます。

引用元:ヤフーニュース

安子がアメリカに行ってからどうなっていたのか?

娘のるいとの確執は解消されるのか??です。

個人的には、安子はるいと和解できると予想しています。

るいは安子との思い出を封印してきたものの、少しずつ優しかった安子のことも思い出しています。

それと何となくでも安子のことを覚えている荒物屋「あかにし」の清子(松原智恵子さん)と偶然にもご近所さんというのも、安子とるいを繋げる伏線となるつながりになってるように見えました。

安子は雉真家とコンタクトをとることは可能です。

勇経由で安子がるいと電話なり手紙なり連絡することは、お互いが拒否しない限り可能です。

ただ雉真家があれから全くと言っていいほど出てこないので、るいが結婚の報告をしているのかは微妙ですよね。

伯父さんとなる勇は、るいをかわいがっていたので、おそらく連絡は取り合っていると思いたいですが。

なので予想しているのが、るいは清子から安子の子ども時代を聞いて、自分が大事にされていた記憶を甦らせて、やがて安子と手紙のやりとりをするようになるのです。

また、ジョーがやっと吹きたいという気持ちが蘇って、実力ある(元々才能はありますしね)有名なトランぺッターとなり、アメリカで演奏したときに安子と会う、という予想もあります。

ジョーはアメリカでトランペットを吹きたいと言っていました。そして心の底でるいが安子に会いたがっている、ということも見抜いていました。

最終回までに、るいの安子への誤解は解けるのでは??と希望を含めた予想です^^

【追記】

19週目に入ってジョーさん、友人のトミー北沢のデビューに刺激を受けて、ついにトミーのバンドにピアノ担当で加入することに!

そしてジョーとるいは渡米することになりました。

両親の渡米中も大月のお店を出来るだけ営業させながら、映画村のお仕事もこなし、英語の勉強も毎日欠かさず継続して、ついに以前通っていた英会話教室の米国人女性に「とっても英語話すことが上手くなったね」と言われるまでになった、ひなた。

一方、気になるのはハリウッド映画作成のために日本にやって来た監督たちですが、その中にキャスティングディレクターのアニー(森山良子さん)がいました。

この女性、ひなたの英語力を褒めてくれ、親しみを持って接してくれるのですが、彼女はひなたの今後に重要な人物となるんでしょうか?

 

カムカム算太について

そして「カムカムエヴリバディ」で気になるのが、安子のお兄さんの算太。

ドラマは18週目で1983年の設定。

ひなたはもうすぐ高校3年生。

算太は1920年生まれなので、このとき63歳。

予告動画にも60代の算太が突然(笑)登場しています。

ある日条映映画村のCMに、モモケンこと桃山剣之介(尾上菊之助)が出演することが決まります!

そのCM撮影時にひなたはナゾの振付師に出会いますが、その振付師こそが算太!

算太は「ナゾの振付師」となっているので、ナゾというのが気になります(笑)

算太の回収しなければならない伏線は、まずは行方不明になった理由ですよね!

勇の妻となった元お手伝いさん・雪衣への失恋が原因となったのだと思いますが、安子のことを考えると、どう考えてもお店の開業資金は置いていってもよかったのでは?と思います。

そしてその後の算太の生活です。どうやって暮らしていたのでしょうか??

ヒントとなる材料は少ないですが、個人的に算太の最終回を予想してみました。

算太は雪衣が勇の部屋から出てくるのを見た朝、資金をもって信用組合に向かうはずでした。

算太がガラスに映った自分の顔を、じっと見つめる映像がありました。

あのときにどこかに行こうと思ったのかもしれません。実際に信用組合には行ってません。安子のことを考える余裕もなかった?

もしくは誰か会いたくない会ったのかも?まさか借金取りかな?と思いましたが、算太は戦争に行って帰って来なかったので、借金があるとは考えにくいです。

やはり雪衣のことで自分を見失ってしまったのだと思います。

その後どうしていたのかは予想もできませんが、振付師として現れたところをみると、ダンスの仕事をしていたと考えるのが自然でしょう。

ただ算太はお調子者でかなりのウソつきです^^

とはいえ、条映映画村に頼まれてやって来たと思うので、もしかしたらそこそこ名の通った振付師なのかも?このあたりはまだナゾです。

ひなたは映画村で話題になっている、モモケンと伴虚無蔵の確執について算太に聞きますが、算太は話をはぐらかていました。

いろいろと算太については胡散臭い部分もありますが(笑)ちゃんとした振付師になっているのでしょう。

算太とひなたがつながった、ということはきっと安子の兄だということも、いずれわかることと思います。

るいはほとんど覚えてないと思いますが、少しの間算太とるいは一緒に暮らしていました。

算太が資金を持ち逃げしたことをるいに告げれば、安子への憎しみやわだかまりが薄れることでしょう。

そう考えると、ジョーさんが渡米することになって、るいも一緒に行って安子に会うことになるのでしょうか??

【2022年3月1日追記】

ひなたの働く京都の撮影所に姿を現した算太が、たまたまひなたの家の回転焼き屋さんに一緒に行くことになり、そこで回転焼きを焼いていたるいが、雉真家のるいであることを察して忽然と姿を再び消します。

そんな算太は、19週目以降再び登場するようです。

予告動画では算太の「わしが悪いんじゃ・・・」の声も聞こえているので、これまでのことをるいやひなた達に謝るのかも、、ですね。

カムカム「るい編」オダギリジョー演じるジョーについて!トランペットを再び演奏する日は来る?

深津絵里さんが登場する「るい編」では、大阪で暮らすことに決めたるいが、おでこの傷が原因でホテル就職の面接をあきらめて、クリーニング店で住み込むことになります。

その竹村クリーニング店に現れた「謎の男」を演じるのは、オダギリジョーさん。

洗濯物を山のように持ってきた男性です。

オープニングでも「宇宙人」のクレジットがあって、どんな人なのか気になります。

12月24日(金)の放送では、るいが働くクリーニング店に、宇宙人の映画のポスターを貼りに来る男性の姿がありましたが、オダギリジョーさんの役柄は俳優さんなのでは?

そしてこの宇宙人の映画に宇宙人役で出演している、スーツアクターなのかな?と思っていたんですが、12月25日(土)の総集編で放送される次週予告をみていると、トランペットを演奏するオダギリジョーさんのお姿が!

この姿を見て「もしかして、ディッパーマウス」のマスター(世良公則さん)のお店に、いつの間にか出入りしていた少年なのかな?とも思いました。

ネット上でもそんな声が上がっています^^

「カムカム」のドラマは年内は、12月28日(火)が最終放送日となるそうなので、オダギリジョーさんの謎は2022年に持ち越されるのかもしれません^^

カムカムでるいが結婚後に安子と再会できる?

ここからは、私個人の勝手な予想です。

自分の名前がルイ・アームストロングのルイではないと否定するるいに対して、錠一郎は自分の名前は自分を拾ってトランペッターへの道を開いてくれたマスター定一の名前から名付けたことをるいに告げて、るいと安子がマスターのお店で仲良くルイ・アームストロングの曲を聴いていたこと時に自分も同じ空間にいたんだと話します。

その話から、るいは母安子と父稔の深い愛情に気づいて、両親が愛した英語の勉強をラジオ英語講座を聞いて始め、やがてるいと錠一郎は結ばれて、ナベサダと同じ様にアメリカに渡り、るいが安子と再会する、というストーリーを考えてしまいました。

安子編が結構つらい流れだったので、「るい編」が幸せストーリーで終わるでしょうか??

【追記】

錠一郎は残念ながらトランぺッターの道へは行かずでしたが、るいと無事結ばれて、ひなたと桃太郎が誕生し、るいが回転焼きの商売をしながら4人で幸せに暮らしています。

そして物語は17週目(2/21~2/25放送)に突入してから再び登場したのが、濱田岳さん演じる算太です!

算太がこの流れで登場したということは、安子と再会出来る伏線(回収)となるんでは?と予想しています。

実は算太は失踪後、持ち逃げしたお金を使って渡米し、現地で働きながらダンスを勉強していて、あとからロバートと一緒に渡米した安子と再会(ただ見かけただけかも)しています。

るいのことを当然知っているサンタは、ひなたと出会ったことがキッカケでるいと再会するのですが、まさか自分の失踪がキッカケで自分の妹・安子や、るいが辛い目に遭っていたことを今になって知るのでした。

でもこれだけの長い年月が流れたことで、るいは算太に対しても母だった安子に対しても昔ほどのわだかまりは無くなっているのではないでしょうか。

算太に再会したるいは、あらためて母・安子の行方を知ろうとすると、安子が亡くなっていることを知ります。

るいはジョーやひなた達と一緒に渡米して安子の眠る墓地に赴き、トランペットを封印していたジョーがルイアームストロングの「オンザサニーサイドオブザストリート」を演奏することになる、と予想してみました。

 

カムカムのドラマに松重豊さんが出演!

12月28日に放送された回では、冒頭の映画シーンで、松重豊さんが斬られる侍役で突然登場しています。

ほんの一瞬とも言う内容で、あまりの“端役”に、ネット上は「松重さん?」と二度見の声が上がっていました。

この日の「カムカム-」では冒頭、桃山剣之介(尾上菊之助さん)の剣劇映画のシーンが放送されて、剣之介がバッタバッタと敵をなぎ倒していくが、最後に斬られた侍が松重豊さんだったんですよね。

オープニングのクレジットに「斬られる侍」として松重豊さんの名前があって確認出来ました。

大阪制作のNHK朝ドラでは、前作の「おちょやん」でも、天海祐希さんが大女優役としてポスターのみに出演した例がありました。

今回も松重豊さんの「豪華な使い方」「大物俳優のぜいたく使い」となり、もしかしたら今後もこのようなサプライズ出演があるかもしれませんね^^

【追記】

斬られ役として登場していた松重豊さんが、「るい編」に続く「ひなた編」に登場されることが発表されました。

「ひなた編」は舞台が京都になります。

安子の孫でるいの娘であるひなたが主人公となる京都編は、昭和40年代の京都を舞台にスタート。

商店街育ちで時代劇が大好きなひなたが、さまざまな出会いを通して成長していくすとーりーになりますが、松重豊さんは、日本の時代劇を支えてきた斬られ役として一目置かれる大部屋俳優・伴虚無蔵を演じます。

伴虚無蔵はオーディションを通じてひなたと関わることになり、ひなたが京都の撮影所ではたらくきっかけを作ってくれた人物で、後に大部屋俳優のぶんちゃんと恋仲となります。

そんな伴虚無さんは、名言を言っていました。

「いつ訪れるかも知れぬ時に備えて日々鍛錬せよ!」

 

「カムカムエブリバディ」主題歌は「アルデバラン」でAIさんに決定!タイトルの意味は?

2021年11月1日放送開始ということで、新たなキャストに続いて主題歌についても発表がありました~♬

カムカムエブリバディの朝ドラ主題歌を歌うのはAIさんで、「アルデバラン」という曲です。

この曲の作詞作曲は森山直太朗さん。

森山直太朗さんと言えば、2020年の朝ドラ「エール」では主人公の小学生時代の担任の先生を演じるなど役者としても活躍されています。

主題歌のタイトル「アルデバラン」ですが、「後に継ぐもの」という意味が込められています。

「アルデバラン」はアラビア語で「後に続くもの(Al Dabaran)」という意味です。

又、「アルデバラン」は、占星術で「大吉の星」と言われており、おうし座のアルファ星の固有名でした。

ちなみにアルファ星とは星座を構成する主な恒星のことで、例外はありますが通常はその星座で最も視等級が明るい星のことを指しています。

なぜそんな名前がついたのかと言うと、同じおうし座の星の集団「プレヤデス(すばる)」よりも少し遅れて日周運動していることからです。

今回のドラマは主人公が3世代に渡って続いていくということから、このような意味が込められたのでしょう。

【追記】10月26日に放送決定

2021年10月26日の「うたコン」では、先行して主題歌が披露されることが発表され、「アルデバラン」の主題歌がドラマのセットと共にAIさんの歌が披露されました。

AIさんと上白石萌音さんが2021年NHK紅白に出場

2021年のNHK紅白歌合戦が今年も放送されます♬

今回は2年ぶりに有観客での開催となるのですが、AIさんと上白石萌音が「紅組」として出場されることが発表されました。

又お二人の歌う曲も発表され、AIさんは「アルデバラン」、上白石萌音さんは「夜明けをくちずさめたら」を歌われます。

紅白歌合戦の本番放送中には、AIさんが歌う時に上白石萌音さんも駆けつけて「AIさんのアルデバランの曲を初めて聴いたのは、クランクアップの時でした。」とのエピソードを話していました。

上白石萌音さんの歌う今回の歌は、地震の7作目の配信シングルで、2020年5月11日発売。

NHKの音楽番組『みんなのうた』で、2020年4月〜5月に放送されたこの曲は、「いきものがかり」のリーダー・水野 良樹(みずの よしき)さんが作詞作曲を手掛けられています。

上白石萌音さんNHK紅白で着用していた衣装は「Dior」

 

 

【アルデバラン】森山直太朗の経歴プロフィール

ここからはあらためて、カムカムの主題歌を作られた、森山直太朗さんの経歴プロフィールをご紹介します!

・名前 森山直太朗(もりやま なおたろう)
・生年月日 1976年4月23日(2021年現在、45歳
・出身地 東京都

森山直太朗さんと言えば、代表曲と言ってもいい位、「さくら(独唱)」が有名ですよね。

そんな森山直太朗さんに演技経験はあるのでしょうか?

実は、森山直太朗さんは俳優としては、木村拓哉さん主演のドラマ「HERO」に出演されていました。

この時は、森山直太朗さんは犯人の役でした。

適当な供述しかしない犯人で、捜査を混乱させるという、役どころです。

森山直太朗さんの演技に、視聴者からも絶賛されていました!

また、2月に放送されたNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」では講師の役を演じて、ここでも話題となりました。

しかも英語の発音がすごい!と評判になっていました。

そして森山直太朗さんは、ドラマ出演だけでなく、舞台をやっています。

通常のライブに舞台の要素を盛り込んだ内容で、ある意味ミュージカルのような公演形態です。

この劇場公演が最初におこなわれたのは2005年の劇場公演『森の人』でした。

2012年には「とある物語」。

2017年には「ある城」を成功させています。

森山さんのお母さんは森山良子さん。

そして父親はミュージシャンのジェームス滝さんです。

森山直太朗さんが音楽を始めたのは、大学生の時でした。

この時から、本格的にギターを始め、路上ライブからスタート。

デビューはインディーズからミニアルバム。

次のミニアルバムはメジャーからリリースした後、2003年にあの「さくら(独唱)」が大ヒットしました。

そんな森山直太朗さんは、プライベートでは、2018年にピアニストの平井真美子さんとご結婚されています。

歌でも芝居でもプライベートでも、森山直太朗さんは活躍されています。

 

「カムカムエブリバディ」ドラマ原作について

「カムカムエブリバディ」は、小説やマンガの原作、歴史上の偉人がモデルとなっておらず、藤本有紀(ふじもと ゆき)さんの脚本によるオリジナル作品ドラマです。

藤本有紀さんは、兵庫県出身の53歳。

藤本有紀さんといえば、2007年より放送されていた朝ドラ「ちりとてちん」が大ヒットしましたね~!


京都、岡山、大阪を舞台に、昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの100年におよぶ家族の物語をハートフルコメディとなる、今回のNHK朝ドラ。

「カムカムエブリバディ」のドラマが、どんな風に展開していくのか、楽しみで期待してしまいますね^^

「カムカムエブリバディ」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

今回は「【カムカムエブリバディ】ドラマ放送日いつからいつまで全何話?最終回もチェック」と題して、放送日についてお伝えしました~♬

個人的には「ちりとてちん」の朝ドラ大好きだったので、藤本有紀さんの脚本が今からワクワクします^^

 

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそう~。

2021年11月からスタートする「カムカムエブリバディ」のドラマが今から楽しみです\(^▽^)/

カムカムエブリバディの次は「ちむどんどん」

 

 

カムカムエブリバディ【ドラマのあらすじ】

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋で、女の子が生まれた。名前を安子(上白石萌音さん)という。あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家庭に育った安子は、ずっと家族との幸せが続くことを願った。やがて戦争の足音が近づくなか、さまざまな試練が安子に舞い降りる。
けれど、ラジオ放送開始からまもなく始まるラジオ英語講座との出会いが、安子の未来を切り開いていく。

安子、るい、ひなたと、三世代の女性たちが紡いでいく、100年のファミリーストーリー。

安子の娘、二代目ヒロイン・るい(深津絵里さん)の物語は、昭和30年代の大阪から始まる。るいの娘、三代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈さん)の物語は、昭和40年代の京都から始まる。
昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見いだしていく。
そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

連続テレビ小説「ちりとてちん」の藤本有紀が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!