ニュース

佐藤喜人容疑者の祖父(家族)の経歴は電気工事会社の社長で特定?那須町の別荘についても

東京都豊島区の契約社員で35歳の富塚沙織さんを死体遺棄した疑いで逮捕された、保育士で29才の佐藤喜人(さとうよしと)容疑者。

遺棄した場所は栃木県那須町の山林で、ここは佐藤喜人容疑者の資産家の祖父が所有していることが分かっています。

佐藤喜人容疑者の祖父は電気工事会社の経営者ですが、どのような人物なのでしょうか?

この記事では関係者の証言に基づき、東京都豊島区在住だった、富塚沙織(とみづかさおり)さんの行方不明事件で逮捕された佐藤喜人(さとうよしと)容疑者の祖父について分かった経歴や顔画像、事件の概要についてまとめています。なお情報は随時、追記・更新されます。

 


佐藤喜人容疑者(保育士)の祖父は誰でどんな人?

 

佐藤喜人容疑者の祖父の経歴や所有している那須町の山林の土地については、2020年12月25日付にて「週刊文春オンライン」が報じています。

佐藤喜人容疑者が遺棄したとされる遺棄現場の那須町の山林は、佐藤喜人の祖父が所有する別荘の敷地内。

1979年に160五平米の土地を購入後、1992年に延べ床面積60平米ほどの2階建ての別荘を建てている。

埼玉県川口市内で幼少期を過ごした佐藤善人容疑者。

母方の祖父は豊島区で年間売上高2億円ほどの電気工事の会社を経営し、埼玉県内の自宅のほかに、会社の所在地である豊島区の約40平米のマンションや那須の別荘も所有する資産家である。

引用元:文春オンライン

佐藤喜人容疑者の祖父の経歴については、東京豊島区で「電気工事会社」を経営しており、都内や栃木県那須町に土地を持つことが出来ている資産家であることまでが分かっていることです。

年齢について週刊文春では実年齢を報じていませんが、現在は2020年で今から40年前に土地を購入されていることや、佐藤喜人容疑者の年齢が29歳であることから、少なくとも80才前後となるご年齢なのではないでしょうか。

埼玉県内に自宅があるということと、今回の事件について大きく報じられていることもあり、祖父のご近所の方々には知れ渡ってしまっていることを考えますと80歳近い年齢でこのような現実を突きつけられてしまうのは、あまりにも辛いことです。

佐藤喜人の祖父の会社の特定は?

 

佐藤喜人容疑者の祖父は会社の経営者ということや、埼玉県内に自宅があることから、祖父の経営する会社を特定することを試みてみました。

週刊文春オンラインでは次のような記載がありました。

周辺の取材を進めると、父親の姿は全く見えてこず、幼少時から母子家庭で育ったとみられる。

引用元:文春オンライン

記事の内容によりますと、佐藤喜人容疑者の母方の祖父が資産家であることが分かりました。

佐藤喜人容疑者の父親の素性はわかっておらず、幼少期に母子家庭で育ったとありますから、現在の「佐藤」という苗字は母方の苗字です。

ということは「東京豊島区の電気工事会社」の代表が「佐藤」さんである可能性が高いです。

調べてみますとあてはまる会社がいくつか出てきました。

「年間売上高2億円ほどの電気工事の会社」が佐藤容疑者の祖父である可能性が高いと見ることが出来ます。

現時点で特定にまでは至っていませんが詳しい情報が報じられ次第、こちらに記載していきます。

 

佐藤善人容疑者の祖父「那須の山林」別荘の場所や購入理由とは?

 

週刊文春オンラインが報じている、佐藤善人容疑者の資産家の祖父が栃木県那須町に購入した土地については以下の通りです。

  • 1979年に160五平米の土地を購入
  • 1979年に160五平米の土地を購入
  • 1992年に延べ床面積60平米ほどの2階建ての別荘を建てた

佐藤善人容疑者の祖父の別荘がある栃木県那須町の山林の場所はコチラになります。

栃木県那須町では現時点でも、報じられている規模の土地・建物は多数あります。

当ブログでは那須町周辺の方へ取材を試みていますので、具体的な場所を特定次第追記させていただきます。

 

35歳行方不明殺人事件は無施錠が原因!佐藤喜人容疑者は富塚沙織さんをストーカ―の過去

富塚沙織さん顔画像!facebookインスタから特定!「美人で動物や旅行が好きな優しい女性」

 

佐藤喜人(よしと)豊島区女性不明事件の概要

 

ここからはあらためて元保育士の佐藤善人容疑者の事件について見ていきます。

東京都豊島区南長崎に住む契約社員、富塚沙織さん(35)が今年9月から行方不明となっている事件で、警視庁捜査1課は6日、栃木県那須町にある別荘地に遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで同区目白の保育士、佐藤喜人容疑者(29)を逮捕した。

調べに対し、「スコップで穴を掘って埋めた」などと容疑を認めている。

富塚さんの殺害についても関与をほのめかしているといい、捜査1課は遺体は富塚さんとみて身元の特定を急ぐとともに、事件の詳しい経緯を調べる。

逮捕容疑は9月24日ごろ、女性の遺体を那須町の山林の地中に埋めて遺棄したとしている。

検視の結果、死因は不詳で年齢は30~40代と判明。目立った外傷はなかったという。

捜査1課によると、9月下旬の富塚さんの失踪前日や当日、富塚さんの自宅近くの防犯カメラに佐藤容疑者が写っていたことなどから関与が浮上した。

その後、佐藤容疑者が乗用車で那須町に移動していたことも分かったが、このとき、すでに死亡していた富塚さんの遺体を車内に置いて運んでいた疑いがあるという。

事件では、捜査1課が今月5日に佐藤容疑者を立ち会わせて同町の別荘地周辺を捜索。同日夜、説明通りの場所の土中から遺体の一部を発見していた。遺棄現場は、佐藤容疑者の親族名義の土地だという。

引用元:ヤフーニュース

東京都豊島区の35歳の会社員、富塚沙織(とみづかさおり)さんを遺棄して逮捕となった29歳の保育士、佐藤喜人(さとうよしと)容疑者の祖父の経歴や、那須町の別荘については今後も分かることがありましたら、随時更新していきます(続く・・・)

error: Content is protected !!