ニュース

富塚沙織さん顔画像!facebookインスタから特定!「美人で動物や旅行が好きな優しい女性」

東京・豊島区の35歳の会社員の女性、富塚沙織(とみづかさおり)さんが、2020年9月から失踪し行方不明になっていた件で、豊島区目白の元保育士で29才の佐藤喜人(さとうよしと)容疑者が逮捕されました。

 

この男性は「女性の遺体を栃木県内の那須の別荘地に埋めた。」などと話していることから、富塚沙織さんの件に関わっているとして逮捕前から事情聴取を受けていました。

 

この記事では関係者の証言に基づき、東京都豊島区在住だった、富塚沙織(とみづかさおり)さんの行方不明事件について徹底調査し、富塚沙織さんのフェイスブックやインスタグラムから分かった経歴や顔画像、事件の概要についてまとめています。なお情報は随時、追記・更新されます。

 

 


富塚沙織さんfacebookインスタグラムから顔画像を特定!

 

 

 

行方不明となっていた35歳会社員の富塚沙織さんは、SNS媒体としてフェイスブックやインスタグラムを使用しており顔画像や経歴を特定することが出来ました。

 

まずは冨永沙織さんのフェイスブックから見ていきます。

 

 

富塚沙織さんの最後の投稿は2013年。13年飼っていたウサギについての記載があることや、フェイスブックのアイコンをチキンラーメンのひよこにしていることから動物好きの女性であることが分かりました。

 

小動物を飼う人物ということで、生き物を可愛がる優しい性格の持ち主なのでしょう。

 

 

また、旅行好きな一面がフェイスブックの投稿から伺うことが出来ます。どの写真も2013年のもので富塚沙織さんは当時28歳ですが、現在もあまり変わらない見た目で、明るく行動的な女性であった様子がうかがえました。

 

行動範囲が広いことが旅行の行き先から分かります。

 

富塚沙織さんが京都の伏見稲荷大社に遊びに行った時。

 

 

こちらは奈良県に遊びに行った時の楽しそうな写真です。

 

 

こちらの画像では「大阪城なう 城シロ~」というコメントを付けていて、関西の旅行を楽しむ姿がありました。

 

 

続いては四国へ旅行に出かけていた、富塚沙織さん。

 

 

「本場うどんキター あと金毘羅さん行って、どんどん高松(笑)で花火見たよ」とのコメントが。

 

女性ならほとんどが大好きで、ヘビーユーザーになることも多い、ディズニーランドにも遊びにいっていました。「来たぜディズニー!!」の一文から、富塚沙織さんのワクワク感が伝わってきます。

 

 

 

関東圏へは、富士急ハイランドへ出かけている富塚沙織さん。ピースサインを決めてとても楽しそうです。

 

友達と笑顔で写っている写真があることから、交友関係も良く楽しい毎日を送っていたはずです。4年制大学を卒業し、仕事も大手金融会社に勤めており、プライベートでは全国各地に観光に行き、充実した生活を送っていたことが分かります。仕事もプライベートも順風満帆なはずだったのに、こんな事件に巻き込まれてしまい悲しくてなりません。

 

フェイスブックに続いては、インスタグラムについても調査してみたところ、Facebookのアイコンと名前が同じアカウントが存在していました。

 

 

 

最新の投稿は2018年となっていて、ここ最近も流行っているインテリアフラワー「ハーバリウム」を作ったり、美味しそうなアイスクリームを食べていることを投稿されています。

 

 

 

 

富塚沙織さんの経歴プロフィールについて

 

富塚沙織さんの経歴については、フェイスブックの自己紹介欄を元にまとめています。

 

・名前:富塚沙織(とみつか・さおり)
・年齢:35歳(2020年12月5日現在)
・住所:東京都豊島区南長崎
・出身地:埼玉県上尾市
・職業:会社員(消費者金融の契約社員)
・出身高校:私立大宮開成高等学校(~2004年卒業)
・出身大学:帝京大学(2004年~2008年卒業)

 

富塚沙織さんが住んでいた「東京都豊島区南長崎」の住所は以下になります。

 

次に富塚沙織さんの出身高校・出身大学の詳細をまとめています。

 

富塚沙織さんのフェイスブックより

 

 

富塚沙織さんが出身高校である「私立大宮開成高等学校」については以下になります。

 

 

 

富塚沙織さんが出身大学である「帝京大学」については以下になります。

 

 

富塚沙織さんの出身地は埼玉県上尾市で通っていた「私立大宮開成高等学校」は埼玉県内にあります。「帝京大学」は東京都内なので、大学進学を機に上京してきたことが分かりました。職場も東京都内の消費者金融会社の契約社員なので、上京してから12年となります。

 

佐藤喜人容疑者の経歴についてはコチラ

 

 

富塚沙織さん35歳行方不明事件の概要

 

 

東京・豊島区に住む35歳の女性が2カ月前から行方不明になっていることがわかった。

警視庁は先ほどから、近くに住む29歳の男性が事情を知っているとみて任意で話を聴いている。

 

捜査関係者によると、2020年の9月下旬以降、豊島区南長崎のアパートに一人暮らしをしながら住む富塚沙織(とみづかさおり)さん(35)の行方がわからなくなっていて、警視庁は富塚さんが事件に巻き込まれた可能性が高いとみ捜査していた。

捜査関係者によりますと、勤務先を無断で休んだことから同僚が部屋を訪ねたところ、部屋の玄関の鍵が開いていて富塚さんの姿はなく、連絡が取れなくなったということです。

その後、近くの路上で富塚さんの携帯電話が見つかり、さらに自宅の周辺の防犯カメラに、不審な車が走り去る様子が写っていたことから、警視庁は事件に巻き込まれた可能性があるとして捜査していました。

 

その結果、富塚さんの自宅近くに住む29歳の男性が何らかの事情を知っている可能性が強まり、先ほどから逮捕監禁の疑いで任意で話を聴いているという。

 

これまでのところ、2人に面識はないとみられている。

また、男性の車が栃木県那須町に行っていたことも確認されていて、警視庁が今後周辺を捜索する方針だ。

引用元:ヤフーニュース

 

 

警察が任意で29歳の男性に事情を聞いているということで、間もなく逮捕に至ることになるのでしょうが、二人に面識がなかったということや、防犯カメラに富塚沙織さんの後を付けているとみられる29歳の男の姿が写っていたことから、冨永沙織さんには面識がなくてもこの男性が前から計画して狙っていたことが考えられます。

 

冨永沙織さんは以前、正社員として大手銀行に勤めていましたが、その後消費者金融大手の契約社員として働いていました。関係者からの取材から富塚沙織さんは窓口の受付をしていたことが分かっており、今回の29歳の男性がこの金融会社に来店していた可能性が浮上しています。

 

「逮捕監禁の疑い」であることと「男性の車が栃木県那須町に行っていたことも確認」されていることから、29歳の男性が富塚沙織さんを拘束した後、車で栃木県那須町に連れ去ったと考えられることから那須町に土地勘のある人物です。

 

ちなみに富塚沙織さんの住んでいた東京都豊島区南長崎から、栃木県那須町までの距離と時間はコチラになります。

 

 

 

error: Content is protected !!