珈琲いかがでしょう

珈琲いかがでしょうキャスト相関図まとめ!原作あらすじネタバレについて

「珈琲いかがでしょう」テレ東連続ドラマ

2021年4月5日(月)スタート・テレビ東京

コナリミサトさん原作の同名タイトル漫画が実写化されることが決定!

物語の主人公・青山一(あおやま はじめ)を演じるのは中村倫也さん。

以前から主人公の風貌が中村倫也さんソックリと話題になっていただけに、満を持してのキャスティングとなりました。

今回はドラマの原作あらすじキャストのプロフィールや相関図についてまとめてみました!

 


珈琲いかがでしょうキャスト相関図は?

「珈琲いかがでしょう」の実写ドラマについては、2021年1月にテレビ東京からドラマ化決定についての発表があったことと、主演キャストが中村倫也さんに決まったことが分かっています。

キャストや具体的な放送日程時間など詳細が分かれば、相関図も公表されることになるので、分かり次第随時更新していきますね^^

青木一(あおき はじめ)/中村倫也さん

主人公。タコのマークの移動珈琲屋「タコ珈琲」の店主。

垣根志麻(がきね しま)/夏帆さん

誠実・丁寧・義理・人情がモットーの不器用なOL。

杉三平(すぎ さんぺい)/磯村勇人さん

移動珈琲屋を始める前の青山と因縁がある男。通称・ぺい。

珈琲いかがでしょう【実写ドラマ】の原作は?


ドラマ「珈琲いかがでしょう」は「凪のお暇」などで知られる漫画家・コナリミサト氏の同名マンガが原作となっています。

『WEBコミック EDEN』(マッグガーデン)にて2014年2月20日から2015年12月7日まで連載されていました。

移動コーヒー店の店主・青山一(あおやまはじめ)が行く先々で出会う人たちとの交流を描く群像劇という内容です。

以前から原作ファンの間で、主人公のビジュアルやたたずまいが中村倫也さんにそっくりという声が殺到していたので、いよいよですね^^。

珈琲いかがでしょう【ドラマ】あらすじ

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。
店主は街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、
心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく。

そんな“幸せを運ぶ珈琲物語”を描いた名作漫画「珈琲いかがでしょう」を、テレビ東京にて実写ドラマ化!

原作は「凪のお暇」などで知られるコナリミサト著「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)。

店主・青山一(あおやま・はじめ)がさりげない言葉で人々を癒し、優しくもほろ苦い人情珈琲群像劇を描いた本作品は、2014年~2015年にかけて『WEBコミック EDEN』で連載され、2018年にはアニメ化されました。

まるで癒しとほろ苦さが共存する至高の珈琲のようなストーリー…かと思えば想像もつかない急展開を見せる、今なお高い支持を誇る人気漫画です。

今回は「珈琲いかがでしょう」ドラマのキャスト相関図や原作あらすじネタバレについてお伝えしました。

主演が決まった中村倫也さん、テレビ東京のドラマに出演するのは初めてというのが意外ですが、ドラマが始まったら絶対面白い展開となりそうです。

他のキャスト(めぐさんとか)誰になるのかも今から楽しみです^^

error: Content is protected !!