イチケイのカラス

【イチケイのカラス】ドラマのロケ地や撮影場所!裁判所や自宅をチェック

「イチケイのカラス」月9ドラマ

2021年4月5日スタート 毎週月曜夜21:00~ フジテレビ系

主演は、竹野内豊さんで「流れ星」のドラマ以来、11年ぶりの月9主演をつとめます!

黒木華さんも共演することが決まっていて、原作を少しリニューアルした刑事裁判官ドラマとして話題になっています。

今回は、【イチケイのカラス】のロケ地や撮影場所を、第1話から最終回まで随時更新してまとめていきます。

 


イチケイのカラス【ドラマ】のロケ地や撮影場所は?


「イチケイのカラス」のドラマのロケ地や撮影場所は現時点では、どこで撮影となっているのか目撃情報などから分かってきました。

こちらでは、第1話から、ドラマの最終回まで、随時リサーチしておりますので、詳しいことが判明次第、更新していきたいと思います~(o^∇^o)ノ

 

イチケイのカラス1話ロケ地(2021年4月5日放送)

東京地方裁判所

こちらの建物は山梨県の有形文化財にも指定されている山梨県庁の以前の本庁舎で、2階には山梨近代人物館も設置され、建物内を申し込みすれば見学する事も可能となっています。

コチラが今回のドラマのメインのロケ地として主に外観として使われるのは間違いないです。

裁判が行われる法廷シーンの撮影場所についてはこの建物に似せたセットで撮影されているとの目撃情報がありました。

山梨県庁別館

・住所:山梨県甲府市丸の内1丁目6

【イチケイのカラス】放送日や各話あらすじのまとめはコチラ

【イチケイのカラス】主題歌や音楽は?

【イチケイのカラス】最終回ネタバレドラマの予想!

 

 

【イチケイのカラス】ドラマのロケ地を予想!


ここからは、実際のドラマが放送されるまで、ロケ地や撮影場所の予想をしていきたいと思います。

竹野内豊さん、黒木華さん演じる人物は刑事裁判官ですので東京都内を中心に、郊外などで行われるでしょう。

今回は裁判所として使われるロケ地について予想してみました。

裁判所(外観)

こちらの建物は、2018年と2020年に放送された、木村拓哉さん主演のフジテレのドラマ「BG~身辺警護人~」の中で、裁判所の外観として使われていました。

東京高等裁判所

・住所:東京都千代田区霞が関1丁目1−4


おわりに・・・

今回は「イチケイのカラス」のドラマのロケ地や撮影場所についてまとめてみました。

黒木華さん演じる、千鶴はエリートで冗談が通じないタイプの堅物裁判官ということですが、個人的には 『凪のお暇』以来2年ぶりのドラマ出演、竹野内さんとは初共演でとても楽しみです!

フジテレビの「月9」は、このところこれまで取り上げられなかったジャンルのドラマが続いているので今回も気になる内容です。

 

【イチケイのカラス】ドラマあらすじ

今作の主人公・入間みちおは、絶対に冤罪を生むことの無いよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官。ひげを生やし、服装はカジュアル。ゆるい空気をまとい、とぼけた発言をすることもしばしば。お堅い裁判官のイメージとはほど遠いですが、しがらみや偏見、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセ者です。一方で、一人あたり常に250件前後の事件を担当する刑事裁判官にとって、迅速かつ効率的に事件を処理することも大きな使命のひとつ。「そんなことはお構いなし」と言わんばかりに、マイペースで事件を深掘りしていくみちおに、周囲のイチケイメンバーたちはいつも頭を抱えています。そんなみちおは、実は元弁護士という異色な経歴の持ち主。裁判官になった背景には、過去のとある事件が深く関わっているようで……。物語が展開するにつれ、みちおの知られざる過去が次第に明らかになっていきます。

月9に出演するのは、上戸彩さんと共演したラブストーリー『流れ星』(2010)以来実に11年ぶりとなり、連ドラ出演は『義母と娘のブルース』(TBS、2018)以来3年ぶりとなる竹野内さん。これまで教師、刑事、弁護士、タクシードライバーなどさまざまな役どころを演じてきた竹野内さんですが、裁判官役は自身初。実はこの入間みちおというキャラクター、原作上は主人公ではなく、眼鏡をかけた小太りな中年裁判官として描かれているのですが、原作者の了承のもと、ドラマでは主人公に据え、魂はそのままに風貌を大胆にアレンジ!竹野内さんならではの、新“入間みちお”像の誕生にご期待ください!

 

 

 

error: Content is protected !!