ちむどんどん

ちむどんどん放送日いつからいつまで全話数は?最終回の日程について

「ちむどんどん」NHK朝ドラ

2022年4月11日より放送スタート 毎週月曜~金曜 8:00 – 8:15 NHKテレビ

ヒロインで主人公・比嘉暢子(ひが のぶこ)役を演じるのは、黒島結菜さん。

『ちむどんどん』は沖縄県を舞台としたドラマ作品となります。

今回は「ちむどんどん」のドラマがいつから放送で全何話になるのか最終回の日程もチェックしながらお伝えします。

 

 

朝ドラ【ちむどんどん】放送期間はいつからいつまで?全何話?最終回をチェック

・放送期間⇒2022年4月11日よりスタート

・(予想)最終回はいつ?⇒9月24日(金)が最終回?!。

【追記】

ちむどんどんの最終回は、2022年9月30日(金曜日)となることが分かりました。

10月1日(土)は最終週のまとめ放送となります。


ドラマ「ちむどんどん」の放送開始日は、2022年4月11日より、毎週月曜日から金曜日までの朝8時から15分間番組として放送されています。

これまでNHK朝ドラと言えば、土曜日も放送されていましたが、現在は土曜日を一週間の振り返りとして同じく15分間の「総集編」として放送されます。

今回のドラマは、前クールとなる「カムカムエブリバディ」と同じく、約6か月間の放送期間になります。

チャンネルはNHKテレビです。

コロナの影響もありますので、感染の状況によっては放送回数が短縮となる可能性は2022年4月時点でも絶対にないとはいえないでしょう。

というのも、これまでのNHK朝ドラは通常、前期が4月から9月、後期は10月から3月の各期ともに半年間の放送となっていたのですが、コロナの影響により通常の放送期間が変わってきています。

実際2020年3月30日より放送が始まった「エール」は緊急事態宣言により放送中止となり、最終回は11月27日となったことで実質的に放送回数は減らされています。

このため「エール」に続いて放送された、杉咲花さん主演の「おちょやん」以降のドラマも順を追って通常放送となるべく放送回数が調整され、2020年11月30日から2021年5月14日の放送となりました。

「おちょやん」の次に放送された「おかえりモネ」は、2021年5月17日より10月29日まで放送。

そして「カムカムエブリバディ」も2021年11月1日から、2022年4月8日まで放送されました。

例年ですと、後期ドラマは10月第1週から3月の最終週を持って最終回となるので「カムカム」も1週遅れでの放送終了となっています。

「ちむどんどん」は、「カムカムエブリバディ」に続く2022年度放送のドラマとなりますが、よほどのコロナによる緊急事態宣言などが起きない限りは、4月11日月曜日の放送から9月の最終週で最終回を迎えるのではないでしょうか。

ちむどんどんのドラマに原作はある?

「ちむどんどん」は、小説やマンガの原作、歴史上の偉人がモデルとなっておらず、作家の羽原大介(はばら だいすけ)さんの脚本によるオリジナル作品ドラマです。

羽原大介さんといえば、鳥取県出身の56歳。

2014年に放送されたNHK朝ドラ「マっサン」以来の脚本担当となります。

最近では香川照之さんが凄腕選挙コンサルタントを演じたテレビ朝日ドラマ「当確師」のドラマの脚本を手掛けておられました。


復帰前の沖縄「やんばる地方」で生まれ育ち、復帰とともに東京で働き始めるヒロインが、遠く離れた家族の絆に励まされながら、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見いだし、やがて沖縄料理の店を開くことになる、、今回のNHK朝ドラ。

「ちむどんどん」のドラマが、どんな風に展開していくのか、楽しみで期待してしまいますね^^

「ちむどんどん」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

 

 

ちむどんどんのドラマにイライラする理由とは?反省会についても

沖縄を題材とした朝ドラということで、実際放送が始まってオープニングの主題歌が流れる時の鮮やかな画像が爽やかでいいなあ、と見ていて思ったのですが、話数が進むにつれて、「見ていてイライラする!」の声がネット上で上がっています。

まず第1に、比嘉家の次女でヒロインの暢子(黒島結菜さん)のにーにー、賢秀(けんしゅう/竜星涼さん)のクズっぷりがひどすぎてみてられないから、が理由です。

ここ最近の朝ドラってなぜか男性キャストの悪態ぶりがひどすぎる人物が登場するんですが、脚本家の羽原大介さんは当初、長子の賢秀は長女として設定していたのを男性として切替えたのだとか。

ご自分の実体験をもとに設定し直したそうで、確かにこんな酷い人が家族の中に一人でもいるとイライラしますよね!

これだけ視聴者の中にイライラする人が出てくるというのは、それだけ「朝ドラNHK」だからなのではないでしょうか?

だって朝からクズ男のやらかしなんて、見たくないからでしょう。

前作の「カムカムエヴリバディ」でも算太(濱田岳さん)が妹が貯めた金も持ち逃げしたり、「スカーレット」の父親・常治(北村一輝さん)や「おちょやん」の父親・テルヲ(トータス松本さん)もたいがいでしたが、今回もヒドイです。

ここからにーにーが、生まれ変わって変貌を遂げてくれたらいいのになあ、と思いますが・・・。

 

【ちむどんどん】良子が離婚でシングルマザー?!

川口春奈さん演じる、良子が金吾(渡辺大知さん)との結婚を覚悟した両家の顔合わせの時に、石川博夫(山田裕貴さん)が訪れて、勢いでプロポーズとなりましたが、6月6日(9週目)の週に離婚となるのではないでしょうか?

まさか朝ドラで「離婚」とならないのでは?と思いたいですが、ここ最近では「半分青い」・「スカーレット」でも離婚となっています。

どうしてそう予想したかというと、博夫が実家と良子の間に挟まれて、なにかと優柔不断なんです。

良子は5月30日の放送で、結婚から1年半後に妊娠して臨月近くは、実家に帰省していました。

母親になれるかの不安を優子(仲間由紀恵さん)に告白していますが、この不安のシーンが今後の伏線かな?と考えました。

そして、6月6日以降(9週目)は、出産から1年半後、良子が実家の優子を訪れて、夫婦関係の不満を大爆発させた上、衝撃の告白をして優子を困惑させると予告されています。

そうなると、考えられるのは、離婚です。

博夫の実家は、おおらかな沖縄らしくない厳しい家で古い格式にとらわれている、良子の家とは真逆の家です。

代々祖父と父親も教師で、博夫は長男です。

妊娠した時、良子は教師を辞めてますが、これは博夫の実家から「女は家を守るべき」と言われたから、教師を辞めたのかもしれません。

そして博夫と良子の子どもは、女の子。

「長男を産みなさい。」と言われています。

博夫は、そんな両親に長男として厳しく、当たり前のことだと育てられてきたので逆らえず、どちらの味方にもなれない優柔不断な男です。

もしそうなったら、金吾と結婚した方がよかったのでは?と思いたくなります。

金吾は、良子のことが大好きで、真面目過ぎる良子を明るく受け止めてくれるのでは?

家事が苦手な良子にお手伝いさんを雇って、家事をしなくていいって言うなど、うざいけど、どこか憎めない男性です。

良子が離婚してからも付きまとってきそうな予感がします。

良子は離婚しても教師免許を持ってますから、仕事復帰出来るでしょうし、シングルマザーとして、実家で破天荒な行動をし続ける兄弟たちを温かく見守っていくのではないでしょうか?

金吾が再登場してほしいです^^

 

 

【ちむどんどん】ストーリー展開に政治家までが言及へ!朝ドラ受けも激減

ちむどんどんの物語の内容が進むにつれて、連日「ちむどんどん反省会」と言われるほど、SNS上ではストーリーの展開に疑問の声があがっています。

そしてついに、元農林水産副大臣で元参院議員の礒崎陽輔氏までが朝ドラについてTwitterでつぶやかれています。

ここまで議論が出ているNHK朝ドラって、初めてなんじゃないでしょうか?!

 

 

黒島結菜さんがあさイチゲスト出演!意外な映画のファンと判明

信子を演じる黒島結菜さんがあさイチ(9月9日金曜日)にゲスト出演。

和彦を演じる宮沢氷魚さんや、主題歌を歌う三浦大知さんのゲスト出演、歌子を演じる上白石萌歌さんのコメントも交えながらの放送回となりました。

放送の中で意外に思ったのが、黒島結菜さんの好きな映画が「マッドマックス怒りのデスロード」で7回も見る程ハマったんだとか。

そして初めての一人旅が、キューバ!

言葉も通じないながらもなんとかなったそうで、チャレンジ精神の強い方なんですね。

【ちむどんどん】歌子のスピンオフドラマが11月に放送?

NHK朝ドラはその後のストーリーとしてスピンオフドラマが放送されることがあります。

ちむどんどんのスピンオフドラマが放送終了後の11月頃に放送されるようです。

ドラマ終盤で末っ子の歌子(上白石萌歌さん)が上京して、のぶこのお店を手伝っていますが、歌子をメインにしたストーリーとなるのだとか。

歌子のスピンオフで思い出されるのが、「純と愛」のスピンオフ。

吉田羊さん演じた純の指導担当者の話で、話自体はそれなりで、羊さん目当ての方は満足されたと思います。

これはどうなんでしょうか??

歌子編も羽原さんが書かなければ違った内容になるのでしょうか?

 

まとめ

今回は「【ちむどんどん】ドラマ放送日いつからいつまで全何話?最終回もチェック」と題して、放送日についてお伝えしました~♬

個人的には沖縄県を題材にしたドラマって、沖縄の美しい風景を堪能できるのでNHK朝ドラらしくて楽しみなんですよね。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそう~。

2022年4月11日からスタートする「ちむどんどん」のドラマが、今から楽しみです♪

次回放送の朝ドラ「舞いあがれ!」をチェック

カムカム朝ドラNHKどんなストーリー?

 

 

 

【ちむどんどん】ドラマについてにNS上の反応は?

朝ドラ「ちむどんどん」のドラマを見た方から、こんな声があがっています!

#ちむどんどん
見てイライラ・モヤモヤが募る

離脱を考えはじめ #ちむどんどん反省会 タグを見て様子を伺う

反省会タグの内容が気になって再視聴

見てイライラ・モヤモヤが募る

離脱を考えはじめちむどんどん反省会タグを見て…

…という無限ループに陥り始めている。

#ちむどんどん反省会 #ちむどんどん
さすが!!異世界転生ファンタジー!
今回も現実世界の日本ではありえない状況が多数。
今度はどんな漫画的転回を見せてくれるのか!
とでも思わないと、しょうがない。
主人公のキャラ設定はそれでもイライラするさー

こんにちは🌷🌿

今日はお天気がいいけれど風が冷たい日です🍃

今NHKのドラマで「ちむどんどん」という沖縄のお話しが始まりました🍀
最近ずっと朝ドラは見られなかったけれど、このお話は私と同世代の主人公のお話で北と南の違いがあるけど共感出来て面白いので録画して見ています

 

 

 

ちむどんどん【ドラマあらすじ】

ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹たち。
“朝ドラ”第106作は個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く
笑って泣ける朗らかな、50年の物語

2022年は、沖縄本土復帰50年。
復帰以来、多くの沖縄の若者たちが、本土へと仕事や夢を追いかけて渡っていった。
家族と別れ、食べ慣れた郷土の料理を思い──。
コロナ禍に見舞われ、かつてなく“孤独・孤立”が問われる今の時代にこそ
遠く離れ、会えなくても、心はつながって支えあう
美しい家族と、ふるさとの物語を全国にお届けします。
羽原大介さんの脚本によるオリジナル作品です。

引用元:公式サイト

error: Content is protected !!