ちむどんどん

ちむどんどん放送日いつからいつまで全話数は?最終回の日程について

「ちむどんどん」NHK朝ドラ

2022年度前期スタート予定 毎週月曜~金曜 8:00 – 8:15 NHKテレビ

ヒロインで主人公・比嘉暢子(ひが のぶこ)役を演じるのは、黒島結菜さん。

『ちむどんどん』は沖縄県を舞台としたドラマ作品となります。

今回は「ちむどんどん」のドラマがいつから放送で全何話になるのか最終回の日程もチェックしながらお伝えします。

 


【ちむどんどん】放送日はいつからで全何回?最終回の日程もチェック!


ドラマ「ちむどんどん」の放送開始日は、2022年前期より、毎週月曜日から金曜日までの朝8時から15分間番組としてスタートの予定です。

2020年2月以降は、コロナの影響で、同年の春・夏ドラマの撮影で休止や延長が続いていました。

6月に入り緊急事態宣言の解除となったことから、各放送局のドラマの撮影も再開されています。

今回のドラマは、前クールとなる「カムカムエブリバディ」と同じく、6か月間の放送期間になります。

チャンネルはNHKテレビです。

コロナの影響もありますので、感染の状況によっては放送回数が短縮となる可能性はあります。

というのも、これまでのNHK朝ドラは通常、前期が4月から9月、後期は10月から3月の各期ともに半年間の放送となっていたのですが、コロナの影響により通常の放送期間が変わってきています。

実際2020年3月30日より放送が始まった「エール」は放送中止となり、最終回は11月27日となったことで実質的に放送回数は減らされて放送されました。

このため、現在放送中の杉咲花さん主演の「おちょやん」以降のドラマも順を追って通常放送となるべく放送回数が調整される予定となっています。

「おちょやん」の次に放送される「おかえりモネ」は、2021年5月17日より放送されることが決まりました。

「ちむどんどん」は、「おかえりモネ」の後に放送となる「カムカムエブリバディ」に続く2022年度放送のドラマとなりますので、よほどのコロナによる緊急事態宣言などが起きない限りは、順調に放送されるのではないでしょうか。

・(予想)放送期間⇒2022年4月スタート

・最終回はいつ?⇒9月24日(金)が最終回?!。

 

「ちむどんどん」ドラマ原作は?

「ちむどんどん」は、小説やマンガの原作、歴史上の偉人がモデルとなっておらず、作家の羽原大介(はばら だいすけ)さんの脚本によるオリジナル作品ドラマです。

羽原大介さんといえば、鳥取県出身の56歳。

最近では香川照之さんが凄腕選挙コンサルタントを演じたテレビ朝日ドラマ「当確師」のドラマの脚本を手掛けておられました。


復帰前の沖縄「やんばる地方」で生まれ育ち、復帰とともに東京で働き始めるヒロインが、遠く離れた家族の絆に励まされながら、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見いだし、やがて沖縄料理の店を開くことになる、、今回のNHK朝ドラ。

「ちむどんどん」のドラマが、どんな風に展開していくのか、楽しみで期待してしまいますね^^

「ちむどんどん」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

今回は「【ちむどんどん】ドラマ放送日いつからいつまで全何話?最終回もチェック」と題して、放送日についてお伝えしました~♬

個人的には沖縄県を題材にしたドラマって、沖縄の美しい風景を堪能できるのでNHK朝ドラらしくて楽しみなんですよね。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそう~。

2022年からスタートする「ちむどんどん」のドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

ちむどんどん【ドラマのあらすじ】

ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹たち。
“朝ドラ”第106作は個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く
笑って泣ける朗らかな、50年の物語

2022年は、沖縄本土復帰50年。
復帰以来、多くの沖縄の若者たちが、本土へと仕事や夢を追いかけて渡っていった。
家族と別れ、食べ慣れた郷土の料理を思い──。
コロナ禍に見舞われ、かつてなく“孤独・孤立”が問われる今の時代にこそ
遠く離れ、会えなくても、心はつながって支えあう
美しい家族と、ふるさとの物語を全国にお届けします。
羽原大介さんの脚本によるオリジナル作品です。

error: Content is protected !!