青天を衝け

【青天を衝け】こんばんは徳川家康です(北大路欣也)の言葉まとめ

「青天を衝け」NHK大河ドラマ

2021年2月14日から放送されていて、渋沢栄一(吉沢亮さん)が主人公。

今回の大河ドラマに登場している、北大路欣也さん演じる徳川家康の名言やちょっとした解説・言葉が面白いし、勉強になるので毎回の楽しみになっています。

この記事では第1話から「徳川家康の言葉」について最終回までまとめていきます。

 


こんばんは、徳川家康です1話~5話

こんばんは、徳川家康です1話(2月14日放送)

「青天を衝け」1話「栄一、目覚める」では、主人公・渋沢栄一が登場するかと思いきや、北大路欣也さん扮する徳川家康の「こんばんは、徳川家康です。」の挨拶から始まりました。

まさかの家康さまに、ビックリ(笑)

こんな斬新な演出、これまでのNHK大河ドラマに無かったですよね!

こんばんは、徳川家康です2話(2月21日放送)

衝撃の登場から1週間たって「青天を衝け」2話「栄一、踊る」でもドラマ冒頭から「こんばんは、徳川家康です。」の挨拶から始まりました。

「おおっ!?今週も来てくださったの」と個人的には、遊び心ある演出にすっかりハマりました。

徳川家康公のバックで奮闘している黒子さんたちの演出も素敵です^^

こんばんは、徳川家康です3話(2月28日放送)

「青天を衝け」3話「栄一、仕事はじめ」は、1話2話と最初に「こんばんは、徳川家康です。」の挨拶から始まるのかと思ったら、渋沢栄一(吉沢亮さん)の食事シーンから始まりました。

「あれ、もう徳川家康さまは出ないのかな??」と思ってたら、オープニング後に「こんばんは。徳川家康です」と恒例のあいさつで登場されました。

時間差不意打ちの徳川家康でした。

こんばんは、徳川家康です4話(3月7日放送)

「青天を衝け」4話「栄一、怒る」では「こんばんは、徳川家康です。」の挨拶から始まりました。

「今週は放送を少々おさらいしてみましょう」と言われてて、「放送」と発するのが笑ってしまいました。

ペリーが戻ってきた時の対処について外様大名に意見を聞いた老中・阿部正弘(大谷亮平さん)についての説明をしてくださいました。

徳川家康さまは「私の時代には考えられなかったことです。」と言っていました。

こんばんは、徳川家康です5話(3月14日放送)

「青天を衝け」5話「栄一、揺れる」では栄一の「承服できねえ!」の場面からスタート!

その後に、家康さんが「徳川家康です、今日も出てきましたよ。」のセリフで始まりました~^^

家康自身が作った「士農工商」の仕組みについての説明を行い、幕末になると「士農工商」以下の身分の人たちが置かれた自分たちの理不尽さを「悲憤慷慨(ひふんこうがい)」の言葉で表現して、その意味と共に説明くださいました。

「悲憤慷慨(ひふんこうがい)」って、社会の不義・不正や自らの運命などに憤りをおぼえ、嘆き悲しむことで、「悲憤」は、悲しみ憤ること。 「慷慨」は、憤り嘆くこと、なんですね。勉強になります^^

渋沢栄一さんの生涯についての大河ドラマに、まさかの徳川家康さまが毎週出演するという演出には笑ってしまいますが、個人的には出来ればこのまま最終回まで登場して豆知識など語っていただけることを希望しています^^

 

こんばんは、徳川家康です6話~10話

こんばんは、徳川家康です6話(3月21日放送)

青天を衝け6話「栄一、胸騒ぎ」では、冒頭から登場されました。

「今日は私が61歳の時の息子を紹介させてください。」のセリフから始まりました。

11男の徳川頼房について黒子さんから画像をもらって紹介されていました。

こんばんは、徳川家康です7話(3月28日放送)

青天を衝け7話「青天の栄一」では、長七郎が江戸へ行くための祝いの宴が始まるシーンがスタートし、その場面を見ながら「こんばんは、徳川家康です。」がスタートしました!

徳川家康は「私の若い頃は、宴などなかった。生まれてすぐ人質となり、それからすぐ戦っていたからです。」とコメント。

「文化が一気に花開いた。特に漢詩です。と、漢詩を紹介してくださいました。」

↓のつぶやきには、笑ってしまいました^^

 

こんばんは、徳川家康です8話(4月4日放送)

青天を衝け8話「栄一の祝言」では「こんばんは、徳川家康です。」の挨拶はナシ。

井伊直弼の赤添えの話をしてくださいました。

こんばんは、徳川家康です9話(4月11日放送)

青天を衝け9話「栄一と桜田門外の変」では番組冒頭から「こんばんは徳川家康です」の挨拶で登場~!

時は安政5年「尊王攘夷」の言葉が流行った時のことについて、ご説明くださいました。

こんばんは、徳川家康です10話(4月18日放送)

青天を衝け・10話「栄一、志士になる」では、ドラマ放送20分過ぎに登場~!

もう今日は出てこられない回なのかなあ、と思ってたら、、、出てこられました。

最初に「こんばんは徳川家康です」て出てくるのに慣れてたので、途中でこうやって出てくるとまだちょっと笑ってしまいます^^

徳川家茂と和宮さんの結婚について取り上げていましたが、今日は1分ほどの短い出演となりました。

 

こんばんは、徳川家康です11話~15話

こんばんは、徳川家康です11話(4月25日放送)

青天を衝け11話「横濱焼き討ち計画」では放送開始10分過ぎに登場~!

「こんばんは徳川家康です。」のあと「徳川慶喜将軍の復活」について黒子さんたちの分かりやすい画像と共に語ってくれました。

今回は2分足らずでお開きとなりました^^

こんばんは、徳川家康です12話(5月2日放送)

12話「栄一の旅立ち」はあと5分もなくほぼラストの時間に登場という、徳川家康さまに焦らされた回でした。

もう出演しないのかと思ったくらい。

徳川家康様は12話は「こんばんは」のセリフは無しで、「さあ、血洗島編はここまでだ。そう、ここからは京都が舞台で、我が江戸幕府の終焉が近づくんです。」のセリフと共に最後に、ほんの一瞬チラッと登場で終了となりました^^

こういう登場の仕方も面白いです。

よくよく考えると、もし話が進んで江戸幕府が滅亡したら、徳川家康の物語の説明も終わるんでしょうか??


と思ったら、このようなつぶやきがありましたので今後も家康様のお姿を拝見出来そうです。

こんばんは、徳川家康です13話(5月9日放送)

13話「栄一、京の都へ」は、冒頭のオープニング曲の中に出てくるテロップに北大路欣也さんの名前がなかったんですよね。

ということで、初めて「こんばんは、徳川家康です」の登場がない回でした。

それでも出演がないのに、SNSのトレンドに上がるほど、みなさん楽しみにされてるんですよね。

こんばんは、徳川家康です14話(5月16日放送)

先週の13話では登場しなかった、徳川家康公。

オープニング、「撮影協力」の後にそのお名前が出ましたので登場することが判明。

もうご出演されないのか、、と思ってたので嬉しいです^^

青天を衝け14話「栄一と運命の主君」では番組放送開始10分過ぎに登場~!

1週間ぶりの登場となりました。


「こんばんは、徳川家康です。」のあいさつの後「今、栄一はじかに合わせろと言ってましたが、とんでもない。この頃の慶喜は大変だったのです。」と。

黒子さんらも伴って「朝議参与」について説明くださいました。

「徳川慶喜は、横浜鎖港の幕府と攘夷撤廃の参与との板挟みになりピンチだったんです!しかし、政治的な駆け引きに一歩も退かない上様。」と、黒子さんたちとのコラボが今週も分かりやすかったです。

しかし、御子孫のピンチにすかさず現れて、なんとステキなご先祖さまでしょう! また来週も「こんばんは」して欲しいです!

こんばんは、徳川家康です15話(5月23日放送)

青天を衝け15話「篤太夫、薩摩潜入」ではオープニング後すぐにご登場~!

年号が文久から元治へ変わった頃の時代について、黒子さんたちのいつもの演出と共に説明が始まりました。

徳川家康さまは、栄一から篤太夫へ、喜作から成一郎となった二人を「我がファミリーに入ってまいられた。」と横文字をサラッと使いこなしておられました。

 

こんばんは、徳川家康です16話~20話

こんばんは、徳川家康です16話(5月30日放送)

青天を衝け16話「恩人暗殺」ではオープニングで「徳川家康・北大路欣也さん」の名前が登場していませんでした。

16話では、堤真一さん演じる平岡円四郎の暗殺の重要シーンが描かれるので、家康さまは出演をご遠慮されたのかもしれません^^

こんばんは、徳川家康です17話(6月6日放送)

青天を衝け17話「篤太夫、涙の帰京」ではオープニングで「徳川家康・北大路欣也さん」の名前が登場していました^^。

2週間ぶりのご登場です。

こんばんは、「先週はお休みをして失礼しました。」のお言葉が(笑)。

斉昭が起こした尊王攘夷について、いつもの華麗な動きの黒子さんたち(もはや、ダンサーのようです)とともにご説明くださいました。

こんばんは、徳川家康です18話(6月13日放送)

青天を衝け18話「一橋の懐」では、番組スタートから17分ごろに登場されました。

もうすっかりおなじみとなった黒子の徳川ダンサーズ達と共に、北大路欣也さんが説明してくださいました。

 

青天を衝けの次の大河ドラマについて

青天を衝け・つよぽんの演技力について

藤原季節さん(藤田小四郎役)プロフをチェック

error: Content is protected !!