リコカツ

【リコカツ】放送日はいつからいつまでで回数は?内容や評判をチェック

「リコカツ」金曜ドラマ

2021年4月16日スタート 毎週金曜夜22:00~ TBSテレビ

北川景子さんがママとなって初めての地上波ドラマで主演を演じます。

大人の恋愛ドラマといったところでしょうか。

今回は「【リコカツ】放送日はいつからいつまでで回数は?内容や評判をチェック」と題してお伝えします。

 


【リコカツ】ドラマの放送開始日はいつからで全何話?


ドラマ「リコカツ」は前クールの「俺の家の話」と同じく、1クールの通常放送(3か月間)になります。

チャンネルはTBS系です。

TBSの金曜ドラマは過去1年間では全クール共に、8~10話で完結となっていました。

そのため今回も10話前後で終わると予想しています。

【追記】:公式SNSで「残り2話」と発表がありました。

・放送期間⇒2021年4月16日(金)スタート、全10話

・第1話:4月16日
・第2話:4月23日
・第3話:4月30日
・第4話:5月7日
・第5話:5月14日
・第6話:5月21日
・第7話:5月28日
・第8話:6月4日
・第9話:6月11日
・第10話:6月18日

・最終回はいつ?⇒2021年6月18日(金)

北川景子さん演じるのは水口咲(みずぐち さき)。水口咲は、永山瑛太さん演じる自衛官の緒原紘一と運命的な出会いを経て結婚し、周囲からも祝福されるのですが、早い段階で反りが合わず離婚を決意することに。

でも本当の気持ちを周囲に伝えることが出来ず、水面下で離婚に向けた活動(リコカツ)を開始するというストーリーになっています。

ドラマは1話にして、咲と紘一の価値観が違い過ぎて離婚を考えるお2人となりましたが、なんと紘一の両親や咲の両親たちも「離婚する」と言い出し始めていて、この流れがどうなっていくのか、元の仲に戻るのかも予想のつかないストーリーになっています。

このところ金曜ドラマは「恋する母たち」や「俺の家の話(俺家)」といったジャンルにとらわれないドラマが多かったですね~。

また「リコカツ」の脚本を手掛けるのは泉澤 陽子(いずみさわ ようこ)さんです。

泉澤 陽子さんと言えば2009年に「恋うたドラマスペシャル『三日月』」で脚本家デビューして以来、数々のドラマの脚本を担当されてきました。

  • 『ブラックスキャンダル』(2018年)
  • 『あまんじゃく』
  • 『ギルティ~この恋は罪ですか~』(日本テレビ)

「リコカツ」のドラマがどんな風に展開していくのか、期待してしまいますね。離婚を扱った恋愛ドラマということで意外にドロドロしそうで、面白くなりそうです^^

テレビドラマについては2020年、コロナの影響で春ドラマが軒並み延期や中止となることもありました。

5月末にて緊急事態宣言が解除になったことで、6月より各局のドラマの撮影が再開することに。

ようやく秋ドラマからは通常放送となっています。

とはいえ秋以降12月には再び全国的に感染者が増えていて、芸能界でも俳優さんが感染されたりしていますので、何とか無事に最後までドラマの撮影が終わることを願います。

リコカツのドラマのラスト結末について

リコカツドラマを見逃がしたらコチラ

リコカツの筑前煮女・一ノ瀬がヤバくてイライラ

永山瑛太さん演じる緒原紘一の同僚女性・一ノ瀬純(田辺桃子さん)がヤバいです。

1話では結婚した紘一を見て切ない表情を見せただけの恋する乙女だった、、、はず。

紘一に憧れてるのは分かるんですが、咲に対して明らかにマウント取ってくるし、いくら好きだからといってここまでズカズカ夫婦の領域に入り込むのがとにかく恐いです(笑)

2話では紘一は大事なバーベキューを抜けて咲のパーティーに向かい、咲はそんな紘一に対して、パーティーを抜け出して自衛隊のBBQに参加することにしました。

ところが、もうバーベキューはほぼ終わっていたんで、片付けを精一杯やる咲でしたが、一ノ瀬は咲に嫉妬したのか、クーラーボックスを一緒に取りに来てほしいと言いながら山奥に連れ込んで、置き去りにしたんですよ~!

自衛隊だよね?

守る側だよね?

なんじゃコレ?!

しかも暗くなり始めて咲がいないことに気付いた周りの人や紘一に対してはシレっと”あの辺で別れたんですけど戻ってこなくて”的な感じで、しゃーしゃーと「私、探しに行ってきます」と言います。

結果的に紘一が例の光るボールペン(笑)で咲を見つけたおかげで、結果的に絆が深まる展開にはなったのですが、視聴者によっては本当にイライラしたでしょう!

リコカツ3話も引続き、地味にイライラする行動の筑前煮女・一ノ瀬さん。

一応遭難騒ぎを紘一に謝った一ノ瀬さんですが、「先日のバーベキューでは申し訳ありませんでした。」

「緒原一曹の奥さんが道に迷ったのは私が忘れ物をしたと、勘違いしたせいで…」

えええ?勘違いじゃ?!!!

嘘つくなよ~、ですよね。

その後も、自衛隊で飲み会をしている場面で、咲からの連絡にスマホを見つめている紘一を見た一ノ瀬さん。

「このあとちょっといいですか?ご相談したいことがありまして。」と、帰らせないような言動。

バッサリ断られてましたが、かなりの行動力です^^

4話では咲のママの誕生パーティーに招待されるのですが、筑前煮とおでんを手作りしてきたり、咲たち夫婦の寝室をのぞいたりと大丈夫なんでしょうか??

リコカツのドラマの脚本担当は、泉澤陽子(いずみさわ ようこ)さんですが以前脚本を担当した深夜ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」は、ラブサスペンスストーリーなんですよね。

なんかこの一ノ瀬さん絡みで5話以降何かもっとヤバいことになるんじゃないかな??とか想像しています^^

筑前煮女の一ノ瀬さん、5話ではついに水口咲の職場に「緒原紘一さんのいない所で話がしたいです。」と言って突然押しかけてきました。

まあこれは同僚の谷さんが怪我をしたのは、紘一の自宅が遠いことも原因じゃないかと疑問を抱いてた一ノ瀬さんが紘一のためを思って考えての行動なんですが・・・。

でもよく考えてみると、一ノ瀬さんはBBQの時にバーベキューの時山に置き去りにして咲を危険な目にあわせたり、他人の家の事にも口出しするんですよね。

咲に「自衛隊員は助ける人の命を背負ってる。」とか言われてもは???でしかないと思ったのは、私だけでしょうか(^^;)

追記:リコカツ筑前煮女・一ノ瀬がついに強硬策へ?!

7話のリコカツでは、筑前煮女の一ノ瀬さんがついに紘一の自宅にまで押しかけてきました。

しかも例の筑前煮ではないですが、手作りの煮物を大量にタッパーに詰めて持参も(笑)

紘一のお父さんは、同じ基地の自衛隊員であると分ると、一ノ瀬さんに最敬礼!

3人でその場で煮物を食べるのですが、かなり美味しい様子で、お父さんは離婚後だったこともあり「おふくろの味」がかなり効いている様子。

その後一ノ瀬さんは将棋が得意であることのアピールにも成功し、「君はなかなか、面白い将棋の指し方をするね~。」と紘一のお父さんにすっかり気に入られた感があります。

一ノ瀬さんが帰宅後に早速、紘一パパが「彼女、良い娘じゃないか。」と一言言ってて、なんだかもうすでに再婚させる気アリのよう。

他にも咲と紘一がヨリが戻りそうなところに必ず表れてくるし、7話最後で紘一に「お慕いもうしあげております!」とハッキリ告白するなど、なにかと暴走している「筑前煮女の一ノ瀬」さんの存在が最終回まで目が離せません^^


「筑前煮女」を演じる田辺桃子さんの演技をチェック

 

リコカツ咲と紘一の周りは変な人ばかり(笑)

リコカツの6話では咲と紘一が離婚することになりそうで、最後の晩餐をすることに。

咲が最後の料理を手料理したいといって、作って紘一が仕事から帰ってくるのを待ってたらいきなり、水無月先生が押しかけて咲は仕事を手伝ってたら紘一が帰ってきます。

水無月先生、自宅に帰るまでめちゃくちゃ態度悪かったのに紘一が大人の態度だったんですよね。

紘一が咲が不利益を被らないように辛抱して水無月に礼儀を通しているけど、普通なら通報しているレベル(笑)

紘一みたいなこんな出来た男性、現実でもなかなか他にいないと思うのに、6話ラストでホントに離婚してしまっていいのかな?

(6話ラストで手を握ってた2人だけど、紘一はもう指輪はずしてたからホントに離婚届を出してきたと思うんですが。)

 

リコカツのドラマを見ているネットの反応

「リコカツ」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

リコカツの主題歌は米津玄師さんに決定~♬

水口咲を演じる北川景子さんのドラマ衣装はコチラ

リコカツドラマのロケ地撮影場所について

 

今回は「【リコカツ】放送日はいつからいつまでで回数は?内容や評判をチェック」と題してお伝えしました~♬

コロナの影響で2020年以降はドラマの放送もいつもと流れが変わっていますね!

個人的には北川景子さんの演技をリアルタイムで見るのは「家売るオンナ」以来で、サンチ―とは全く違う今回のドラマが今から楽しみなんですよね!

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになるでしょう~。

2021年4月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

【リコカツ】ドラマあらすじ

TBSでは4月期の金曜ドラマ枠で、北川景子が主演を務めるオリジナルストーリー『リコカツ』を放送する。北川が同枠に出演するのは10年ぶりとなる。

そんな彼女が本作で演じるのは、ファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)。大手広告代理店勤務だった父と美魔女モデルと呼ばれる母を持ち、現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性だ。

そんな咲と運命的な出会いをしたのが永山瑛太演じる緒原紘一(おばら・こういち)。紘一は航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員。厳格な自衛官一家で育った、絵に描いたようなカタブツ人間である。

自由奔放と生真面目。まるで正反対な二人は、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのだが・・・。

 

error: Content is protected !!