リコカツ

【リコカツ】あらすじネタバレ原作!脚本キャストや相関図について

「リコカツ」金曜ドラマ

2021年4月スタート 毎週金曜夜22:00~ TBSテレビ

北川景子さんがママとなって初めての地上波ドラマで主演を演じます。

永山瑛太さんとの共演も話題です。

今回は「リコカツ」ドラマの原作あらすじや、キャストのプロフィールや相関図についてまとめてみました!

 


リコカツ【ドラマ】あらすじ原作は?


ドラマ「リコカツ」は、小説やマンガが原作とはなっておらず、脚本家の泉澤 陽子(いずみさわ ようこ)さんによるオリジナル脚本のストーリーです。

泉澤 陽子さんと言えば2009年に「恋うたドラマスペシャル『三日月』」で脚本家デビューして以来、数々のドラマの脚本を担当されてきました。

同枠では前番組『俺の家の話』に続く、金曜日のドラマになります。

TBSでは4月期の金曜ドラマ枠で、北川景子が主演を務めるオリジナルストーリー『リコカツ』を放送する。北川が同枠に出演するのは10年ぶりとなる。そんな彼女が本作で演じるのは、ファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)。大手広告代理店勤務だった父と美魔女モデルと呼ばれる母を持ち、現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性だ。

そんな咲と運命的な出会いをしたのが永山瑛太演じる緒原紘一(おばら・こういち)。紘一は航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員。厳格な自衛官一家で育った、絵に描いたようなカタブツ人間である。

自由奔放と生真面目。まるで正反対な二人は、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのだが・・・。

結婚生活の中で一度は「離婚」を考えたことがある人は多いだろう。離婚自体が珍しくなくなった今の時代、離婚は「不幸」なものではなく、幸せになるためのポジティブな一歩と捉えられるようになってきた。

そんな現代ならではの価値観、そして時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」をお届けする。

 

【リコカツ】キャストや相関図は?

「リコカツ」の相関図は公式サイトでまだ発表となっていませんので分かり次第更新させていただきます。

ここからは主なキャストについてお伝えします。

水口咲(みずぐち さき):北川景子さん

本作の主人公。ファッション誌の編集者。

北川景子さんのTBSの連ドラ出演は2011年1月期の「LADY~最後の犯罪プロファイル~」以来10年ぶりとなります。

緒原紘一(おばら こういち):永山瑛太さん

航空自衛隊・航空救難団のエース隊員。

「リコカツ」ドラマの決定にSNS上の反応は?

リコカツ」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

おわりに・・・

今回は「リコカツドラマあらすじネタバレ原作!キャストや相関図!」と題して、まとめてみました~♬

リコカツって何?と思いましたが、「離婚に向けた活動」と聞いて納得!

 『リコカツ』を観た空自隊員の離婚率が上がるのか下がるのか気になります。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそうですね~。

2021年4月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

error: Content is protected !!