大豆田とわ子

大豆田とわ子と三人の元夫ドラマ放送日いつからいつまで全何話で最終回は?

「大豆田とわ子と三人の元夫(おおまめだとわことさんにんのもとおっと)」新火9ドラマ

2021年4月13日スタート 毎週火曜夜21:00~ フジテレビ系

主人公・大豆田とわ子(おおまめだ とわこ)を演じるのは、松たか子さん。

今回は「大豆田とわ子と三人の元夫」ドラマの放送日がいつからいつまでになるのか、お伝えします。

 


【大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)】ドラマ放送日はいつからいつまで?最終回の日程もチェック!

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の放送開始日は、2021年4月より、毎週火曜日21時00分からスタートです。

今回のドラマは、前クールとなる「青のSPスクールポリス」と同じく、1クールの通常放送(3か月間)になります。

チャンネルはフジテレビ系です。

フジテレビ系の火曜ドラマは、過去1年間では、全クール共に、8~10話で完結となっていました。

そのため今回のドラマも8~10話前後で終わると予想しています。

ちなみに前枠の「青のSP」は10話で完結となりました。

コロナの影響もありますので、感染の状況によっては放送回数が短縮となる可能性はあります。

・(予想)放送期間⇒2021年4月13日スタート、全10話(予定)

・第1話:4月13日
・第2話:4月20日
・第3話:4月27日
・第4話:5月4日
・第5話:5月11日
・第6話:5月18日
・第7話:5月25日
・第8話:6月1日
・第9話:6月8日
・第10話:6月15日

・最終回はいつ?⇒6月15日(火)が最終回?!。

大豆田十和子がお風呂で歌った曲とは

ドラマの第1話で松たか子さん演じるとわこが「ロマンティックあげるよ~♬♬」と楽しそうに歌う場面があります。このシーンは大豆田とわ子が、泥にハマってしまったところを元夫に助けられて、家に連れて行ってもらい服を洗って乾かしている間にお風呂で唄うのですが「これ誰の曲?」と思った方もいるのでは?

この曲はフジテレビで1986年に放送されていたアニメ「ドラゴンボール」シリーズの「魔訶不思議アドベンチャー!」でエンディングテーマ曲として使われていました。

ドラゴンボールのアニメをリアルタイムで視聴されていた世代の方には「懐かしい~!」と感じた方もいるのではないでしょうか?

松たか子さん、歌手としての実績もあるので演技だけでなくちょっとした鼻歌も聞き入ってしまうのは私だけでしょうか^^

第1話のエンディングでも「STUTS&松たか子 with 3exe」として歌っていたので、2話以降も色んな歌をところどころで披露してくれるのかな~??と思っていたら、各話ごとに大豆田とわ子だけでなく、3人の元夫を演じる松田龍平さん、角田晃広さん、岡田将生さんもコラボして歌うなどドラマ最後のエンディング曲まで楽しめるようになっています♬

「大豆田とわ子と三人の元夫たち」ドラマ主題歌について

 

「大豆田とわこ」瀧内公美さんらの女子あるある

大豆田とわこのドラマは毎回独特のテンポや展開が面白くて、私はハマってリアルタイムでみてたのですが、6話はこれまでになく独自の世界のストーリーでした。

ドラマ後半まで主人公となる松たか子さんが全く出演しないで、大豆田とわこの元夫3人とその3人に好意を寄せていた女子3人の6人でなぜかとわ子さんの自宅で手作り餃子パーティへ。

好意を寄せてる女性3人たちがその場で、元夫たちに好きだという気持ちを伝えると同時に彼らを批判するんですよね!

そしてその後、恋愛関係になるのか? と思いきや、女子3人の気持ちはとっくに醒めていたという結末です。

この一連の流れは坂元裕二さんが得意とする「恋愛あるある」「男と女あるある」の名台詞連発ということで恋愛ドラマとしてみると面白いんですが、この流れを見ていてそれだけに、大豆田とわこさんに今でもこの3人が未練を持つほど、とわ子さんが魅力ある女性だということが分かります。

 

「大豆田とわこ」かごめの死因や理由について

大豆田とわこ6話のドラマで、突然の衝撃展開!

市川実日子さん演じる綿来かごめさんが突然亡くなったんですよね。

ええっっ???!!!

どういう展開なんでしょう~感情が全く追いつきません!

ドラマ「カルテット」の坂元裕二さんの脚本と言うことで、カルテットのドラマを見ていたファンからは「なにやら事件が起きるかも・・・と思っていた。」との声がこのドラマが始まった時から言われていたそうですが、視聴者の予想を大きく上回りました。

なんでかごめちゃんは亡くなったんでしょうか?死んだ理由は何だったのか気になるんですけど、ドラマの中では何も説明が描かれずにいきなりお葬式シーンが出てきてあっという間に終わっていきました。

かごめの死因が分からないことから、いろんな考察が飛び交いました。

一番多かったのが、医師が病室の近くで言っていた「心筋梗塞」であることから、心筋梗塞だった説。

あるいはかごめ自身が、ガンだった説。

実はかごめは、死の前にいろいろ事件を起こしてて、実家の遺産を、おばあちゃんの遺産をなんと全額3億を断りもなく児童施設に寄付してしまい親戚から激怒される事件を起こしてます。

すごい出来事だけど、かごめは幼いころ両親を亡くしてるので、親戚のお世話になっていたのでは?

もしそうだとして、かごめがとわ子に「自分が死んだら、絶対親戚にお葬式をあげられたくない。」と言っていたので、おそらく親戚にはヒドイ目にあっていたのではないでしょうか。

大豆田に出てきたコロッケが死因のフラグ伏線?

第4話では、かごめととわ子が最後の晩餐の話をしていたシーンがありますが、これが死亡フラグの伏線だった?との声もあがっています。

4話では、もやしの料理を作って食べていた2人の場面。

とわ子が「私、最後の晩餐、もやしでいいやー」と言ってます。

かごめは「あっさりしすぎじゃない?私は断然コロッケ!」と言ってから、「ま、私は死なないと思うけどね。大人になるまでまだ多分100年くらいかかるし。」と言うんです。

それから、商店街でかごめが、コロッケを買って食べるシーンが出てくるのですが、そこに偶然通りかかった、八作(松田龍平さん)に、かごめがコロッケを買ってあげます。

今思うと、最後の晩餐と言っていたコロッケを食べ「私死なないと思うけど」と言っていたのは、死亡フラグだったのではないかな?と思います。

他にもかごめちゃんは、急に昔の夢を実現させようと、大好きだったマンガを描き出して編集者に応募しようとしていたりと、何か自分の末期に対して分かっていたかのような行動をとっていました。

そして大親友・かごめのお葬式でも、取り乱すことなく冷静な行動をとれる大豆田とわこさんがやっとここで登場となりました。

 

大豆田とわこ7話で、オダギリジョーと新しい恋?

大豆田とわこのドラマの6話ラストで、かごめちゃんが亡くなって1年後の場面へ切り替わっています。

とわ子にとってはモラ男だった、門谷(谷中敦さん)との1件が終わったと思ったら、次の新しい男性(オダギリジョーさん)が登場しました。

今度は上手くいくんでしょうか??

7話からは、大豆田とわこのドラマの第2章とも言われているので、とわこの次の恋が気になるところです。

オダギリジョーさんの役名は、小鳥遊大史(たかなしひろし)さん。

小鳥遊大史は、数学が好きで、暇さえあれば数式に没頭していて、公園のラジオ体操で出会います。

そして、6話の続きになるのですが、大豆田とわこが、かごめのことを彼に話すようです。

「とわ子の口から、ずっと胸に秘めていた親友への思いが止めどなくあふれていき…。」と予告にあるので、かごめちゃんの死について語る可能性が高いのではないでしょうか?

5/25追記:オダギリジョーはサイコパスで異常な男性?

オダギリジョーさん演じる謎の男と、偶然バスで一緒になって、とわ子がバスに先に飼っていたシナモンロールのパンを置き忘れたのがキッカケで、公園のベンチで話をすることに。

その時この男性は「死んでしまった人を不幸だと思ってはならない、生きている人は幸せを目指さなければならない。」と何とも哲学的なことを言って、その名言を聞いた大豆田とわ子が涙を流す、、という6話に続いて7話も切ない展開となりました。

で・す・が・・・。

何とオダギリジョーさん演じる謎の男が、実は大豆田とわ子の会社を、企業買収しようとしていた男性であることが判明します。

私はこの場面を見た時、もしかしてオダギリジョーさんは双子なんじゃないか?とおもったのですが、流石にその展開ではありませんでした。

オダギリジョーさんの役名は、小鳥遊大史(たかなしひろし)さんです。

ちなみに、小鳥遊(たかなし)の苗字はドラマオリジナルの名前かと思ったら、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町を中心↓、実際にある日本人の姓なんだとか。

 

大豆田とわ子と小鳥遊(オダギリジョー)は付き合うの?

8話ではオダギリジョーさん演じる小鳥遊さんの切ない過去が・・(親の介護を十年以上して自分の時間がなかった)。

もっと冷たいキャラ男性かと思ってたのが、そういう過去がきっかけで周りの人たちに本音を言わなくなっていくうちに、今のオダギリジョーさんになってしまったんですね。

とわこと小鳥遊は、このまま付き合って再婚するのかな??

オダギリジョーさんの演じる男性キャラからすると、大豆田とわこのような尽くせるタイプの女性でないと「結婚生活」を続けるのはムリだと思いますが。

どうなんでしょう??

 

大豆田とわこの週刊女性の内容について

大豆田とわこさんのドラマが5月18日に第6話が放送されましたが、急にここにきて女性週刊誌が今回のドラマのキャスティングについて報道していました。

これはとわ子の元夫で二番目の鹿太郎役を演じる東京03の角田さんが配役されてたのが、本当は吹越満さんだったという内容。

これについてドラマ公式のツイッターでこんな発表が。

なんでこんな記事が突然出てきたのか、よく分かりませんがそれだけ「大豆田とわこ」のドラマが注目されていることなのでしょう。

それにしても、6話の展開がぶっ飛びすぎてるように感じたのは私だけでしょうか?!

(全然関係ないけど、ドラマの途中で田村正和さんの訃報のニュースも流れたし)

松たか子さんのドラマ衣装をチェック

 

「大豆田十和子と三人の元夫」ドラマ原作は?


ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」は、小説やマンガ画原作となっているドラマではなく、2017年に放送された人気ドラマ『カルテット』の脚本を担当した坂元裕二さんが手がける完全オリジナルドラマです。

坂元裕二さんといえば過去には柴門ふみさんの原作漫画「東京ラブストーリー」を手がけたことや、完全オリジナル脚本のドラマということで、内容も注目されています。

「大豆田とわ子」さんの「大豆田」という苗字も珍しいですし、とにかく気になるのがどうして3回も離婚したのか??なんですよね。

今回のドラマでは大豆田とわ子さんと元夫3人が繰り広げる長いセリフまわしもあるそうなので、そのお互いのやり取りから、松たか子さん演じる大豆田とわ子の本音や、誰にも言わずに心の中に止めているものが見えてくるのかもしれません。

「大豆田とわ子と三人の元夫」がどんなドラマになるのか楽しみですね~^^

「大豆田とわ子と三人の元夫」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

今回は「【大豆田とわ子と三人の元夫】ドラマ放送日いつからいつまで全何話?最終回もチェック」と題して、放送日についてお伝えしました~♬

「カルテット」の脚本家・坂本裕二さんが手がけるドラマなんて、絶対期待出来るでしょうね。3人の元夫ということで、意外にもドロドロした内容となるのじゃないかと個人的にはひそかに期待しています。

「大豆田とわ子と三人の元夫たち」ロケ地や撮影場所

「大豆田とわ子と三人の元夫たち」ラスト結末最終回予想!

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそう~。

2021年4月からスタートする「大豆田とわ子と三人の元夫」のドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

大豆田とわ子と三人の元夫【ドラマのあらすじ】

カンテレ・フジテレビ系の新火曜よる9時連続ドラマとして、松たか子が主演を務める『大豆田とわ子と三人の元夫』(4月スタート)の放送が決定した。

松にとって、2006年放送の『役者魂!』以来15年ぶりとなるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ主演となる本作は、『カルテット』『最高の離婚』『Mother』など数々の連続ドラマや、現在公開中の映画「花束みたいな恋をした」を手掛けた脚本家・坂元裕二による完全オリジナル。

松が演じる主人公・大豆田とわ子は、3回結婚して3回離婚したバツ3の女性。さらに、とわ子のことを忘れられない“三人の元夫”として、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平が出演する。4人の個性豊かな実力派俳優たちが繰り広げる物語は、とわ子が三人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するたまらなく愛おしいロマンティックコメディーだ。

error: Content is protected !!