桜の塔

桜の塔ドラマラスト最終回結末ネタバレ予想!上条は権力を握れない

「桜の塔」木曜ドラマ

2021年4月スタート 毎週木曜夜21:00~ テレビ朝日

本作の主人公・上條 漣(かみじょう れん)役を演じるのは、玉木宏さん。

『桜の塔』は警視総監の座を巡る新たな警察エンタテインメントドラマ作品となります。

今回はドラマ【桜の塔】の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました!

 


【桜の塔】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!


それでは、「桜の塔」のドラマの最終回結末を予想してみたいと思います。

玉木宏さんが演じる、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣は、自分が警視総監になるため、まずは自らが属する派閥のトップが警視総監になることが出世の近道と考えます。

どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行し、トップに登り詰めるのですが、思わぬ恨みを買っていた人物に消されることで権力を握ることなく消えていく、、と予想します。

桜の塔【ドラマ】あらすじ原作は?


ドラマ「桜の塔」は、警視庁のトップ・警視総監になるためなら手段を選ばないダーティーなキャリア官僚・上條漣が主人公。

「桜の代紋」を掲げる警察組織の権力争いを描く人間ドラマとして、玉木宏さんは警視庁捜査共助課の理事官を演じます。

所属する派閥の長を出世させることが警視総監への近道と考え、どんなに汚い仕事もこなしていく。頂点を目指す人間たちの裏切り、わな、だまし合いが交錯する、このドラマの脚本を手掛けるのは、日テレ「3年A組」を手掛けた武藤将吾氏のオリジナル脚本が原作です。

同枠では前番組『にじいろカルテ』に続く、木曜日の新たな警察エンタテインメントドラマになります。

どんなドラマになるのかあらすじを見ていきたいと思います。

映像作品の世界において、今も昔も不動の人気を誇る刑事ドラマ――。犯人VS警察の構図を主軸に描かれることが多かった同ジャンルに、《常識を180度覆す衝撃作》が登場します!

その作品とは、テレビ朝日が木曜ドラマ枠で放つ完全オリジナルドラマ『桜の塔』。桜が咲き乱れる4月にスタートする本作では、桜の代紋を掲げる警察で巻き起こる“大乱”を描出。警視庁を舞台に、その頂点=警視総監を目指し巻き起こる、組織内の《パワーゲーム》を描きながら、《野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ》を描いていきます!

脚本を務めるのは、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年)でネット社会の闇に警鐘を鳴らし、東京ドラマアウォードグランプリなど数々の賞を総なめにした今最も旬な脚本家・武藤将吾。強烈なメッセージを投げかけ続ける稀代のストーリーメーカーが、『桜の塔』では《警視総監というたったひとつのポストをめぐる、壮絶な権力争い》を糸口に、組織内部の思惑に満ちた人間ドラマを鮮やかに描き出します。

そんな『桜の塔』で主演を務めるのは玉木宏! シリアスな役からコミカルな役まで…臆することなく演じてきた彼が《玉木宏史上、最もダーティーな男》に扮し、またも視聴者の度肝を抜きます――。

 

ドラマの決定にSNS上の反応は?

「桜の塔」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!


今回は「【桜の塔】ラスト最終回結末ネタバレ予想!くるみが家を失う」と題してお伝えしました~♬

玉木宏さんといえば、このところ「竜の道」「極主夫道」「青天を衝け」とジャンルにこだわらず様々な役柄に挑戦されています。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになりそう~。

2021年4月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

error: Content is protected !!