Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お役立ち情報

酢納豆で視力回復に効果は本当?!血圧やダイエットにも!

納豆に酢をかけて混ぜて食べるだけで体に良いと最近注目されています。

ですが、実際の効果はどうなのでしょうか?

今回は酢納豆の効率的な食べ方について、気になることを調べてみました。

 

Sponsored Link

食べた方が良い時間帯

 

7月30日にTBS系列で放送された「名医のTHE太鼓判」では、納豆に酢を入れて食べる酢納豆の効果が取り上げられました。

市販の納豆1パックに大さじ1杯の酢を入れたものを夜の6時以降に食べます。

 

視力が0.01だった人が毎日2パックずつ食べたところ、2ヶ月後には視力が1.5までに回復したそうです。

 

ここまでの激的な回復力には個人差があると思いますし、2パックを毎日食べるのはよほどの納豆好きでないと難しいと思いますが、試してみる価値がありそうです。

 

視力回復だけでなく、血圧の低下やダイエットにも効果が期待できると言われています。

 

納豆には「ナットウキナーゼ」という成分が含まれていて、血栓を溶かす作用が一番強いそうです。

 

加齢と共に血圧は上がりやすくなるので、高血圧の方だけでなくとも予防のために食べるのも良いでしょう。

 

食べ方と実際に食べてみて

 

酢納豆を食べる時はお酢をかけるだけでなく、よくかき混ぜてメレンゲのようにフワッとなってから食べるのが良いそうです。

 

もしどうしてもお酢だけではすっぱくて食べにくい場合はしょう油を少し入れて食べるのもいいでしょう。

 

私はこの酢納豆の特集をTVで見て以来、毎晩の夕食で食べることにしました。

とはいえ、スーパーで3パック100円位で売られている納豆は量が多くて続けられそうにないように思ったので、一口サイズで売られている納豆を選びました。

 

2週間たった今のところ(8月18日現在)、とにかく便通が良くなりました。

 

何となくですがお腹の重さがスッキリしたように思います。

ライザップのような激しいダイエットは自分には向いてないので、まずはこのまま継続してみます。

 

SNS上でも酢納豆に関心のある方が投稿されてます。

Sponsored Link

まとめ

 

納豆だけでも、体に良いのに酢を入れることでさらに効果が増すのはいいですね。

これからも、気長に続けていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Link