東京MER

TOKYO(東京)MER原作あらすじ!実写化ドラマ脚本キャストや相関図について

「TOKYO(東京)MER」日曜劇場

2021年7月スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

重大事故や災害、事件の現場にいち早く駆けつける救命救急チームたちを描くヒューマンドラマがスタートします。

主演を務めるのは鈴木亮平さんで、鈴木亮平さんは3度目の日曜劇場で念願の初主演となります。

今回は「TOKYO(東京)MER」ドラマの原作あらすじや、キャストのプロフィール相関図・脚本などについてまとめてみました!

 


TOKYO(東京)MER実写化ドラマあらすじ原作や脚本について


ドラマ「TOKYO(東京)MER」は、テレビドラマにおいて使われることがあるマンガや小説を元にした原作ストーリーでなくオリジナルドラマとなっています。
同枠では前番組『ドラゴン桜2続編』に続く、TBS日曜劇場ドラマになります。

主人公の喜多見は、「TOKYO MER」のリーダーで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医。「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念で、どんなに危険な現場でも瀕死の患者の元に飛び込んでいく。その壮絶な覚悟と救命への執念の裏には何があるのか…徐々に明かされていく喜多見の過去も見どころのひとつだ。

そんな喜多見を演じるのは鈴木亮平さん

日曜劇場では、『天皇の料理番』『テセウスの船』と重要な役を演じてきた鈴木だが、今作で満を持して日曜劇場初主演となる。

『テセウスの船』では、若かりし過去と老いた現在を一人二役で見事に演じ切った高い演技力と表現力を持つ鈴木が、今回挑むのはスーパー救命救急医という役どころ。重大事故、災害、事件という多くの負傷者がいる危険極まりない極限下の現場に取り残された瀕死の患者を救おうと、自らの命を顧みず勇猛果敢に飛び込んでいく。

今作の見どころのひとつである「本格的な救命医療」をリアルに再現するべく、専門的で高度なオぺのシーンに挑む。

 

 

【TOKYO MER】ドラマのキャストや相関図について

「TOKYO(東京)MER」の相関図は公式サイトでまだ発表となっていませんので分かり次第更新させていただきます。

ここからは主なキャストについてお伝えします。

喜多見幸太(きたみ こうた):鈴木亮平さん


本作の主人公。救命救急チーム「TOKYO MER」のリーダー。

音羽尚(おとわ なお):賀来賢人さん


厚生労働省の若手エリート官僚。医師でもあり、大臣の命を受け「TOKYO MER」に加入する。

TOKYO(東京)MERのドラマについてネットの声

「TOKYO(東京)MER」のドラマが放送されるにあたって、SNS上ではこんな声があがっています!


今回は「TOKYO(東京)MERのドラマあらすじ原作、脚本キャストや相関図のまとめ!」と題してご紹介しました。

TBSテレビの日曜劇場ドラマと言えば、ここ1年程のあいだはテセウスの船のような考察ミステリー系から、ドラゴン桜と言った学園物までジャンルを問わず放送されていましたが、今回ガラッと医療物系にシフトされるということで面白そう!

2021年もコロナの影響が続いていますし、あらためて医療ドラマの良さが見直されそうですね。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキのストーリーになるでしょう!

2021年7月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

error: Content is protected !!