東京MER

TOKYO(東京)MER最終回ラスト結末ネタバレ予想!喜多見の過去がトラウマに

「TOKYO(東京)MER」日曜劇場

2021年7月4日スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

重大事故や災害、事件の現場にいち早く駆けつける救命救急チームたちを描くヒューマンドラマがスタートします。

主演を務めるのは鈴木亮平さんで、鈴木亮平さんは3度目の日曜劇場で念願の初主演となります。

今回はドラマ【TOKYO(東京)MER】の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました!

 


【TOKYO(東京)MER】喜多見の過去とは何なのか?


それでは、「TOKYO(東京)MER」のドラマの最終回結末をネタバレ予想してみたいと思います。

鈴木亮平さんが演じる主人公の喜多見は「TOKYO MER」のリーダーで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医というスゴ腕エリート級の人物。

「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念で、どんなに危険な現場でも瀕死の患者の元に飛び込んでいく。

実際のドラマの放送でも、第1話からどんな危険な状況にある現場で、周囲の人から「行ってはいけません、危険すぎます」と毎回のように言われても全くと言っていいほど物怖じせずに(聞く耳持たずに)突入しては人命救助にあたっています。

その壮絶な覚悟と救命への執念の裏には何があるのか…徐々に明かされていく喜多見の過去も見どころのひとつだ・・・という内容が公式サイトに描かれています。

予想①喜多見の両親が亡くなっていた

喜多見は過去に両親を何らかの大事故によって遭難してしまい、本来なら救えたはずなのにそれが叶わなかったために現在の地位にたどり着いたということが、ストーリーが進むにつれて徐々に明らかになるのです。

そしてその両親が救い出されなかった理由は、喜多見の父が実は政治家の秘書で、派閥争いに巻き込まれて自ら命を投げ出さずを得なかった、という最終回ラストになると予想しています。

予想②人命救助に失敗していた

厚生労働大臣の白金眞理子さんは、TOKYO MERを何とか解散させようと画策していますが、その中に、喜多見の履歴書に空白の1年間がありその間に何かがあったはず、、と目星をつけて出世の機会を狙う音羽先生に調べさせようとしました。

実際にドラマの第一話から「あのことがバレたら終わる」と東京都知事の赤塚梓(石田ゆり子さん)が発言しています。

「あのこと」と履歴書の空白の1年には関係があるのです。

喜多見は過去に、指示されたこと以外の行動で人命救助しようとして失態を犯してしまったのではないでしょうか。

というのも、赤塚都知事の信頼が厚く「人を助けない・事件を起こしていた。」ということは考えられません。

ということは人命救助のため、医師としてやってはならないルールを違反してしまった可能性があります。

予想③喜多見は医師免許がないのに赤塚都知事を助けていた

鈴木亮平さん演じる喜多見はドラマ1話から8月8日放送の第6話まで、一度も死者を出さずにゼロ「0」をキープして人の命を救っています。

そんな喜多見という人物について詳しく知ることが出来ているのは元妻で循環器外科医の高輪千晶(仲里依紗さん)と、都知事の赤塚(石田ゆり子さん)。

特に都知事の赤塚がなぜ空白の期間がある喜多見にそれほど思い入れがあるのか、過去に何らかの接点がないとここまで抜擢することはないハズ。

何だろう??と考えていますと、8月8日放送の第6話でいつも元気だった赤塚都知事が突然「胸の痛み」を覚えてうずくまる場面がありました。

それで考察してみたのが、赤塚都知事は以前報道記者だったのですが、当時米国にいた喜多見と何らかの接点があったのです。

それが赤塚都知事の循環器系の持病で、赤塚はアメリカで心臓発作を起こして倒れたのです。

そこに偶然居合わせたのが喜多見先生ですが、当時喜多見は医師免許を持っておらず免許なしで赤塚の応急治療に当たっていたのです(当然違法)

しかし喜多見の応急治療で一命をとりとめた赤塚都知事は、それを恩義に感じて今回の「TOKYO MER」に喜多見をチーフドクターとして採用したのです。

 

予想④喜多見は助けてはいけない人の命を救った

これはドラマの話数が進むにつれて予想できたのですが、稲森いずみさん演じる弘安の刑事・月島しずかは、喜多見が公安警察に監視されていることを知っています。

常に公安に監視されるなんて余程のことでないと、日本の国ではありえないこと。

それだけ危険人物として喜多見先生がマークされているということから、考察したのはテロリストに関与することがあったということです。

喜多見はアメリカにいた時に、テロリストの治療を行ったのではないでしょうか?

喜多見にとってみればどんな極悪人であっても目の前にいる傷ついた人は助ける、というアツい信条の基に治療したのですが、却ってそれがアダになってしまい「要注意人物」として逮捕とまでいかなくとも何らかの取り調べを受けていたのでしょう。

8月15日放送の7話では、テロ組織のメンバーであるツバキ(城田優さん)が喜多見のスマホに「約束は果たしますよ、喜多見先生」という意味深なメールを送り付けています。

そのメールを読んだ喜多見は、心なしか笑みを浮かべているような表情だったので治療以上の関与があった可能性があります。

TOKYO MERのドラマはいつまで放送する?

東京MERで共演!仲里依紗さんのドラマ衣装

TOKYO MERロケ地や撮影場所をチェック

東京MERのドラマ主題歌は決まってない??

TOKYO MERベトナム出身の看護師・ホアン・ラン・ミン経歴プロフィール

 

TOKYO(東京)MER【ドラマ】あらすじ原作について


「TOKYO(東京)MER」のドラマは、漫画が原作となっておらず、TBSのオリジナルストーリーとなります。

ドラマの脚本を手掛けるのは、脚本家の黒岩 勉(くろいわ つとむ)さんです。

黒岩 勉(くろいわ つとむ)さんといえばここ最近のTBSでは「グランメゾン東京(木村拓哉さん主演)」「危険なビーナス(妻夫木聡さん、吉高由里子さん主演)」「アンサングシンデレラ(石原さとみさん主演)」と言ったドラマを主に手掛けてきています。

<脚本家・黒岩勉さんのコメント>

コロナ禍におきまして、人間の一番キレイな部分といいますか、心を動かされる瞬間というのは、自己犠牲を払って他の誰かを助ける姿なのだなと改めて思いました。
こんな時代だからこそ、誰かのために必死に戦うヒーローが見たい。
最強のナイスガイ・鈴木亮平さんとその仲間たちがきっと叶えてくれます。
とても真剣な医療モノなのですが、とことん痛快な「アクションエンターテインメント」を目指して書かせていただいています。

医療従事者だけではなく、その周りでサポートする人々も含め、危機的・絶望的な状況の中でも、冷静に、的確に、前向きに、ただひたすら命を助けようと奮闘する人たちのお話です。

これを見ると、自分の周りにいる人たちに感謝したくなる。ささくれ立っていた気持ちがちょっとだけ優しくなる。そんなテレビ番組になれれば最高に幸せです。

引用元:https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/about/

どんなドラマになるのかあらすじを見ていきたいと思います。

TBSでは7月期の日曜劇場枠で『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を放送する。

新型コロナウイルス感染症の蔓延に際し、この未知なるウイルスから重篤患者を救おうと、命の危険を冒しても敢然と立ち向った医療従事者の姿は、多くの人々の心を打ち、胸を熱くさせた。

本作の主人公・喜多見幸太(きたみ・こうた)も、大事故や事件に巻き込まれ命の危機に瀕する重篤患者を救うため、自らの命の危険を顧みず危険な現場に飛び込んでいく勇猛果敢な救命救急医である。

物語の舞台となるのは、都知事の命で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。

“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、彼らの使命は最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すこと。

“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。

引用元:公式サイト

 

 

ドラマ【TOKYO(東京)MER】の決定にSNS上の反応は?

「TOKYO(東京)MER」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!

落ちました。私落ちました。賀来賢人に落ちました。
現実世界にああいうタイプいるん??(音羽先生)どこにいるん??
寡黙系内なる情熱熱い系ツンデレ系!

鈴木亮平と賀来賢人で医療もの、日曜劇場、パーフェクトじゃん!楽しみがまた一つ増えた。

鈴木亮平、本当は1クール空けての予定だったのかな?とも思うけど、結果的に2クール連投は凄い。おめでとう。
ところで、月9と日曜劇場、緊急救命だけど、大丈夫そ?

今回は「【TOKYO(東京)MER】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!」と題してお伝えしました~♬

今回のドラマに登場する、最新鋭の「ERカー」にも注目が集まりそうですよね。

ERとは何ぞや?と思い調べてみますと、(英語: Emergency Room)の略で、直訳すると救急救命室で、一般的には北アメリカ型の救急医療のことなのだそうで、迫力ある画像が期待出来そうです。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキの熱いストーリーになりそう~。

2021年7月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

error: Content is protected !!