東京MER

TOKYO(東京)MER最終回ラスト結末ネタバレ予想!喜多見の過去がトラウマに

「TOKYO(東京)MER」日曜劇場

2021年7月スタート 毎週日曜夜21:00~ TBSテレビ

重大事故や災害、事件の現場にいち早く駆けつける救命救急チームたちを描くヒューマンドラマがスタートします。

主演を務めるのは鈴木亮平さんで、鈴木亮平さんは3度目の日曜劇場で念願の初主演となります。

今回はドラマ【TOKYO(東京)MER】の最終回ラスト結末をネタバレ予想してみました!

 


【TOKYO(東京)MER】ドラマ最終回結末ネタバレ予想


それでは、「TOKYO(東京)MER」のドラマの最終回結末を予想してみたいと思います。

鈴木亮平さんが演じる主人公の喜多見は「TOKYO MER」のリーダーで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医というスゴ腕エリート級の人物。

「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念で、どんなに危険な現場でも瀕死の患者の元に飛び込んでいく。その壮絶な覚悟と救命への執念の裏には何があるのか…徐々に明かされていく喜多見の過去も見どころのひとつだ・・・という内容が公式サイトに描かれています。

喜多見は過去に両親を何らかの大事故によって遭難してしまい、本来なら救えたはずなのにそれが叶わなかったために現在の地位にたどり着いたということが、ストーリーが進むにつれて徐々に明らかになるのです。

そしてその両親が救い出されなかった理由は、喜多見の父が実は政治家の秘書で、派閥争いに巻き込まれて自ら命を投げ出さずを得なかった、という最終回ラストになると予想しています。

 

TOKYO(東京)MER【ドラマ】あらすじ原作について


ドラマ「TOKYO(東京)MER」は

「TOKYO(東京)MER」のドラマは、小説や漫画が原作となっておらず、TBSのオリジナルストーリーとなります。

ドラマの脚本を手掛けるのは、脚本家の黒岩 勉(くろいわ つとむ)さんです。

黒岩 勉(くろいわ つとむ)さんといえばここ最近のTBSでは「グランメゾン東京(木村拓哉さん主演)」「危険なビーナス(妻夫木聡さん、吉高由里子さん主演)」「アンサングシンデレラ(石原さとみさん主演)」と言ったドラマを主に手掛けてきています。

<脚本家・黒岩勉さんのコメント>

コロナ禍におきまして、人間の一番キレイな部分といいますか、心を動かされる瞬間というのは、自己犠牲を払って他の誰かを助ける姿なのだなと改めて思いました。
こんな時代だからこそ、誰かのために必死に戦うヒーローが見たい。
最強のナイスガイ・鈴木亮平さんとその仲間たちがきっと叶えてくれます。
とても真剣な医療モノなのですが、とことん痛快な「アクションエンターテインメント」を目指して書かせていただいています。

医療従事者だけではなく、その周りでサポートする人々も含め、危機的・絶望的な状況の中でも、冷静に、的確に、前向きに、ただひたすら命を助けようと奮闘する人たちのお話です。

これを見ると、自分の周りにいる人たちに感謝したくなる。ささくれ立っていた気持ちがちょっとだけ優しくなる。そんなテレビ番組になれれば最高に幸せです。

どんなドラマになるのかあらすじを見ていきたいと思います。

TBSでは7月期の日曜劇場枠で『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を放送する。
新型コロナウイルス感染症の蔓延に際し、この未知なるウイルスから重篤患者を救おうと、命の危険を冒しても敢然と立ち向った医療従事者の姿は、多くの人々の心を打ち、胸を熱くさせた。本作の主人公・喜多見幸太(きたみ・こうた)も、大事故や事件に巻き込まれ命の危機に瀕する重篤患者を救うため、自らの命の危険を顧みず危険な現場に飛び込んでいく勇猛果敢な救命救急医である。

物語の舞台となるのは、都知事の命で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、彼らの使命は最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すこと。“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。

 

 

ドラマ【TOKYO(東京)MER】の決定にSNS上の反応は?

「TOKYO(東京)MER」のドラマが放送されるにあたって、こんな声があがっています!


今回は「【TOKYO(東京)MER】ドラマ最終回結末ネタバレ予想!」と題してお伝えしました~♬

今回のドラマに登場する、最新鋭の「ERカー」にも注目が集まりそうですよね。

ERとは何ぞや?と思い調べてみますと、(英語: Emergency Room)の略で、直訳すると救急救命室で、一般的には北アメリカ型の救急医療のことなのだそうで、迫力ある画像が期待出来そうです。

最終回まで目が離せないハラハラドキドキの熱いストーリーになりそう~。

2021年7月からのドラマが、今から楽しみです\(^▽^)/

 

error: Content is protected !!