Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
気になってしまう有名人

三宅健の髪型はダサいと言われる理由の内容がヤバすぎる?!歴代の彼女にしたあるお願いとは?!

男性アイドルグループV6のメンバーとして活躍中の三宅健さん。

メンバーの中でもとりわけオシャレで、もうすぐ40歳になるとは思えぬ永遠の若さと美貌を維持しています。

そんな三宅健さんの気になる噂を調べてみました。

Sponsored Link

三宅健の髪型はダサい?!

三宅健さんといえばそのカッコイイ髪型が印象に残りますが、「おしゃれ過ぎる」のに何故か「髪型がダサい。」と言われています。

 

これは三宅さんが髪型を頻繁に変えることがあり、そのヘアスタイルがかなり個性的な髪色やデザインなので、この様に言われるのではないかと思われます。

 

過去の髪型を調べてみると、髪を紫色に染めていた時期があります。

これは三宅さんがドラゴンボールのトランクスになりたくてやってみたそうです。

 

 

この時期に行われたV6のコンサート中のトークで、三宅さんは、2回髪を金髪にした後に紫色にチェンジするまでに6時間かかったことを告白し、メンバー全員から「頭皮を大事にしろ!」とツッコまれています。

 

紫の髪は短期間だったため、ファンの間でも生で三宅さんの当時の髪型を見れたのは一部の方々だけだったようです。コンサートに行けた人は見れて良かったですね。

 

マッシュルームカットにウェーブをかけて金髪に染めた時期もありました。

 

これは35歳の時ですが、賛否両論になり「金髪はまだ許せるけどパーマはやめてほしい。」とファンの間のみならず、ネット上でも話題になりました。

 

それだけ三宅健さんの髪型はオシャレで、普段から注目されているということなのでしょう。

 

 

実際三宅健さんの髪型を真似したい男性は多いらしく、美容院で「三宅さんみたいにしてほしい。」との注文がよくあるそうです。

 

特徴ある前髪を活かしたヘアスタイルはおしゃれな感じに仕上がり、女性ウケも良くなる!?ので人気があるのでしょう。

 

最近では、2018年12月12日に放送された、フジテレビ系「FNS歌謡祭」にV6のメンバーとして登場した時の金髪ヘアも話題になっていました。

 

ネット上では「1人だけ10代」との声もありました。

本当に若すぎですね~。

「奇跡のアイドル」と言われるのがよくわかります^^

あるお願いとは?!

デビューして20年以上になりますが、三宅健さんにはこれまで熱愛報道が度々ありました。

ただどれも決定的な報道はありません。

 

三宅さんは女友達がたくさんいるそうで、2ショットで出かけることもよくあるそうです。

そのためどうしても写真誌に取り上げられてしまうんだそうです。

 

過去には、歌手の安室奈美恵さんとの熱愛報道がありました。

 

この時は安室さんのマンションを出入りした写真を撮られたり、おそろいの服を着たりとかなり可能性が高いと言われていました。

 

三宅さんが安室さんの元々ファンだったこともあって注目されましたが、実はこの時安室さんはまだ離婚する前でした。

 

お互いが交際を否定しましたし、その後、ほどなくして破局報道も出たので、本当は付き合ってなかったのでは?と言われています。

 

V6のメンバーや周囲の人からは「子供がそのまま大人になった純粋な人」と三宅健さんについて答えています。

同時に、常に周りの事を気遣う優しい人だそうです。

 

それ故に熱愛報道が出てしまうと自分以外の人に迷惑がかかってしまうのを避けるために、たとえ本当に付き合っていても別れることを、歴代の彼女にお願いしてきたのかもしれません。

 

年齢的にはもういつ結婚してもおかしくないですし、実際V6のメンバー内でも既婚者が出てきているので順番的な事を考えても近いうちに電撃結婚の報道があるかもしれません。

2017年12月には岡田准一さんが、女優の宮崎あおいさんと結婚したので、V6のメンバーで既婚者は、三宅健さんと坂本昌行さんの2人ですね。

 

もし、結婚となったらかなりの話題になるでしょうね~。

これだけ気遣いが出来る三宅さんだったら、子供が産まれても素敵なイクメンパパになってるでしょう。

三宅さんは手話も習得

三宅健さんは、手話がとても上手です。

 

2014年4月 からは、「NHKみんなの手話」でナビゲーターをつとめています。

 

三宅さんが手話を始めたキッカケは、2005年にさかのぼります。

 

V6結成10周年の握手会が行われた際に、聴覚障害を持つ女性ファンがいました。

ですが、手話で女性から話しかけられた際に、何も答えられなかったそうです。

 

その経験から手話を習い始めています。

自分で手話講習会に申込んで、3年間、週1回2時間の講習一般の人達と一緒に学びながら、通い続けたそうです。

 

仕事が多忙で、一時は挫折して、手話から離れていた時期もあったそうですが、今では手話技能検定試験3級を取得されるほどに習得されています。

 

2016年には、NHKのEテレ「みんなで応援!リオパラリンピック」のメーンパーソナリティを務めました。

この時も、選手の活躍や、熱闘を伝えた三宅の手話に「三宅くんすごい」、「手話がとてもきれい」など称賛の声が相次いでいたそうです。

 

 

三宅さんは、この時のことについて、インタビューで答えています。

「以前からいろいろと提案はしてきましたが、たとえばV6の20周年DVDに日本語の字幕をつけたいと提案するなど、僕は手話を学んだことで世界が広がりました。

今回もこうしてパーソナリティとして関わらせていただかなければ、パラリンピックの楽しさにも気付けなかったかもしれません。

番組の最後でも言っていたことなのですが、僕は障害のあるなしで境界線が引かれることのない社会を作っていきたい。

そしてそこに一人の人間として、これからも何らかの形で貢献していければと思っています――」

 

芸能活動だけでも忙しいのに、時間の合間をみつけて勉強を欠かさなかった三宅さん、かなりの努力家なんですね。

Sponsored Link

まとめ

「奇跡のおじさんイケメンアイドル」と言われる、三宅健さんの今後の活躍に、素敵なヘアスタイルと共に期待したいと思います。

Sponsored Link